RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
347位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
66位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Toshi Kubota「Sunshine, Moonlight」
toshi-ssml.jpg

日本が世界に誇るR&Bシンガーソングライター久保田利伸、そんな久保田利伸がToshi Kubota名義で発表した海外デビューアルバム『Sunshine, Moonlight』を御紹介。ここ最近は日本も海外のR&Bになんとか追い付く感じです(個人的にはまだ遠く及ばないとは思います)が、久保田利伸はもはや別格、草分け的な存在といえるでしょう。気付けば僕の母が、いつも家で久保田利伸の曲をガンガンかけてて、そこから僕はだんだんBlack Musicに親しんでいったんだと思います(母は他にEarth Wind & Fire、Queen、Sadeなんかを好んでかけてました)。だから日本のアーティストで唯一、R&Bとして聴いている大好きなシンガーで御座います。
それでは本作を請謁ながらちょっと紹介させて頂きますと……まずは海外発表という事で、全編を英語で歌っています(当然)。しかし作詞も作曲も製作しているのは久保田利伸(以降は久保田と省略、呼び捨てで御免なさい、普段は久保田さんと言っています)、流石の才能で御座います。まずは幕開けの「Funk It Up」、ギュイギュイとスクラッチかましながらお決まりの“ふぁん♪ふぁん♪ふぁんきらっ♪”を堂々と放つ久保田の真っ向勝負がカッコイイ。女性シンガーCaron Wheelerとのデュエットである「Just The Two Of Us」も、甘酸っぱい感じの清涼ソングで、なのにきちんとソウル満載なんだから素敵。電子ピアノっぽい鍵盤音にベースが絡むトラックと、グルーブ感を増幅させる“ぼんぼん♪とぅーらぁーい♪”フックがキャッチー過ぎて大好きな「Too Light To Do」も良い。夜の帳に包まれるシルキーで甘いバラード「Holding You」、フックでの熱っぽい歌声にウットリする事間違い無し。キラキラと輝きながら伸びやかに歌いあげる「Angel」、Babyface辺りが書きそうな正統派なバラードで、久保田のソングライティング能力の高さを感じる一曲。一昔前のボーカルグループが歌いそうな極上メロウ「Get It Together」、“Marvin Gaye「Distant Lover」を聴くと君を思い出すから、一人では聴けない♪”と歌う詞の内容も切なくて良い(染入)。「Nice & EZ」はかなり驚き、あのTony! Toni! Tone!のDwayne Wigginsが製作を担当しているんです(唖然)。Dwayne Wigginsは製作はおろかDrumとKeyboardsでも参加、疾走感たっぷりのスッキリソウルを展開、久保田もすごく気持ち良さそうに歌っています。Dwayne Wigginsを引っ張り出している辺り、やはり久保田利伸が“本物”だという事を再認識させられます。しっとりとエモーショナルに、そして吐息混じりに艶っぽく歌い上げる「My Love(6 To 8)」も、聴いているコッチがやんわり気持ち良くなる仕上がり。「Oh Honey」は本作でもかなり好きな一曲、冒頭のほぼアカペラに近い歌い出しが心にスーッと響き渡る静寂曲で、ポップさとソウルさとの丁度良い塩梅のところを行き来するトラックもすごく秀逸。爪弾くギター音にパーカッションが弾む、朝の目覚め曲に持って来いの「Sunshine, Moonlight」なんかもリラックスできて凄く良い。とここまでが海外盤、国内盤にはこれらに加えて三曲ボーナストラックを追加。まずは“ぱぁらぁれぇいやぁらぁれぇ♪”の歌フックで昇天させられる個人的お気に入り曲「PaLaLeYa」、Andy Marvel製作のちょっぴりRaggeテイストの効いた「Ain't Nobody There」、日本語版ではそんな好きでなかったのに英語になると途端にカッコ良く感じる(笑)「TAWAWA HIT PARADE」の三曲。

う~ん素晴らしい、久保田利伸は本物のソウルシンガーで御座います(本場)。本作でもう一つ面白いのが訳詞も久保田利伸自身が手掛けている点、きっと直訳って感じではなくて彼なりのニュアンスを含んだ訳になっていると思います。国内リリースの久保田利伸『BUMPIN' VOYAGE』収録曲と被っている曲が多いので、併せて聴くともっと面白いかもしれませんよ(薦)。かなりメロディ物が多いので、別にBlack Music好きでなくてもすんなり聴ける一枚、天晴れで御座います。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment