RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
213位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
44位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Lupe Fiasco「Lupe Fiasco's The Cool」
lupe-fiasco-the-cool.jpg

Chicago出身の将来を有望され若手No.1の呼び声も高いLupe Fiascoの通算二作目となる『Lupe Fiasco's The Cool』を御紹介。Lupe Fiascoのデビューアルバム『Lupe Fiasco's Food & Liquor』は本当に素晴らしい出来(あのJay-ZがExective Producerに名乗りを上げた程)でしたが、天邪鬼の僕としてはちょっと斜に構えて聴いてしまった印象もあります(笑)。しかし二作目となる本作もすんなり購入、やっぱりLupe Fiascoが好きなんでしょうねぇ。
なかなかシンプルでアーティスティックなジャケット通りに……中身もそれはLupe Fiascoらしい遊び心満載のオシャレでハイセンスな一枚に仕上がっています(流石)。まずは本作で最多の十一曲を手掛けているSoundtrakk製作曲を御紹介、良い仕事してくれてます。まずは「Free Chilly」、あのSarah GreenとGemstonesをゲストに迎えた一分程度の楽曲なんですが、これがもう秀逸でこの短さで扱うのが勿体無いぐらい(惜)。「Go Go Gadget Flow」ではそれこそ弦楽器の音が鳴るちょっぴりオーケストラなシック装いのトラック上で、Lupe Fiascoが言葉巧みに早口で言葉を操ってゆくTwista顔負けのTang Twistingを披露。「Superstar」では男性シンガーMatthew Santosがその淀みのないクリアでハイな歌フックを披露、少しく晴れやかなトラックにはこのMatthew Santosの歌声がバッチリ似合っていてLupe Fiascoとの相性も抜群。Lupe Fiascoのリラックスしたラップも聴いてて心地良い、良いですこの曲(なんかKanye Westっぽいノリの一曲)。どこまでも御洒落で煌びやかなのが「Paris, Tokyo」、硬質なドラムパターンに電子ピアノっぽい音が乗るこのスムージーさ、まるで昔のA Tribe Called Questを彷彿とさせます(懐)。Lupe Fiasco自身によるちょっと鼻にかけた歌フックも、どこかアンニュイな感じで凄く嵌ってます。女性シンガーNikki Jeanにタイトルそのまま“俺はHip Hopに救われた♪”と歌わせる「Hip Hop Saved My Life」もシリアスな中に悲哀が込められたエモーショナルな一曲で胸打たれる、Nikki Jeanの飾らないフラットな歌い方(歌声には潤いがあってそこがまた良い)が曲の悲哀度を高めています。再びSarah Greenが参加したピアノ旋律が流麗な「Intruder Alert」、これも清涼ながらもどこか深みへと沈んでゆく様なSarah Greenの歌フックが巧いエッセンスになっています。「Gotta Eat」では打って変わってギター爪弾くオリエンタルなメロディラインのトラックを用意、これもLupe Fiascoは無理なく王道なノリで乗りこなします。ちょっとサウスっぽいアプローチでゴリッとした煽りを使う一面を魅せる「Dumb It Down」()なんかも素直に面白い、GemstonesとGraham Burrisをゲストにドカドカと突き進みます。「The Die」はロックテイストの強いトラックを用意、途中の1オクターブ上げての早口ラップはもうTwistaが取り憑いてます(Gemstonesが客演参加)。「Go Baby」なんかも最近でいうGym Class Heroesっぽいノリで、Lupe Fiascoの音楽に対する追求性の深さを感じます。あと国内盤にのみボーナストラックとして収録されている「Blackout」もSoundtrakkが製作を担当、Timbaland(もしくはDanja)がやりそうな異次元シンセサイザーが炸裂するエッヂの効いたトラックにもう意識は完全にぶっ飛びます、Lupe Fiascoの鋭く駆け回るラップも聴き所。とここまでがSoundtrakkによる製作曲、どれも素晴らしい出来です(感嘆)。他にはChris PaultrieとDerrick Braxtonが共同で製作した「The Coolest」と、どこかゴチャっとした印象はあるもののそんなノイジーさが味な「Gold Watch」、そしてフィルターがかったMatthew Santosの歌声で幕を開ける王道Jazz Hip Hopな装いの「Streets On Fire」三曲も良い。本作で唯一メジャーで活躍しているSnoop Doggが参加した自由爆発なスペーシー曲「Hi-Definition」はAlshux製作、The NeptunesっぽいシンセトラックでSnoop Doggは勿論イキイキと飛び回っていますが、ここでは歌フックを披露しているPooh Bearに拍手を贈りたいと思います。あとはFall Out BoyのPatrick Stumpが製作の「Little Weapon」なんか超カッコイイ(痺)、鼓笛隊みたいな細かく刻まれるドラム音を配した完全ロックな攻撃的トラック上で暴れるLupeFiascoのラップ、そこに挟まるNikki Jeanの凛とした歌声、どれを取ってもナイスとしか言い様がありません(賞賛)。不穏な「Put You On Game」はSimonsayz製作、Matthew Santosの渋い歌声を迎えてKanye Westっぽさ溢れる静寂の世界を彷徨う「Fighters」はLe Messie製作、と本当に知らない方々ばかりが製作を務めています。

なんなんですか、このカッコ良さは(唖然)。Lupe Fiascoはやはり天才です、ノスタルジー感じる肌触りのトラック群はどこかKanye Westっぽくもあるんですが、Kanye Westのラップをずっと聴くのが苦手な僕としてはLupe Fiascoは良いトコ取りの救世主です。よくは知らないLupe Fiascoの身内達が本当に良い仕事をしていて、これはLupe Fiascoを理解していないと創り得ない世界です(絶賛)。歌フックを担当したNikki JeanとSarah Green、Matthew Santosにも俄然興味が沸きました。流行には一切とらわれない本当に純粋なHip Hopを堪能できる一枚、素晴らしい才能の持ち主です。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment