RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 音楽全般  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

好きな男性MC(客演編)Top10
“好きな男性MC(玄人編)Top10”、“好きな男性MC(若手編)Top10”と連日書いてきた“好きな男性MC三部作”ですが、本日はその最後を飾る“好きな男性MC(客演編)Top10”を御紹介。
前二作にランクインしたMC以外で、“この人が客演する事で、楽曲の価値がグンと上がる、引き締まる”といった選考基準で選びました(曖昧)。中にはベテラン中のベテランで、“玄人編Top10”に入れるか迷ったMCも多数います。また、そんな客演したイメージが無くても、“このMCが援護射撃に回ったらもう最強だな”と感じるMCも混じっていたりします。だからなんかまとまりの無い感じ、そこがちょっと面白いです(笑)。

好きな男性MC(客演編)Top10

mc-jada.jpg

第一位 Jadakiss
あの一聴してすぐ分かる奇声“ひゃっはーーーー”で御馴染みのThe Lox所属のベテラン、Jadakissが堂々の第一位を獲得。Jadakissも玄人編に楽々ランクインできる逸材なのですが、定義である通算発表作数が足りず落選(惜)。でもどうしても個人的に大好きなMCで、そんなJadakissになにか賞をあげたくてこの“好きな男性MC(客演編)Top10”を設けたといっても過言でありません(愛着)。しかしJadakissはその称号を与えるに相応しい功績をきちんと残しており、彼が参加したHip Hop/R&B曲は数知れず、しかもどれもがハイクオリティで御座います。シリアスな曲からメロウな曲まで、その圧倒的存在感で一気に空気を一変する存在感に拍手喝采。遂にあのRoc-A-Fellaと契約を交わしましたし、なお一層今後の活躍に期待大で御座います(太鼓判)。
Ja Rule F/Jadakiss, Fat Joe「New York」PVを視聴

mc-tw.jpg

第二位 Twista
その神速と呼べる早口フロウで時に主役を喰ってしまう程の異彩を放つTwista、昔はキワモノ扱いされていた感がありましたが、今じゃ立派なスターMCで御座います。Twsitaは本当に異端児って感じだし、他に彼っぽいキャラクターも居ないので、彼が入るとその楽曲にある程度の風味を持たせる事が出来ます。トラックの装いに合わせて自由にピッチを合わせる辺り、Twsitaが只者じゃない事を感じさせますよね。Jadakissもそうですが、Twsitaの客演数も半端じゃありませんので(ただシングル曲に指名される率でいえば、圧倒的にJadakissが多い)。
Jamie Foxx F/Twista「DJ Play A Love Song」PVを視聴

mc-lilw.jpg

第三位 Lil Wayne
Lil Wayneは玄人編にランクインさせるか最後までかなり迷いました(僅差)、ただ僕が知ったのがかなり後だったので泣く泣く外したんですが、彼は客演でかなり良い仕事しているのでここにランクイン。MCとしてかなり奇抜で好きなんで、客演でLil Wayneが入るとやはり期待しちゃいます。ただ残念な事にそのあまりに独特な爬虫類フロウが、主役を完全に喰う事もしばしば、そういう意味では客演に向かないかもという事でこの順位に(難)。兎に角いつも際立っています、目立っています、そしてLil Wayneが入る事で曲に奥行きが生まれます。最近のLil Wayneの大活躍ぶりは皆が知るところで、もはや“世界がやっとLil Wayneに追いついた”といった感じがします。
T-Pain F/Lil Wayne「Can't Believe It」PVを視聴

mc-ph.jpg

第四位 Pharrell
製作タッグThe Neptunesの片割れであるPharrell、その目立ちたがり屋精神で自身の製作曲には必ずといえるほど声が聴けます。僕はPharrell独特のあの擦れそうな高く細~いファルセット(通称ファレルセット)がかなり好きで、The Neptunes製作曲となるとPharrellの参加を望んでしまいます(溺愛)。けして主役を喰う事なく(客演ではこれが大事)、その裏声をひとつの楽器(音楽要素)にして、それが融合してはじめて楽曲が100%の仕上がりになる気がします。うん、好きです。
Common F/Pharrell「Universal Mind Control」PVを視聴

mc-kanye.jpg

第五位 Kanye West
彼を大好きなMCに挙げる方もかなり多いでしょうが、僕は客演するKanye Westの方がかなり好きです。Kanye Westのソロをずっと聴いていると僕はどうしても途中で飽きちゃう、だからこそ客演の時のKanye Westの方が聴き易いです。そして彼が客演する場合は勿論Kanye West製作曲な訳で、やはり自分で作ったトラックには愛称抜群だから映えるんですよ。特に最近ではT-Pain直伝とオートチューン駆使で(これがまた使用方法が巧い)俄然うまく絡んでいます、器用な人物です。駆け出しの頃こそ大好きでしたが、やはり僕は彼をProducerとしての方が大好きな様です。
Young JeezyF/Kanye West「Put On」PVを視聴

mc-meth.jpg

第六位 Method Man
Wu-Tang Clanの中でもトップスターであるMethod Man、彼のあの渋くしゃがれた声質もたまらなく好きです。彼も多くのソロ作を出しているので玄人編でランクインさせても良かったんですが、彼自身が身内を招いた楽曲が多いので落選。しかしMethod Manが出てくればやはり曲にワンランク上の価値が付きます、正統派なMCなんで箔が付くといった具合でしょうか。R&B曲よりは絶対にHip Hop曲での起用が功を奏すタイプ、マイクリレーする場合に是非入れて頂きたい一人。
Mary J. Blige F/Method Man「Love @ 1st Sight」PVを視聴

mc-fabo.jpg

第七位 Fabolous
Fabolousもまだ若いですがかなり好きなMCで、玄人編でも迷ったMCです(激惜)。Fabolousはもう完全に女性シンガーとの相性が抜群なタイプのスマートなMC、リラックスした鼻にかかる甘いフロウで、ちょっぴりセクシーに攻める事を得意とします(二枚目)。それでも僕的にはやはり主役でいて欲しいのが本音、なのでこの様な低い順位にランクインさせました。でも客演の数はかなり多く、いつでも素晴らしい仕事をしているので、この順位以上を付ける方も多いでしょう。Def Jamにも加入した事だし、次世代のJay-Zとして(Jay-ZとFabolousは同じN.Y.のBrooklyn出身)これからもっと頑張って欲しい逸材です(期待)。
Ne-Yo F/Jamie Foxx, Fabolous「She Got Her Own」PVを視聴

mc-sb.jpg

第八位 Swizz Beatz
PharrellやKanye Westと同じく、Swizz Beatzもまた自身の製作曲に参加するので正に“水を得た魚”
状態でのパフォーマンスをいつも聴けている訳です(有利)。しかしSwizz Beatzの場合は前述の二人と違い、ラップはしません、あくまで場を盛り上げる掛け声(合いの手)のみで援護射撃しています。なのにあの存在感なんだから凄い、そしてSwizz Beatzの声は凄くテンション上がるから不思議。そういう意味でMCではないかもしれませんが、この客演編で堂々のTop10入りを果たしました。

mc-red.jpg
Fabolous F/Swizz Beatz「Return Of The Hustle」PVを視聴

第九位 Redman
今回のランクインの中では一番の大穴なのがこのRedmanではないでしょうか(驚)、彼もかなり大ベテランで御座います。客演の数も決して多くないと思うのですが(僕が思いつくのは一曲だけ)、それでもRedmanのあの男らしい暴れるラップが結構好きで、“Redmanが援護者射撃ならきっと心強いだろうなぁ”と思いつき、あえてランクインさせました(冒険)。もっと評価されてもいい鉄人タイプのMC、でもまぁRedmanのそういう所が好きというコアなHip Hop愛好家も多い筈(笑)。
Christina Aguilera F/Redman「Dirrty」PVを視聴

mc-fat.jpg

第十位 Fatman Scoop
最後にはこれまた飛び道具でFatman Scoopがランクイン、でもこれは結構納得の方も多いのではないでしょうか(笑)。あの地響きを鳴らすような野太く厳つい激熱フロウは唯一無二、あの暑苦しい掛け声を聴いて魂が燃えない人はいないでしょう(断言)。彼のソロ曲というものはなく、ああやってちょくちょく客演依頼があるのも、彼のあの熱い声の成せる業でしょう。僕個人としてはもっと登場して欲しい、影の客演王だったりもします。
Missy Elliott F/Ciara, Fatman Scoop「Lose Control」PVを視聴


とまぁこの様な結果と相成りました、面白い人達が揃い踏みですね(笑)。他にも迷ったのがBun B、Fat Joe、OutKastのBig Boi、あとTimbalandとかも結構迷いました。主役ではないけれど、しかし客演こそがそのMCの存在感を問われるいわば正念場、そこでこうやって印象の強かった彼らはやはり一流ですよね(天晴)。素晴らしい才能を持っているからこそ客演して欲しいと依頼される訳ですし、そういった意味ではJadakiss、Twsita、Lil Wayneの上位三人は素晴らしいMCだと思います。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment