RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
347位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
66位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Jadakiss「The Last Kiss」
jada-last

その客演依頼の多さからも人気実力が歴然としている、N.Y.が誇る鉄腕MC、Jadakissの通算三作目となる『The Last Kiss』を御紹介。というかこれほどまでの大ベテランがいまだ通算三作目とは、本当になかなかリリースに恵まれていませんね(溜息)。でもその人気はずっと健在、しかも今回はあのDef Jam/Roc-A-Fellaからの配給という事で、このまま籍を置いておいてもらって、続々と作品をドロップしていって頂きたい(熱望)。
ハッキリ言ってかなりの期待を背負わせて購入した本作ですが……先に宣告しておきます、素晴らしい一枚に仕上がっております(絶賛)。まずはあのBuckwildが製作を担当した「Pain & Torture」で厳かに幕開け、クラシカルな装いの緊張感漂うトラックは流石の渋さでグッド、Jadakissの燻し銀なラップも冴えています。新進気鋭のProducer、Neo Da MatrixがMarvin Gaye & Tammi Terrell「Ain't No Mountain High Enough」を下敷きにした「Can't Stop Me」もイイ。Ayanna Irishの良い意味でスッキリこざっぱりした、“ゆーきゃんすとっぴなう♪”のフック連呼も良い。旧知の仲であるSwizz Beatzが製作した「Who's Real」は、Swizz BeatzとOJ Da Juicemanが客演参加。Swizz Beatzらしい打ち込みビートを基調としたドカドカ鳴らす軍隊行進トラックが上等、派手過ぎずに攻撃的でJadakissにガッチリ合ってます。女王Mary J. Bligeをゲストに招いた流麗エレクトロチューン「Grind Hard」はThe Inkredibles製作、MJBが歌うフック部分の流れるエレクトロから、Jadakissの登場した途端のガチャガチャしたビートへの転調が巧い。JadakissとMJBの相性の良さはもう証明済みですから説明不要。その客演での仕事ぶりはJadakissと比肩する程の存在感だと思われるYoung Jeezy参加の「Something Else」、製作はFiendが担当。ピリピリと痺れるスパイシーなトラックに絡むJadakissとYoung Jeezyが相性抜群で、あのちょっとやさぐれた荒涼とした声質が共通しているからかなと。昔ながらのJadakissファンなら涎が出る程カッコイイと思う「One More Step」、製作はSean C & LVのコンビで客演にはStyles Pが参戦。この客演が他とは一味違い、JadakissとStylesの二人が文字通り入れ替わり立ち代わりラップを重ねる一曲で、気心知れた二人ならではの掛け合い&完成度、シンプルにポワワンと共鳴し続けるトラックも二人のボーカルを惹き立ててて良い。「Stress Ya」はThe Neptunes製作でPharrell参加(当然)、相変わらずの電子音×パーカッションでハイパーグルーヴを紡ぎ出しているThe Neptunesはやっぱり天才かな。Jadakissのラップはどんなタイプの曲にも合うから凄いし、こういう囁きフックさせたらあまりにクールなPharrellも中毒性高い。Chophouze製作の「What If」はN.Y.の同志であるNasが参加、静かなメロディを軸にバチバチと刻まれるビートが絡むシンセトラックもさることながら、落ち着いた雰囲気で余裕たっぷりにキメるJadakissとNasに惚れ惚れ。Mr. Devine製作の「Things I've Been Through」はもう反則スレスレなんだけど僕のツボで最高の一曲(惚)、Luther Vandross「Promise Me」を歌声もそのままべ~ッタリ下敷きに使用。しかしこれが違和感なくて綺麗にまとまっていて、Luther Vandross客演としても良いほど。シルキーで優しいLuther Vandrossの歌声もやはり素敵だし(涙)、それに寄り添うJadakissも紳士でカッコイイんです(輝)。Baby Grand製作の「I Tried」では、その甘酸っぱい爽やか歌声に定評のあるAvery Stormが参加、やはり他とは違ったナイスな仕事っぷりですね(天晴)。「Rockin' With The Best」では再びThe Neptunesが登場、彼ららしい夜景メロウトラックに、Pharrellのハイな歌声も乗っかるナイスミッド。Mr. Porter製作で若手実力派シンガーJazmine Sullivanを起用した、センス良過ぎる「Smoking Gun」、これは正直Jazmine Sullivanの慈悲深い歌声にしんみりしてしまいます。Swiff DとEddie FがRare Earth「Warm Ride」をサンプリングした「Cartel Gathering」では、Ghostface KillahとRaekwonのWu-Tang Clan要員が参戦した男らしい一曲。それよりも男臭くてごついのがNeenyo製作の「Come And Get Me」、S.I.とSheek Louchがマイクを回します。晴れてレーベルメイトとなったNe-Yoが参加の「By My Side」はEric Hudson製作曲、ベンベン鳴るベース音がゾクゾクするシックな電子チューンに、Jadakissの抑え気味のラップとNe-Yoの青臭いマッタリした歌声が響くナイスな一曲。映画『Notorious』に使われている「Letter To B.I.G.」はNeedlz製作、客演にはBiggieの奥様Faith Evansが参加。「This Time I'll Be Sweeter」を使った哀愁漂う泣けるブルージー曲で、Faith Evansの優しい歌声がまた綺麗で涙を誘います。「Something Else (Remix)」ではYoung Jeezyはそのままに、Snyp LifeにBullyにAPにBoo RossiniにBlood Rawと、ちょっと知らない面子でマイクリレー。The Alchemistが製作を担当した「Death Wish」ではLil' Wayneが援護射撃、スリラーホラーっぽいミステリアスなトラックにはJadakissもLil' Wayneもバッチリお似合い、Weezyのあのチロチロと這うようなラップも健在でやはり中毒性が高いですね。

確かに僕はJadakissが大好きです、五本の指に入る程です。がしかしそんな贔屓は無しにしても、Jadakissの本作は素晴らしい仕上がりになっています。程よいProducerと客演の配置で、Jadakissの旨味はきちんと出されています(玄人)。せっかくのRoc-A-Fella移籍初作品なんですから、Jay-ZやFreewayやJust Blazeにも参加してほしかったってのも本音ですが、まぁ十分ですよね(我侭)。Jadakissお得意の“ひゃっはーーーーーッ♪”も思う存分に聴けます、これは絶対に購入すべきです、今一度Jadakissの格好良さを知って下さい(激薦)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment