RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
264位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
54位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: グループR&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Boyz II Men「Nathan Michael Shawn Wanya」
nmsw-b2m.jpg

僕も大好きな男性ボーカルグループBoyz II Menの通算四作目となる『Nathan Michael Shawn Wanya』を御紹介。本作ではメンバー全員の名前を冠したタイトルという事で、四人の気合の入れ様が伺えますね。現在はMichael McCaryが健康上の理由でグループから一時脱退、早くまた四人で活動を再開して欲しいですねぇ(期待)。このマイクスタンド四本のみを写したジャケットワーク、格好良くて僕は結構好きです。
それでは気になる内容をちょっと御紹介しましょう……まずは当時飛ぶ鳥落とす勢いだったKevin "She'kspere" Briggsが製作を担当(ソングライティングには当時交際していた元XscapeのKandiが参加)した「Beautiful Women」で幕開け、スパニッシュでスパイシーなギタートラックは切なくも妖艶で、流石はShe'kspereと唸らされる仕上がり。Kevin "She'kspere" Briggs×Kandiの鉄板タッグは「Good Guy」も製作を担当、ここでは小気味よく小刻みに鳴る電子音が疾走感たっぷりのトラックで、これも当時脂の乗っていたShe'kspereらしい作風で素晴らしい出来栄え、またこういう楽曲を作りにShe'kspereがカムバックする事を願っています。「Step On Up」はBoyz II Menによる製作曲、キラキラしたトラックにクラップ音が弾けて眩しい一曲で、彼らのトラックメイク能力の高さを痛感する一曲。本作では他にもBoyz II Menによる製作曲が多く、Brown Bag Productionsとの共同制作であるクラブRemixっぽいBoyz II Menぽくない飛び道具曲「Bounce, Shake, Move, Swing」、ぽわわんな夢見心地メロディに“君を悲しませるような人と一緒にいることはないんだよ♪”と歌う美曲「Pass You By」、Jamar JonesとDurell Bottomsとの共同制作で恋人に“夢の中に会いに来て♪”とファルセットが甘~く歌い上げるバラード「Dreams」(涙)、Take 6のMervyn Warrenとの共同制作で彼らの完璧なアカペラと指スナップだけでじっくり聴かせる熱い真骨頂の一曲「I Do」、“絶対に行かないで、僕を離れていかないで♪”と懇願する女性優位の渾身のラヴソング「Never Go Away」(溜息)、愛が溢れているちょっぴりスペーシーなリフレインフックが素晴らしい「Lovely」、ゆったりギターサウンドで絶対にBabyface製作だと思ったけれど、Boyz II MenとKwan Paulの共同制作だった優しさに包まれる一曲「Do You Remember」と、自分達の魅力を充分知っているからこそ作れるナイスな曲ばかりで、彼らの音楽能力の高さを実感できる一枚で御座います。他にはShep CrawfordとJazz Nixonが共同で製作したラテン風味の「What The Deal」、Shep CrawfordとBoyz II Menの共同制作のピアノ旋律と幾重にもなったコーラスが美しい「I Finally Know」とShep Crawfordが大活躍。でも中でも一番好きなのが、本作からのシングル曲でもあったShep Crawford製作の「Thank You In Advance」、初めて出逢った女性に将来を感じるというちょっぴり危険(笑?)な内容も好きだし、途中のShawn Stockmanのハイトーンヴォイスがたまらなく好きで、何度も歌った記憶があります(迷惑)。これらの他にも国内盤には、失恋を歌ったあまりに切ないキラキラバラード「I Miss You」、もうBoyz II Menの十八番テーマであるプロポーズ曲ながらもなぜかバウンシーな「Marry Me」、オールディーズなドゥーワップ曲調が懐かしくも愛らしい「Darlin」の三曲が収録されています。

曲数も全17曲と多いですし、購入して損はありませんね。ただこれぞといった超強力曲がなかったのがちょっと残念、やはりそういう意味ではJam & LewisやBabyfaceに一曲か二曲は提供してもらった方が良かったのかなと思います(我侭)。でもやっぱりBoyz II Menのコーラスワークは素晴らしいですね、聴いていてウットリしちゃいます、早く新作を出してくれないかなぁ(期待)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment