RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
347位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
66位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Brandy「Human」
Brandy_-_Human.jpg

十代でデビューし今なお活躍し続ける女性R&Bシンガーの重鎮、Brandyの通算五作目となる『Human』を御紹介。先日Brandyが起こした交通事故によって、Brandyの活動も危ういかと思われましたが、無事に新作を届けてくれました(安堵)。Brandyにはこれからも罪を償いながら、でも明るく一生懸命に頑張って頂きたいです、大好きな女性シンガーなので。
そういう意味でもBrandyにとっては大きな意味のある一枚……これがやっぱりBrandyだけあって素晴らしい歌声で心を浄化してくれるんです、有り難いですね。あともうひとつ嬉しいのが、Brandyの育ての親といってもいいProducer、Rodney "Darkchild" Jerkinsが最多の楽曲を手掛けている事(拍手)。このタッグは本当に息がピッタリで、久々でもやはりクオリティが高いです。そんなRodney Jerkins製作曲から御紹介します、まずは「The Definition」、愛の定義を歌うこの曲もRodney Jerkinsらしい繊細なシンセ音の紡ぎ合わせで、Brandyのクリアで透き通った歌声が心地良い。続く「Warm It Up(With Love)」もピアノ旋律の繰り鳴るどこか神聖な印象を受ける癒しの一曲、ちょっぴりリフレインを用いた詞の展開も今風で聴き易いです。Brandyの重ねられた歌声に思わずハッとさせられるHip Hop風味のエッヂの効いた「Right Here(Departed)」、う~ん素晴らしいですねぇ、こういう味わいはBrandyの歌声でないと生み出せない格好良さですよ。異空間にトリップする様な電子音使いが、どことなくTimbalandっぽい「Piano Man」もRodney Jerkins製作で驚き、シンセサイザー使わせたらRodney Jerkinsの右に出るProducerはそういないかも。かと思えばピアノ鍵盤の音で奏でるクリアな白美曲「Long Distance」をさらりと織り入れるだから心憎い(策士)、“私が泣いているの聴こえるかしら♪”と別れた恋人への未練を歌うBrandyに心打たれます(涙零)。けして黒くもソウルフルでもないけれど、Brandyみたく聴かせる事のできるシンガーなら、こういう白っぽいバラードも素敵ですねぇ。その甘酸っぱくもキャッチーなキュートメロディがStarGateっぽい「Camouflage」もRodney Jerkins(器用)、明るく希望に満ち溢れながらも、自身の辛い体験を盛り込んだ真っ直ぐのメッセージソングとなっています。ほんのちょっぴりアジアンな香りのするエキゾチックトラックが魅力的な「Shattered Heart」、とここまでがRodney Jerkins製作曲。あとは爪弾くアコースティックギターの爽やかな音色とハンドクラップに心奪われる、Dirty SwiftとBruce WayneのMidi Mafiaコンビ製作の「Torn Down」も良いですね。Toby Gadが製作&ソングライティングを担当した、人間の弱さを許すことを知るバラード「Human」も美し過ぎます(感涙)。「True」はRedOneが製作したピアノバラード、Brandy自身の口音をメロディとしながらドロっと始まり徐々に綺麗になる(これがかなり癖になる面白い一曲)「A Capella(Something's Missing)」、製作はSoundzが担当。Polow Da Don率いるZone 4 Inc所属のHit-BoyとChase N. Casheが製作の「1st & Love」もかなり実験的、細かく刻む手拍子に電子音がぶつかるトラックの直進具合が痛快。最後を締め括る「Fall」はBrian Kennedy製作(Natasha Bedingfieldがソングライティングで参加)、すこし頼りなく儚げに恋におちてゆく様を描いたドラマチックな一曲。国内盤にはこれらに加え、Toby Gad製作の震えるビートに高く突き抜けるBrandyの歌声が活力に溢れている希望曲「Gonna Find My Love」、あまりに切ない悲しい失恋曲「Locket(Locked in Love)」、新たにSean Kingstonの歌声を乗せたゆる~い感じで録り直した「Right Here(Departed)(Remix)」など、計五曲を収録しています。

流石はBrandy、抜群の安定感で本当に心ゆくまで歌声に身を任せて、そのまま気持ちよく溺れる一枚となっています。やはりどこか悲しさを含んだトラックが多かった気もしますが、でもそのどれもがなんとか前に一歩前進しようとする強い意志も感じ取れて、良い一枚でした(貫禄)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment