RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
213位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
44位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

The-Dream「Love vs. Money」
dream-lvm

人気ソングライター改め、人気シンガーソングライターとなりつつあるThe-Dreamの通算二作目となる『Love vs. Money』を御紹介。結構早めに出た感のある二作目、いまだに製作依頼も多いみたいですし、The-Dream人気は健在といえるでしょう。もっと早くに購入したかったのですが、国内盤が出るのではと思い、ずっと購入を見合わせていたんです。しかし国内盤発売のアナウンスは全く無く、遂に痺れをきらしてしまい輸入盤を購入してしまいました。
それでは気になる内容の御紹介……本作でもTerius "The-Dream" Nash×C. "Tricky" Stewartの鉄板タッグは健在で、まずはそんな楽曲から触れていきましょう。まずは幕開けを飾る「Rockin' That Shit」、まるまるした電子音の連なりにThe-Dreamの甘く優しい歌声がスーッと伸びるスイートトラックで、幕開けからトロンとさせられます。韻を踏むようなフックラインもやはりThe-Dream節で耳に残る「Sweat It Out」がネッチョリ濡れた官能曲、The-Dreamの良い具合に脱力した歌声に思わず骨抜きにさせられます(失神寸前)。「Take U Home 2 My Mama」はもう出だしのスクラッチ使いで一気に耳を奪われる、その後のシンセサイザーの緩やかな流れも美しく、Usher「Love In This Club」の流れを汲んだトラック。「Love vs. Money」ではマシーンチックな機械トラックに、The-Dreamまでもがロボ声加工するエレクトロチューンで、これもやはり巧~くトレンドを取り混ぜた一曲で、でもそこにThe-Dream節をプラスオンしている事でより強度のあるものに仕上がっています。その続編となる「Love vs. Money, Pt. 2」ではちょっぴりスクリュー気味にしてダークさをブレンド、この質感はまるでMary J. Bligeへの提供曲「Nowhere Fast」と同じ。ピアノ旋律を塗した抒情詩的なトラックが英国ロックを思わせる美曲「Fancy」なんかは本当に巧い、囁くように歌うThe-Dreamも自分の歌声をよく理解しているし、“ふぁんし~~♪”でのエフェクトの掛け方なんかも策士です(巧妙)。「Right Side Of My Brain」ではT-Pain発明のボコーダー使いをちょっぴり拝借(その拝借加減がまた絶妙)、伸びやかで綺麗なメロディラインに反し、バックでは常に口音(Timbaland趣味)と“えぇぇぇ~い♪”の掛け声を配する辺りがThe-Dream流。電子鍵盤を軽やかに叩くキュートさ満開の「Mr. Yeah」なんかも、The-Dreamらしいリフレイン唱法でまるでメロドラマな仕上がり。「Kelly's 12 Play」はそのタイトルからも分かる通り、きっとR.Kellyの代表曲「12 Play」へのオマージュでしょうねぇ。この曲こそ詞の意味を知りたい、グニャグニャと曲折しながら展開するシンセサイザーに、The-DreamがR.Kellyばりに“おーおおおおおおー♪”と唸るのが面白い一曲。とここまでがTerius "The-Dream" Nash×C. "Tricky" Stewartタッグによる製作曲、それ以外ではTerius "The-Dream" NashとL.O.S. Da Mystroが「Walkin' On The Moon」を製作、ゲストにはThe-Dreamが熱望していた相手Kanye Westが参加。煌びやかなスターダストメロディが美しいスペーシー曲で、Kanye Westも前に出過ぎず紳士に振舞っていてグッド、こうやって聴くとKanye Westはメロディに乗せたラップが巧くて感心します。「My Love」はTerius "The-Dream" Nash製作(Co製作をL.O.S. Da Mystroが担当)、ゲストにはMariah Careyが参加しているんだから間違い無し。しなやかで柔らかく琴線に触れる美し過ぎるメロディラインに、Mariah Careyのハイトーンな歌声がピッタリとフィット、しかしそれに負けず優しく撫でるように丁寧に歌い上げるThe-Dreamに脱帽(驚)、なんか前作より歌が上手くなっている気が。「Put It Down」もTerius "The-Dream" Nash製作(Co製作をL.O.S. Da Mystroが担当)、これはモロにJ.Holiday「Bed」っぽい気もするけれど、でもやはりキマッてて聴いていてグイッと惹き込まれるんですよ(魅力的)。最後にはクランク王様Lil Jonと共同製作&ゲスト召還した異色曲「Let Me See The Booty」を用意、ビュンビュンギュイギュイ捻られる電子音はまさにLil Jon趣味で思わずニヤリ、驚くほどスッカスカなビートに絡むThe-Dreamも良い、Justin Timberlakeなんかがやるともっと面白いかもね。

なんというか、前作『Love/Hate』よりも僕は好きかもしれません。前作よりもThe-Dreamの歌声が昇華されています、というよりThe-Dreamが自分の歌声をより理解したのかな。あの優しく囁くような歌声は、結構ツボだった気がします。そこまで期待はしていなかっただけに、結構聴いてて楽しめた一枚でしたねぇ。やはりトラックメイクは素晴らしい、唯一無二のサウンドを今回も上手くトレンドを取り入れながら誇示しています(流石)。これからも裏舞台&表舞台共に頑張って頂きたい。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment