RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
246位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
50位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Mystikal「Let's Get Ready」
mystica-letcovs.jpg

New Orleans生まれの凶暴男、Mystikalの通算五作目となる『Let's Get Ready』を御紹介。Mystikalといえ僕の中では、Ludacrisのヒット曲「Move Bitch」で客演していた、暑苦しいMCって印象が強かったです。本作でもMystikalは今にも血管がブチ切れそうな熱~い叫びラップで斬り込んできます(汗)。
それでは内容を御紹介しますと……まずはやはりシングルヒットした「Shake Ya Ass」を御紹介すべきでしょう、製作はあのThe Neptunesが担当しています。The Neptunesらしい電子音がピコピコ鳴るスカッたトラックに、Mystikalの暑苦しい声でのストレート過ぎる“ケツ振りなぁッ♪”がぶっ飛びます。そんなMystikalをクールダウンさせるかのような、Pharrellの相変わらずハイなファルセットがナイス比率でグッド。Neptunesは他にもあと三曲手掛けており、N.E.R.D.で聴かせるようなちょっぴりロックな「Jump」、Niveaをゲストに迎えちょっぴりエキゾチックに仕上げた東南アジア風の「Danger(Been So Long)」、宇宙的なレーザー音がピュンピュン錯綜する実にThe Neptunesらしい「Family」(Back Vocal務めるLatrelleなる女性シンガーがいい歌声してます)と、どれもThe Neptunes仕様のいい仕事してくれています。次に多くの楽曲を製作しているのがEarthtone III、これはあのOutKastが製作時に使う名前で御座います。そんなEarthtone IIIが製作した「Ain't Gonna See Tomorrow」してもう完全にOutKast節全開、ピアノ旋律にどこまでも細かく刻まれるハイハット、それに合わせて激走するMystikalがより暑苦しく感じます。スクラッチかましながらどこまでもグチャグチャなトラックで聴き手を煙に巻いてしまう「Braids」もOutKastらしい。でも一番素晴らしいのは「Neck Uv Da Woods」、これなんかはガチャガチャしながらもどこかエレクトリックな美しさが輝く一曲で、OutKastの二人も参加しています。いやぁ~これはもうOutKastの曲として発表して欲しかった、こうなるとMystikalが邪魔にさえ感じてしまいます(失礼)。MystikalはOutKast節にはちょっと向かない気がします、OutKastみたいなクールさを感じないから勿体無い。他にも目玉曲はありまして、PA製作でDa BratとPetey Pabloが参加した「Come See About Me」なんかも良い、MystikalとPetey Pabloという極暑タッグってのも面白い。あと僕的に注目なのはあのB!nkが製作した「Mystikal Fever」、かなり地味ではありますがやはり他曲とは違った味わいがあります。

The Neptunesとはなかなか相性が良かったですが、OutKastとの相性はちょっと疑問でした。というかOutKast製作の時点で、既に鼓膜がOutKastを欲しがってしまいます(条件反射)。暑苦しさでいってもPetey Pabloの方が僕は断然好き、どうもガツガツ過ぎてMystikalは疲れる、客演であれば面白いのかもしれません。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment