RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
310位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
59位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Toshi Kubota「Time To Share」
toshi-tts.jpg

久保田利伸がToshi Kubota名義で発表した海外盤、通算三作目となる『Time To Share』を御紹介。久保田利伸、僕が日本人で唯一好きなR&Bシンガーで御座います。本作でもう三作目という事で、ジャケットからも余裕が滲み出ているではありませんか(貫禄)。本作は正しくはToshi名義での発表の様ですが、ここでは一貫性を出す為にToshi Kubotaでの明記とさせて頂きます。
そんなToshi Kubota(以降は久保田と省略します、すみません)が放つ渾身の一枚……前作『Nothing But Your Love』も凄い製作陣が脇を固めていましたが、本作ではより最強の製作陣が勢揃い、しかも本作では久保田は製作に一切携わっていないんです(驚)。まずは前作ではソングライティングで数曲参加していたAngie StoneとJonathan Richmondのタッグが、最多の五曲を製作しておりまして、その曲からまずは御紹介。まず「Beating Of My Heart」、心臓の鼓動のように響くビートに、溜息漏れそうな波打つ艶やかトラックがなんとも色っぽくて素敵。「Hold Me Down」ではなんとAngie Stoneとのデュエットが実現(感涙)、キラキラと輝く音使いと流麗なメロディに、深く慈しみさえ感じるAngie Stoneの歌声とスマートでジェントルマンな久保田の歌声が絡み合う、極上の一曲となっています(御馳走)。これまたどっぷりディープで官能的なラヴソング「Shadows Of Your Love」もたまらなく素晴らしい、久保田のどこまでも甘ぁ~いメルティヴォイスに(途中Angie Stoneの歌声もほんのり聴こえるのがまた良くて)腰砕かれそうになります(失神)。「It's Time」ではオルガンっぽい埃っぽく響く鍵盤音がどこかのノスタルジックに感じる、ネオソウル全開の土臭い一曲。「'Cause You're So Bad」はAngie StoneはソングライティングのみでJonathan Richmondが単独で製作を担当、これもちょっぴりシンセ使う事でまた一味違ったR&Bテイストを作り出す事に成功。とここまでがAngie StoneとJonathan Richmondの製作曲、しかし製作陣は他にも凄い面子が加わっています。まず「Living For Today feat」ではあの元DITCのBuckwildが製作を担当(驚)、そしてゲストにはあのMos Defが参加(驚)。Willie Hutch「I Can Sho' Give You Love」をサンプリングしたパーカッション鳴り響く、タイトでクールな流麗メロディも素晴らしいですが、久保田の呼吸のような単語ひとつひとつを途切れさせて歌う歌唱法があんまりカッコ良過ぎて痺れ上がります(惚)。またMos Defってのが粋じゃありませんか、Mos Defのあのラップがスーッと登場する辺り、鳥肌立ちました。「Breaking Through」はあのIvan "Orthodox" BariasとCarvin "Runsum" Hagginsの鉄腕タッグが製作、しかもサンプリングにはCurtis Mayfield「Trippin' Out」を使っているなんてズル過ぎる(嬉)。幾重にも重なった久保田の歌声も爽やかで伸び伸びと気持ち良さそうで、聴いているこっちの気持ちまで晴れやかにします。Ivan "Orthodox" Barias×Carvin "Runsum" Hagginsは「Hope You'll Be Wel」も製作、電話の話し声で始まる辺りも王道なこのトラック、ちょっぴり湿っぽい空気を含んだメロウな響きが、完全なフィリーソウルスタイルで格好良い、まるでMusiq Soulchildが歌いそうな一曲。あと僕が嬉しかったのは「Neva Satisfied」、製作をATCQのAli Shaheed Muhammadが担当しているから(豪語)。ここでは底辺を這うようなダークなビートに、久保田がD'Angeloばりに絶えずファルセットのみで妖艶に歌い上げる一曲。Ralph Rolleと久保田の共同制作であり、最後を締め括る「Voodoo Woman」では、Zhaneの片割れRenee Neufvilleが参加。ジャカジャカと鳴り散らす楽器主体のジャングルチックなトラックもかなり面白いし、途中で堪能できるRenee Neufvilleの凛とした薄い歌声もなかなかのアクセント、参加MCのThird Eyeも結構カッコイイですねぇ(感心)。

いやぁ~完璧でしょう、黒人が聴いても唸るんじゃないでしょうか。今回は本当に製作陣が凄く渋い、前作も豪華で凄かったけれど、本作の方がよりしっくりきてたし久保田利伸に似合っていました。普通にAngie Stone好きな人でも楽しめると思いますし、Musiq Soulchild好きな方でも楽しめる一枚かも。セールス的にはどうか分からないけど、それでも久保田利伸には海の向こうでもっと頑張ってもらいたいです(熱望)。こういう日本人はそうはいない、素晴らしいR&Bシンガーです(絶賛)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment