RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
264位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
54位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Keri Hilson「In A Perfect World...」
keri-perf

これまで様々なアーティストへのソングライティング提供&ゲスト参加を経て、遂にシンガーデビューを果たした才女Keri Hilsonの『In A Perfect World...』を御紹介。いやぁ~。心待ちにしていたって方、かなり多いんじゃないでしょうか、僕もその内の一人で御座います。とにかくこのKeri Hilsonの容姿がまず好きなんですよ(美貌)、セクシーでクールでカッコイイ、まるでモデルみたいな才色兼備シンガーソングライターですよね(絶賛)。そんな期待大のKeri Hilsonなので、やはり国内盤を期待して待っていたんですが、これもなかなか発売されず、結局は輸入盤を購入してしまいました。
それでは気になる内容を御紹介致しますと……まずは不気味なビートに掛け声が絡む怪しいロボットトラック「Turnin' Me On」で幕開け、製作は敏腕Polow Da Don(Danjaも関与)が担当。ある意味で単調で無感情なKeri Hilsonの歌声に、チロチロと舌を出すLil Wayneの爬虫類×ロボットなラップがやはり中毒性高い、このビートではLil Wayne以外には援護射撃考えられない。続いてはPolow Da DonとDanjaが共同制作した「Get Your Money Up」、これはどちらかというとDanjaっぽいシンセ飛び交うナイスビート。Keri Hilsonの無機質な歌声も良いけれど、客演参加のKeyshia Coleのちょっぴり感情的な歌声も素敵、Trinaも相変わらずのBぶりでカッコイイです(姉御)。「Return The Favor」ではTimbalandが製作&ゲスト参加、ちょっぴり軽めの電子音をさららさらと優しく降り注ぐように連ならせ、Keri Hilsonのちょっぴりウィスパーな歌声にフィットする楽曲を提供しています。これまたエフェクトの効いたエレクトロチューンが体中を駆け巡る「Knock You Down」は、Kanye WestとNe-YoのDef Jamの二大スターが参加。ここでのNe-Yoの嵌り具合が凄まじい、これは完全にKeri Hilson喰われています(惜)、Kanye Westはボコーダーに飽きたらしくここでも普通にラップしています。「Slow Dance」はKing Soloman Loganが製作を担当したスローチューン、伸びやかで夢見心地な電子音使いで(Missy Elliottが作りそうな雰囲気)、Keri Hilsonのファルセットを交えた色っぽい歌声に惚れ惚れしまいます(骨抜)。しかこの曲、あのJustin Timberlakeがソングライティングに関与しているんですよ(要注意)。その流れを汲んでウットリなめらかなスローとなっている「Make Love」、製作はPolow Da Don(Co製作をJason Perry)が担当。キラキラと輝きを身に纏いながら、するりと指の間をすり抜けるようなピアノ旋律曲は美しいの一言に尽きます(美曲)。「Intuition」はTimbaland製作(Danjaも関与)で、いかにもTimbalandらしいアラビアンでアジアンなごちゃ混ぜ感覚の一曲、Timbalandが作るこういう音も結構好きです(懐)。続いてもTimbalandとDanjaが共同制作の「How Does It Feel」は最近のTimbalandらしい、ブバブバとビートを打ちつけるHip Hop寄りのトラックで、この曲でこそTimbalndがラップか何かで参加したら良かったのにぃ(惜)。Cory Bold製作(Danja関与)の「Alienated」は、囁き呟くようなブリッジと流麗で繰り返し作用の強いメロディフックがキュートな一曲。「Tell Him The Truth」はDanja製作、静寂ともとれる空間を巧く活かしたシンセ曲は流石の出来栄えで、ゆっくりと流れる時間に身を委ねて気持ちよくなれる一曲。「Change Me」はPolow Da Don製作でAkonがゲスト参加、最近は弟子だったT-Painが目立ちまくりのAkonですが、やはりその存在感は本曲でも抜群です。そして本作からの先行シングルだった「Energy」がやっとこさ登場、製作はThe Runawaysが担当。ピアノ鍵盤をなぞる繊細で煌びやかなメロディラインが綺麗で、Keri Hilsonの容姿と歌声にカチッと音が聞こえる程に似合っています。最後を締め括る「Where Did He Go」はTimbalandとDanjaが共同制作、Justin Timberlakeが歌いそうなちょっぴりブルージー(?)な哀愁漂う電子曲で、やはりTimbalandならではの仕上がりですよね。

TimbalandとDanjaとPolow Da Donが殆ど全曲を手掛けた事で、ある一定のまとまりを持った聴き易い一枚に仕上がっていたと思います。つまりどの曲も流麗なエレクトロ調で、もっとKeri Hilsonの歌声を聴きたかった僕のような手合いは、もっとJimmy Jam & Terry LewisだとかThe Underdogsとかが作る、王道曲も聴きたかった気がします。でもまぁKeri Hilsonの歌声が、こういうエレクトロ仕様の曲にお似合いなのも事実、これで良かったのかもしれません。ちょっぴりBeyonceに歌声が似てた気もします、これからも最前線で是非とも頑張って頂きたい女性の一人です(熱望)。ちなみに国内盤が発売されたら、購入するかもしれません、彼女の書く歌詞が気になるから。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment