RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
213位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
44位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: グループR&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

The Braxtons「So Many Ways」
brax-smw.jpg

Braxton家で構成されたThe Braxtonsのデビューアルバム『So Many Ways』を御紹介。Braxtonで思い浮かぶのは、そう、あのToni Braxtonで御座います(簡単)。そのToni Braxtonの妹達で結成されたのがこのThe Braxtons、上からTrina、Towanda、Tamarの三人で御座います。顔もやっぱり皆が似てますよねぇ、これは歌声も期待して良いだろうと確信しております。
それでは内容に軽く触れますと……流石はあのToni Braxtonの妹だけあって、製作陣はまったくもって抜かりなしで御座います(期待)。幕開けを飾る「So Many Ways」はJermaine Dupri製作曲、ひんやりクールでちょっぴりダークなピアノ鍵盤鳴るトラックがミステリアスで、Braxton流な気がします。Hip Hop寄りで良いですね、Biggieなんかがラップしたら面白かったかも。続く「Slow Flow」は今も現役最前線のC. "Tricy" StewartとSean "Sep" Hallのコンビ製作。今のThe-Dreamとのタッグも良いけれど、この頃のSean "Sep" Hallとのタッグも素晴らしかったですよね。ゆったりグルーヴィーなトラックは、最近じゃ聴かない空気感のR&Bで懐かしくて新鮮。Allen "Allstar" Gordon製作のキラキラ素敵な「Only Love」は美し過ぎるキッパリ恋に決別バラード、本当に綺麗で加えてどこか明るく希望に満ち溢れたメロディが僕の好みだし、三人の完璧なまでのハーモニーにウットリ(惚)。これまた90年代黄金期を支えたDaryl Simmons製作の「I'd Still Say Yes」も素晴らしく正当派で美しい、聴いていて思わず溜息漏れる美曲で、やっぱり三人の繊細で優しいハーモニーに心地良く包まれます。再びC. "Tricy" StewartとSean "Sep" Hallのタッグが製作の「L.A.D.I.」、清涼でさっぱりしたトラックで朝の目覚めにピッタリな一曲。「Take Home To Mamma」は再びJermaine Dupri製作曲、Jermaine Dupriもこういうマッタリしながらも黒いソウルが見え隠れするトラック作るのが巧いです。「Where's The Good In Goodbye」は涙に濡れる悲しい失恋曲、“私と別れてよかったと思っていることはなに?♪”と一人よがりに尋ねる詞があまりに悲しい(涙溢)、やっぱり失恋は辛いものですよねぇ。「What Does It Take」はAllen "Allstar" Gordonが再び製作を担当、これも奥行きのある甘いバラードで気持ちはじっとり何処かへ沈んでゆきます、Allen "Allstar" Gordonもやはり素晴らしいProducerですよねぇ。「In A Special Way」はJohn Howcott、Emanuel Officer、Donald Parksが製作を担当。彼らは最後の「Never Say Goodbye」も製作、この曲がピアノ伴奏に彼女達の歌声が高らかに熱っぽく乗っかる、シンプルだけど素敵な曲で、彼女達の歌声を充分に堪能できます。国内盤にはこれらに加えて、Masters At Work製作でDiana Rossのカバー「The Boss」と、「24/7」の二曲が収録されています。

この頃のR&Bが好きな方なら、絶対に気に入る事間違いなしの一枚で御座います。ただToni Braxtonが好きで彼女をイメージして……となると無理があります、Toni Braxtonみたいな低音ヴォイスではありませんので。しっかしこの頃のProducerは素晴らしい才能ばかり、こういうR&Bもたまには聴き返さないといけませんね。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment