RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
213位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
44位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

2Pac「Resurrection」
resure-2pac

亡き後も絶大な支持を誇るカリスマMC、2Pacの伝記映画の同名サントラ盤『Resurrection』を御紹介。2Pacに関しては本当に死後もリリースが絶えないですよねぇ、どれだけ音源残っているんでしょうか(疑問)。Hip Hop界の二大巨頭はやはり2PacとBiggieでしょうね、ここ日本では2Pacの方が人気ある気がします、ちなみに僕は完全にBiggie派で御座いますが。この映画は観ていないんですが、やはり2Pacのボーカルは格好良いんで購入しました。
それでは本作に気になる内容なんですが……本作は焼き直し曲(既出曲)が殆どなのかな、ちょっと分かりませんが。まずはそれこそ2Pacを描いた様なタイトルの「Ghost」、製作は2Pacを敬愛してやまないEminemが担当しています(驚)。2Pacのぶっとい声にちょっぴりホラーチックに鳴る音と銃声が、なんとも悪童Eminemらしい一曲。そのEminemが製作し、おまけにゲスト参加までしている「One Day At A Time」は2Pac率いるThe Outlawzが出現。2Pacは勿論カッコ良くて存在感も抜群なんですが、やはりどうしてもトラックがEminem仕様なのでEminemに喰われています、これは仕方ないですね。しっかしEminemはトラックメイク能力が高過ぎます、一聴してすぐにそれと分かるダークでドロっとしたビート、悪童っぽさが光っています。「Death Around The Corner」はJohny "J" Jacksonによる製作曲、ちょっぴりR&Bテイストの流麗なトラックに2Pacのするりと流れる様なフロウが素敵なオシャレ曲。引き続きJohny "J" Jacksonが製作の「Secretz Of War」もメロディ趣味の強い一曲で好きです、ピポピポと鳴る電子音に少しく体が浮いてしまうライトな仕上がりがグッド。そして本作で最も注目の一曲で、僕もこれ目当てだった「Runnin'(Dying To Live)」。何故ならばあのThe Notorious B.I.G.との擬似共演曲なんですよ、製作は再びEminemが担当しています。曲の冒頭&フックではEminemには珍しい早回し声が炸裂して驚きますが、トラック軸はやはりEminem趣味のゴテゴテダーク曲で、こうやって聴くとBiggieと2Pacの声ってちょっと似ているなと感じたり。「Holler If Ya' Hear Me」なんかは完全にあの頃のサンプリング回帰なドカドカトラックで懐かしくて涙が出そう(感動)、といってもどちらかといえば東海岸なノリなんで2Pacが乗るとちょっと新しくも感じます(新鮮)。Phil Collins「In The Air Tonight」をべったり使った「Starin' Through My Rear View」なんか僕はかなり好きだなぁ、こういう哀愁メロディたっぷりのトラックの方が、2Pacの深みのある声には似合っていると僕は思います。そんな僕の好みに応えてくれる「Bury Me A G」は、The Isley Brothers「For The Love Of You」を早回しサンプリング、これまたちょっぴりRonald Isleyの歌声が混じっているのが良い、夜のドライブに掛けたら絶対にハイになります。「Same Song」なんかはちょっぴりディスコチックなトラックが、良い具合にチープで癖になります。ギュイギュイとスクラッチで斬り込みながら跳ねる「Panther Power」なんかは完全に王権復古なクラシック色、Hip Hopの純粋なカッコ良さってこういうトラックにこそあると思う、最近では絶対に聴かない一曲。「Str8 Ballin'」はこれまた玄人のEasy Mo Beeの製作という事で涙、Bootsy Collins「What's A Telephone」を下敷きにしたちょっと間の抜けた可愛い一曲は中毒性高し。最後を締め括る「The Realist Killaz」は現代のギャングスタMC代表の50 Centが参戦、製作は僕は個人的に大好きなRed Spydaが担当。Red Spyda手製のこのピリピリした緊迫感ある弾けるトラックも素晴らしいですが、歯切れよく唾飛ばしながらラップする2Pacとちょっとぼけた50 Centのラップが相性抜群、この一曲は完成度高いです。

まぁ必携という訳ではないですが、それでも2Pac好きなら外せない一枚に仕上がっています。もうちょっとEminemと絡ませても良かったかなぁという気もしますし、Biggieとの共演曲は今一歩でした(残念)。こういう後発盤では仕方ないですよねぇ、聴いて損は無いので、Biggieとの共演が聴きたい方はいかがでしょうか。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment