RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
246位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
50位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Mary J. Blige「Growing Pains」
mjb-gpcovs.jpg


Queen Of Hip Hop/SoulことMary J. Bligeの通算八作目となる『Growing Pains』を御紹介。毎回と凄く濃くて内容の充実した作品を提供してくれる女王MJB、今回は結構すんなりとリリースされた気がしました、そんな大宣伝してなかった気がします(僕だけ?)。しかしMJBは是体に知らん顔出来ません、最近では珍しくすぐに目的買いでタワレコに行きました。今回も女王らしく堂々の仕上がりなのは聴く前から明らか、いつも最新のトレンドをそつなく取り入れるそのセンスの良さにも注目したい本作で御座います。
それでは講釈抜きで内容に早速と……本作は国内盤でなんと全20曲という満腹ボリューム、打つのが大変です(笑)。まずは幕開けに相応しい「Work That」、製作はTheron OtisとSean "The Pen" Garrettが共同で担当。バウンスの効いた余裕たっぷりのMJBの歌声でテンションは既に最高潮、音はシンプルなんですがMJBだから力強く感じるんです。「Grown Woman」では御礼の客演返しにLudacrisが参加、Dejoinが製作担当したちょっぴりロキッシュなトラックにLudacrisの無骨なラップがガツンと効いていて最高、Ludacrisって好きです。そして先行シングルとして好評だった「Just Fine」の登場、製作は御存知C. "Tricky" Stewart×The-Dream(ソングライティング)、加えてあのJazze Phaが力を貸したんだからそりゃ超話題曲で御座います(当然)。しかも仕上がりは期待通りで満足、カラフルな光線が交錯する近未来サウンドに、疾走するMJBの歌声、もう完璧ですぐに好きになってしまいました。「Feel Like A Woman」は再びTheron Otis製作でソングライティングをThe-Dreamが担当、ちょっぴりアジアンなテイスト漂うのんびりなトラックにMJBの歌声がまったり絡む。「Stay Down」はBryan-Michael Cox製作(ソングライティングにJohnta Austin参加&ストリングスにRon Fair参加)の当然のバラード、いつものピアノ旋律はないんですが、ここではちょっぴり近未来的な音でしんみりと悲哀のこもったトラックを提供。とここまでシンセ主軸のトラックが続くのですが、「Hurt Again」が絶妙のタイミングでノスタルジック、それもそのはず製作はAndre HarrisとVidal Davisのコンビが担当なんですから(最高)。まるでレコードを聴いているかの様な柔らかさと煌きは匠の成せる業、さすがAndre Harris & Vidal Davisと唸らされます(感嘆)。こういう曲がなんだかんだで僕は好き、古き良きソウルミュージックですよね。「Shakedown」はこれまた話題騒然、C. "Tricky" Stewart×Jazze Pha×The-Dreamのトリオが曲を提供、しかもデュエットの相手にUsherを持ってくるという神業を披露(鳥肌)。The-Dreamらしいトラック(歌詞)ながらも実力ある二人の共演だから薄っぺらく感じないから不思議、もう完全に二人の世界、“奪いにきたの、あなたの愛を奪いにきたの”と繰り返すサビも素敵です。「Till The Morning」はMJBらしいトラックでサンプリング物……と思いきやそうではなく元ネタ無し、しかも製作はあのThe Neptunesだって言うんだから驚き(腰抜)。The Neptunesっぽくないんですが彼ららしい、エッジ効いているんだけどどこか懐かしさの香るトラックがたまらなくカッコイイ、これだからThe Neptunesって好きなんですよ(曲者)。C. "Tricky" Stewart×Jazze Pha×The-Dream製作の「Nowhere Fast」は国内盤のボーナストラック、リフレインを効かせたダークなトラック。「Roses」もC. "Tricky" Stewart×The-Dreamによる曲、これが今のトレンドと言われればそうなんだろうけど、僕は今のところそこまで好きでなく、嵌れない一曲なのは確か(辛口)。「Fade Away」はStarGate製作(Co製作をNe-Yo、ソングライティングもNe-Yo)のこれまたどことなく懐かしいバラード、国内盤では対訳が割愛されていて歌詞が分からない、この曲は意味が知りたかったから残念。StarGateのここ最近の一本調子でなく、違う一面(しかも魅力的)を聴けて嬉しいです。愛とは何かを切々と歌う、美しくもどこか影を帯びたバラード「What Love Is」もStarGate製作×Co製作(ソングライティング)Ne-Yo、この曲なんかはNe-Yoとデュエットなんかしたら面白かったかもなぁ、勿論MJBだけで充分に聴き応えあるけれど。「Work in Progress (Growing Pains)」はNe-Yo率いるCompound EntertainmentよりChuck Harmonyが製作(Co製作はNe-Yo)を担当、これがまた程よくキラっと伸びやかで僕の心にスーッと染み入るスロウ曲でグッド。「Talk To Me」はEric Hudsonが製作を担当(ソングライティングにJohnta Austinが参加)、The Emotions「Key To My Heart」をサンプリングしたトラックは美しく、本作で最もMJBらしい手法で創られた一曲ではないかと。「If You Love Me?」はBryan-Michael CoxJohnta Austinが再び製作を担当、ここでは伝家の宝刀であるピアノ旋律を主調としたメロディでやはり繊細でしとやかで涙腺緩みます。「Smoke」では再びCompound EntertainmentよりSyienceが製作を担当(Co製作をNe-Yo)、Ne-Yo『Because Of You』ではあまりピンと来なかったCompound Entertainmentの面々ですが、このMJB提供楽曲は全てが納得ゆく仕上がり、Compound Entertainmentの腕なのかMJBの腕なのか……この先のCompound Entertainmentの楽曲で判断したいですね。「Come To Me(Peace)」はC. "Tricky" Stewart×The-Dream製作曲、この曲はかなりポップで黒さは殆ど皆無な感じなんですが、僕個人としてはかなりツボです(最高)。ピアノに絡みつく電子音、天使降臨のメロディラインにMJBの優しく温かい歌声……ほっと溜息を吐いてしまうのは僕だけではないハズ(安息)。そしてここからは国内盤のみのボーナストラック三曲の登場、これがまた聴き逃す事は愚かだと言える力作。まず「Mirror」と最後の「Sleep Walkin」はC. "Tricky" Stewart×The-Dreamが製作を担当、前者ではEve(カッコイイ)を迎えてギター爪弾く音が印象的な一曲、後者ではエレキギターの音が印象的なロキッシュ風味で爽やかな一曲と、どちらも良い味を出しているんです。がしかし、最も素晴らしかったのは「Hello It's Me」、製作をMark Ronson、加えてストリングスをLarry Gold、ドラムスをAhmir "?uestlove" Thompsonが担当したフィリーの土の香り立つ一曲(豪華)。もうこれは反則ですよねぇ、楽器の生音が美しくあったかくて、レコードで是非聴きたい一曲です。もしかしたら本作で最も好きな一曲かもしれません、ボーナストラック扱いだなんて勿体無さ過ぎる(涙)。

MJBならばなにも一枚にこんな沢山の曲を詰め込まなくていいのではとも思いますが、でも捨て曲は絶対に無いしファンとしては嬉しい限りです。C. "Tricky" Stewart×The-Dreamが今が旬ってのはよく分かりますが、こんなに提供してもらわなくても良かったのではないかな~なんて思ったりも、Raphael Saadiqとまた創って欲しかったなぁ。余談ですが、本作のジャケットは格好良い、この短い髪型がすごく似合っています。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment