RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
213位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
44位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Jennifer Lopez「Brave」
jlo-brave.jpg

ハリウッド女優としても活躍する美女Jennifer Lopezの通算六作目となる『Brave』を御紹介。本当に綺麗でダイナマイトなボディが素敵ですよねぇ(溜息)、あのボリュームたっぷりのお尻、僕は嫌いじゃありませんよ。Jennifer Lopez(以降はJ.Loと表記)はそんな歌が上手いって訳ではなけれど、綺麗だし、製作陣はいつも豪華だから購入しました。ジャケットも鮮やかで格好良いですよね、やはりジャケットは大事です。
それでは気になる内容を御紹介致しましょうか……まずは幕開けを飾る「Stay Together」はJonathan "J.R." Rotemが製作を担当、近未来的なサウンドながらも芯にあるのは懐かしいソウル曲っぽいメロディがなんか好き、J.Loのライトな歌声もばっちりフィット。低音での人声“あ~~~お♪”と、揺らめくアジアンテイストなトラックがTimbalandっぽい「Forever」は、J.Lo作品では御馴染みのCory Rooneyが製作を担当。Cory Rooneyは腕利きですよね、妖艶なトラックはJ.Loにピッタリで、フックでの“ふぉろみ♪ふぉろみ♪ふぉろみ♪ふぉろみ♪”の繰り返しが好きです。続くTavares「It Only Takes a Minute」をサンプリングした疾走感溢れる「Hold It Don't Drop It」、これまた僕は個人的に好きなMidi Mafia(Dirty SwiftとBruce Waynneによるコンビ)が製作を担当。王道なトラック展開が良い塩梅に派手で、J.Loの華々しさを際立たせています。要注目のProducerであるRyan "Alias" Tedderが製作の「Do It Well」も、Eddie Kendricks「Keep on Truckin」を下敷きにしたドカドカと派手に邁進する熱~い一曲で、そのキャッチーさがまた憎い一曲で流石で御座います(誉)。The Platinum Brothers製作の「Gotta Be There」なんかもうズル過ぎ、Michael Jacksonの歌声もそのままに「I Wanna Be Where You Are」をベッタリとサンプリングしていますから(最高)。しかしメロディラインもどこか懐かしく耳に馴染み易いもので、そんな特質のないJ.LOの歌声が逆に際立つ(ピタと寄り添う)ナイスな出来栄えで御座います、しっかしMichael Jacksonのボーカルの使い方が巧いなぁ~(感心)。Peter Wade KeuschとMichelle Lynn Bellが共同制作した、バイオリンの弦音がオシャレな「Never Gonna Give Up」は、途中で大きく転調するので一粒で二度美味しい的な一曲。「Mile In These Shoes」はWarren "Oak" Felderが製作を担当、電光線が交錯する不思議なダークナイト系統のトラックは流石はOakな仕上がり、Beyonce「Sweet Dreams」をちょっと彷彿とさせます。再びPeter Wade KeuschとMichelle Lynn Bellが共同制作の「The Way It Is」は、Great Pride「She's a Lady」をサンプリング。Peter Wade KeuschとMichelle Lynn Bellは続く「Be Mine」も製作、民族音楽っぽい打楽器の鳴りにJ.Loの妖艶な歌声が絡むセクシーな一曲でグッド。Big DとThe Clutch(Keri Hilsonが所属する製作チーム、本曲でKeri Hilsonはソングライティングにも参加)が製作した「Wrong When You're Gone」はただただ美しいピアノ旋律曲、去ってしまった恋人への後悔を歌った曲で、切ないメロディがより強く胸をギュッと締め付ける素晴らしい一曲。そして最後を飾る「Brave」もBloodshy & AvantとThe Clutchが製作を共同で担当、これもピアノ鍵盤の音にどこか力強さを込められたドラマチックな一曲。これらに加えて国内盤にはボーナストラックとして、あのLudacrisを援護射撃に迎えた別版「Do It Well」を収録、トラックそのままなんですがLudacrisのスペイン語での木っ端ドカンなラップがスパイシー過ぎてカッコ良過ぎ(失神寸前)、この曲の為に国内盤を購入する事をお薦めします。

相変わらずの製作陣の豪華さで、やはりトラックの質は抜きん出ています(貫禄)。J.Loも歌が下手という訳ではないので、聴いていて違和感はないし、普通にガンガンノれる一枚に仕上がっていると思います。R&B好きな方なら購入しても損はしない一枚、J.Loにはこれからもシンガー活動を続けて頂きたいです。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment