RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
246位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
50位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: グループHip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

DJ Jazzy Jeff & The Fresh Prince「Code Red」
jjfp-coedred.jpg

天才DJであるJazzy Jeffと今や大物俳優のWill Smithで結成されたDJ Jazzy Jeff & The Fresh Princeの通算五作目となる『Code Red』を御紹介。Will Smithが好きで、高校生の頃に彼のアルバムを結構ガンガン聴いていた僕としては、このDJ Jazzy Jeff & The Fresh Princeも外せないHip Hopグループで御座います(重要)。勿論DJ Jazzy Jeffの神スクラッチも大好き、これぞ王道Hip Hopなノリで今聴いても楽しくなります。
そんなクラシックな本作はどうなっているかと言いますと……本作の重要曲はやっぱりまず「Boom! Shake the Room」、ヒットシングル曲で皆が一度は聴いた事のある曲ではないでしょうか。Mr.LeeとDJ Jazzy Jeffが製作でOhio Players「Funky Worm」をサンプリングした完璧なパーティーチューン、最近ではない王道な弾けっぷりに僕は今聴いても熱狂、Will Smithの二枚目の低音声がたまりません(痺)。これ聴いて盛り上がらない人は、Hip Hopを愛していません(断言)。あとは順々に御紹介しましょう、幕開けを飾る「Somethin' Like Dis」はなんとあのPete Rock製作、Lowell Fulsom「No Hard Feelings」使いのトラックはホーンも聴かせながらのまったりチューン、Will Smithのラップに合わせてキュイキュイ鳴るJazzy Jeffのスクラッチが素晴らしい。「I'm Looking For The One(To Be With Me)」はモロにTeddy Riley製作の近未来的スムージーチューン、Teddy Riley御得意のトークボックス駆使で一気に夢の世界へゴー、こういう軽くR&BチックなトラックがWill Smithは巧い。「Can't Wait To Be With You」はWill Smith製作で、Luther Vandrossの名曲「Never Too Much」をベッタリサンプリング。まんまではあるけれどそれでも綺麗に仕上がってる、途中で挟まる歌声も渋くて(Luther Vandrossのボーカル使い?)て良い。A Touch Of Jazz一派のJeff Townes製作の「Twinkle Twinkle (I'm Not A Star)」はそのタイトルからして決まり文句だからキャッチー、そのうえあのだらけて歌うフックなんかはまるでSlick Rickっぽくて良い。「Code Red」は再びPete Rockが製作を担当、颯爽と駆け抜けながらも破壊力を増すトラックは流石、Will SmithもIce Cube顔負けのゴツいラップで対応。シックな出来の「Shadow Dreams」とRoy Ayers「Mystic Voyage」使いの美旋律チューン「Just Kickin' It」は、HulaとK.Fingersの共同制作。Xavier Hargrove製作の「Ain't No Place Like Home」はBlue Mitchell「Melody For Thelmo」とSlick Rick & Doug E. Fresh「La-Di-Da-Di」をサンプリング、ゆったり伸びやかリラックスし切った清涼トラックが素敵。「I Wanna Rock」はもう超カッコイイDJ Jazzy Jeffのスクラッチショー(失神寸前)、LL Cool J「I Can't Live Without My Radio」やDJ EZ Rock「It Takes Two」やLyn Collins「Think(About It)」なんかを次々と回す鬼の様に暴れる一曲。少しラテン風味の効いた「Scream」はあのDallas Austinが製作を担当、グルーヴィーなチューンは流石、懐かしいノリの煽りも堪能して下さい。最後にはおまけに「Boom! Shake The Room(Street Remix)」を収録、ここでは新たにLL Cool J「Mama Said Knock You Out」やEddie Harris「Superfluous」なんかをサンプリング、これまたJazzyな感じが一味違う渋~い味わいで乙で御座いますよ。

こうやって見返すと結構、凄腕のProducerが参加していて驚きますね。Will Smith好きな方は絶対に聴き逃してはなりません、彼のラップ技術は素晴らしいですよ。この頃の空気感ってのはこの頃の作品を聴かないと味わえないから、やっぱりこういうのをCD棚からたまには引っ張り出します。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment