RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
310位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
59位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Ja Rule「The Last Temptation」
jarule.jpg

独特の濁声フロウで一躍人気者になったJa Ruleの通算四作目となる『The Last Temptation』を御紹介。Irv Gottiの黒い仕事のせいか、50 CentとのBeefに負けた(?)せいか分かりませんが、最近本当に見なくなったJa Rule、僕は個人的には好きなMCなんで、また昔の様に活躍してほしいんですけどねぇ(願望)。Ja Rule好きな人って結構多いんじゃないかな、特に僕ぐらいの年頃の人は。
それでは気になる内容について触れましょう……まずはあのBobby Brownをゲストに招いたR&Bテイストの「Thug Lovin」で派手に幕開け、Chink SantanaとIrv Gotti製作の聴き易いトラックは工夫こそないものの(辛口)、Ja Ruleの濁声とBobby Brownの熱~い歌声で一気に加熱されます。レーベルメイトで切って離せない姫君Ashantiをfeat.した「Mesmerize」はもう鉄板な仕上がり、製作はChink SantanaとIrv Gottiが担当。Ja Ruleが歌う伸びたフックも面白くて嵌っているし、Ashantiの艶やかで可愛い歌声が素晴らしい対比を成していて、聴いててなぜか安心します。Ja Rule×Ashantiは素敵な化学反応式で、これからもこのコラボは聴きたいんですが。ガチガチの電子音にバウンスが衝突かりハジける「Pop Niggas」はThe Neptunes製作、The Neptunesにしては奇抜さに欠けますが、まぁJa Ruleの歯切れの良いラップで構わず突進する辺りはグッドです。「The Pledge(Remix)」は本作の要注目曲である事は間違いなし、7 AureliusとIrv Gottiの共同制作で2Pac「So Many Tears」をサンプリング、そこにNasとAshantiを配置するという徹底ぶり。2Pac好きからすれば気に入らない一曲かもしれませんが、それでもトラックは聴けば涙を誘うし、NasのシックなラップとAshantiの吐息混じりの歌声も綺麗で涙誘います。引き続き7 AureliusとIrv Gotti製作の「Murder Reigns」なんかはネタ使いが巧くて、ちょっと懐かしい感じの電子チューンにゆっくり引き込まれます。「The Warning」なんかは悪くはないんだけど、なんだか物足らない、Murder Inc.面子だけで音を作ると、いつもこう物足らない気分になります。最後を飾る「Rock Star」も中途半端、どうせなら完全にRockテイストのトラックにした方が面白かった、Ja Ruleの歌う様なフロウもガッチリ嵌ったろうに(残念)。個人的にJa Rule作品で嫌いなのがレーベルメイトを引き連れた楽曲、本作ではCharli Baltimoreを招いて「Murder Reigns」、Caddillac TahとAlexiを招いたRaphael Saadiq「Anniversary」使いのメロウチューン「Murder Me」、EastwoodとCrooked Iを招いた跳ねた電子音トラックが西海岸っぽいノリの「Connected」等々。ちょっと多いかなといつも思います、悪くはないんですがねぇ。

嫌いじゃないんですが、なんだか物足らないんです、これはAshantiの作品と一緒。これはもう単純にMurder Inc.の製作陣に問題があると思います、というかIrv Gottiに問題有りですね(責任追求)。AshantiもMurder Inc.製作陣を離れて素晴らしい作品『The Declaration』をドロップしていますんで、Ja Ruleにもそれをお薦めします。というか早くシーンに復帰して暴れて欲しい、今なら50 Centとの和解も有り得るのではないでしょうか、いやないか(笑)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment