RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
246位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
50位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Toshi Kubota「Nothing But Your Love」
toshi-nbyl.jpg

久保田利伸がToshi Kubota名義で発表した海外作品、通算二作目となる『Nothing But Your Love』を御紹介。本当に日本人なんでしょうか、まるで黒人なソウルフルヴォイスを聴かせてくれるシンガーで、その才能は世界に通用しています。そんな久保田利伸がN.Y.の空気をいっぱいに吸い込んで放つ本作、ドレッドヘアも全く違和感無し、似合い過ぎで御座います。
それでは気になる内容なんですがこれが凄いんです……なにが凄いって久保田利伸(以降は久保田と省略、度々呼び捨てですみません)の脇を固める製作陣、普通にBlack Music界の鉄人達が勢揃いしています(汗)。まずは幕開けを飾る「Nothing But Your Love」、製作は久保田自身が担当。これがもう鳥肌モノな格好良さ、ちょっとファルセットがかった歌声を鼻にかけながら歌い上げるその様は、まるでD'Angelo辺りを思い出させます。「Masquerade」ではなんとあのHip Hopバンド、The Rootsが製作を担当しています(勿論、Drums叩くのはAhmir "?uestlove" Tompson)。フックでの女性ボーカルとの絡み方もすごく優しいながらもドライでカッコ良いし、The Rootsらしいネオソウルなトラックも恐ろしく久保田の歌声にマッチしています。ピアノ鍵盤に少し尖った電子音が衝突かり跳ねる、これはかなり今風なR&Bトラック「Never Turn Back」はSoulshock & Karlinの名タッグが製作を担当しているんだから嬉しい驚き(感動)。しかもここで燻し銀なラップをかますのはThe FugeesのPras(当初はNasかJay-Zに声をかけようともしてたんだとか)なんだから間違い無い、Prasのラップもシンプルにシックで正統派、この曲を聴いてまさか日本人が歌っていると誰も思わないでしょう。ちょっぴりトーキングボックスを使うジャカジャカパーティーチューン「Body Bounce」は、Joe "The Butcher" NicoloがZapp「More Bounce To The Dance」を拝借して製作。「Someday」は久保田自身が製作を担当し、ソングライティングにはあのAngie Stoneが参加(Back Vocalでも参加)しています。これは愛への希望を歌った輝き満ちる純正バラードは完全に久保田節で、これがこれで聴いててすごく落ち着くんです(溜息)。再びThe Rootsが製作した(しかもここではStringsをLarry Gold、冒頭ではRahzelらしき口スクラッチが飛び出していたり)「Till She Comes」は、?uestloveの硬質で渋いドラムビートを堪能できる完全Hip Hopトラック、久保田もクールに乗っかってて超カッコイイです(惚)。そして個人的に要注目なのが「Pu Pu」、だってあのRaphael Saadiqが製作を担当しているんですから(加えてAngie Stoneも製作に関与しています)。少し隙間の目立つどちらかといえば電気信号的なトラックはRaphael Saadiqっぽくない気もしますが、面白い。「Sha-Ba-Da-Bu-Doo(Go With The Flow)(Camus Celli Mix)」は久保田利伸作品でも御馴染みのCamus Celliが製作を担当、B.T. Express「If I Don't Turn You On(You Doughta Leave It Alone)」をネタ使いしたファンキーながらもかなり軽快な一曲。本作で最もお気に入りなのがRaphael Saadiq製作(全ての楽器の演奏もRaphael Saadiqが演奏、Angie Stoneもソングライティングで参加)の「Shame」、これはもう完全にTony! Toni! Tone!時代の、あの甘くも清涼でちょっぴり酸味のあるサウンドのトラックで、聴いててすごく気持ちよくなる(溺愛)。ジャキジャキと鋭く迫るシンセサイザートラックがまるでRodney Jerkinsっぽい「I Just Can’t Get Enough」は、実はSoulshock & Karlinの製作でした。Soulshock & Karlinって結構正統派なしっとりバラードなんかを得意としている印象があったけれど、こういう現行R&Bな電子テイストのビートも手掛けるんですね。でもこの曲はそういったシンセが主軸となりながらも、フックは綺麗な透き通る様なメロディで、久保田の歌声もどこか柔らかで裏声使ったフックが気持ち良いんです。「It’s Over」はこれまた驚きのPoke & ToneのTrack Mastersが製作を担当、どこか晴れやかでカラっと乾いたトラックが空へとクッと突き抜けそうな爽快さで、それこそMary J. Blige辺りが歌いそうなトラック。冒頭でラップをかますPunchlineとWordsworthも良い味出してます、がTrack MastersならJay-ZとかNasとか呼べたろうに(惜)。最後を締め括る「Gently」はSoulshock & Karlin製作、ここでは爪弾くギターが気持ちを晴れやかにカラっとさせる、僕の中での彼ららしい清涼爽快チューンでスッキリ。しかもこの曲、ソングライティングはなんとあのDiane Warrenなんですよ(驚)、だから詞もすごくキレイで透き通っています。あと国内盤にはThe RootsがRemixを担当した生バンドっぽさ溢れるグルーヴィーな「Nothing But Your Love(The Roots Mix)」を収録、これでBlack Thoughtがラップなんか聴かせてくれたら最高に熱かったのになぁ。

兎に角物凄い面子が勢揃いしていて、そこに驚きを隠せない、日本人ではやはり久保田利伸でないと実現しえない豪華さです(圧巻)。しかしそんな一流のサウンドにも全く飲み込まれず、堂々と久保田利伸らしいスタイルを感じるのは(けして違和感が無いのは)、元々彼がこういう音楽のグルーヴ感を纏っていたからですよね(天性)。Musiq Soulchildとか好きな方、ちょっとお試しください。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment