RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Babyface「Playlist」
babyface-play.jpg

素晴らしい才能の持ち主であるシンガーソングライターBabyfaceの初カバーアルバム『Playlist』を御紹介。Babyfaceが僕は好きです、あの鼻にかかった甘ったるい歌声にいつも癒されます。そんなBabyfaceが本作では自身の大好きな曲をカバーしちゃっています、安かったのに負けて輸入盤を購入したんで詞が分からないのが痛い(貧乏)。
それでは内容に簡単に触れたいと思います…まずはJames Taylorのカバー「Shower The People」で幕開け、ギター爪弾く音にまず胸がキュン、そのまま流れる青空系の爽やかなメロディ&歌声にすでにウットリ。続いてもJames Taylorのカバーで「Fire And Rain」、これはどちらかというとフォークっぽいタッチで、これもまたBabyfaceのギターテクニックが光るさっぱりした一曲。「Time In A Bottle」はJim Croceのカバー、悲しげに鳴るギター弦にBabyfaceの寂しげな歌声が凛と聴こえるトラックに、思わず涙が零れそうになりますが、途中でちょっと明るくなったりもして、本当に詞の意味が気になります。「Wonderful Tonight」はそのカラリとしたギターメロディからして、ド素人の僕でもすぐにEric Claptonのカバーだと分かりました。 Eric Clapton×Babyfaceの相性の良さはもう十分過ぎるほど分かっているので、聴いててすんなり心に染み入りました。「Knockin' On Heaven's Door」は異色で、あのBob Dylanの名曲をカバー。この曲は原曲も知っていますが、Babyfaceが歌うとこうも優しく甘い仕上がりになるんですね、完全にBabyface色に染まっています。「Longer」はDan Fogelbergのカバー、優美で柔らかな日差しのような温もりいっぱいの一曲で、聴いていて少し眠たく夢見心地になってしまいます、これはBabyface節炸裂ですね(安心)。Dave Logginsのカバー「Please Come To Boston」もフォーキーな仕上がり、畑違いな気もしますがでも聴いてて違和感はなく、Babyfaceにはこういうエッセンスも自身の音楽ルーツに汲まれているのだなと感じました。しかもこの曲、フックではあのBrandyが艶やかで鮮やかな歌声を乗せているんで、その相乗効果もあってより高みに連れてゆかれます(昇天)。最後を締め括る「Diary」はDavid Gatesのカバー、これもギター一本ですんなり聴かせる温かな一曲で、ゆっくりリズムを取って心穏やかになります。これらカバーに加えて実は新曲が二曲も収録されているんです、初期のBabyfaceを彷彿とさせるスローチューン「Not Going Nowhere」、ハーモニカ吹きながらブルージーに聴かせる「The Soldier Song」がその二曲で、どちらもアコースティックな仕上がりとなっております。

聴いていて心が洗われる素敵な一枚でした、木漏れ日の下で寝転がっている様な、イイ匂いと心地良さがそこにはありました。国内盤にはこれらに加えて新曲がもう二曲収録されているそうで、絶対に国内盤を購入する事をお薦めします(後悔)。この先僕もお金の余裕があったら、国内盤に買い直すかもしれません(無駄使)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment