RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
213位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
44位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 音楽全般  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

好きな男性MC(若手編)Top10
続いては“好きな男性MC(若手編)Top10”で御座います、これもライン設定が難しいですよね(笑)。
前回の“好きな男性MC(玄人編)Top10”は“公式オリジナルアルバムを通算四枚以上リリースしているMC”というものだったので、今回は勿論“公式オリジナルアルバムを通算三枚以下リリースしているMC”としました。こういう定義は難しく、もう簡単に“好きな男性MCTop10”にしてしまえば良かったんでしょうが、今回はこういう三部作に分割させて頂きました。“この人ってもう若手じゃないんじゃ”なんてMCもランクインしていますが、そこはまぁ御愛嬌です。

“好きな男性MC(若手編)Top10”

mc-js.jpg

第一位 Juelz Santana
N.Y.の人気クルーThe Diplomatsの所属の二枚目MCがJuelz Santana、彼のあのちょっと低めで男らしい声と“あいっ♪あいっ♪”なる掛け声が大好きです。Juelz SantanaもJay-Zと一緒で、少し間を外すようなフロウを聴かせる独特なスタイルの持ち主、硬派なトラックからゆるくR&Bライクなトラックも乗りこなすナイスMCです(絶賛)。南のMCばかりが大成功を収めている昨今、やはり東のMCにもガツンと頑張ってほしい、その先陣を切るのはJuelz Santanaでしょう(断言)。Dipsetらしいあのキャッチーでチープなトラック使いも好きなので高得点、まぁでもDipset陣の中で唯一ずば抜けて好きなのがJuelz Satanaで御座います(一番)。
Juelz Santana「There It Go(The Whistle Song)」PVを視聴

mc-freeway.jpg

第二位 Freeway
Jay-Z率いるRoc-A-Fella軍団の中で、僕はBeanie SigelやMemphis Bleekを差し置いて一番好きなMCがこの特攻隊長Freeway。あの全てを焼いて焦がす様なしゃがれた灼熱フロウが素晴らしい、圧倒的な存在感でいつも火を吹いています。その顎鬚は只者でない事を証明しているんです、いやそうじゃないでしょうが(笑)。とにかく1st『Philadelphia Freeway』で魅せたアッパーからミッドまでの電子的チューンに乗っかるFreewayもぶっ飛ばしてましたし、2nd『Free At Last』で魅せたソウルフルで燻し銀にきめるFreewayも哀愁漂ってて好きでした。兎にも角にも、どこにいてもギラギラ輝いているFreewayに一票で御座います。
Freeway「Lights Get Low」PVを視聴

mc-yjeezy.jpg

第三位 Young Jeezy
Def Jamの新たな看板MCといっても過言でない、破竹の勢いのYoung Jeezyがランクイン。最初こそあの“へぇぇぇぇぇ~い♪”とか“じぃぃぃぃぃゃぁぁぁあ~♪”や“ざぁぁぁぁっつらぁぁぁぁ~~い♪”なる掛け声を挟むドロっと濃いフロウスタイルに、そんな嵌ってはなかったんですが、今ではもうそんなYoung Jeezyの悪なフロウの虜です(溺愛)。彼の場合は順調に作品をドロップ出来ていますし、そのどれもが高水準、しかも作品を出す毎にその魅力を増強させている感じがします(脅威)。ドロドロのサウスビートもちょっぴりほろ苦い歌モノも華麗に乗りこなし、客演でも圧倒的な存在感で良い仕事をする。そんなデキる男、Da SnowmanことYoung Jeezyの今後にかなり期待しています。
Young Jeezy「Go Getta」PVを視聴

mc-job.jpg

第四位 Joe Budden
数多くのミックステープを発表し絶大な人気を誇るJoe Budden、若手どころか大ベテランですが、しかし公式アルバムは『Joe Budden』のみなんです(不遇)。Joe Buddenもかなり特異な声質で印象強い、しかしその魅力はきっとその詞の巧さなんでしょう。Joe Buddenはガツガツと攻撃的なトラックや、シリアスで少し重たいトラックが得意で、あまり歌モノのイメージがありません。僕的にはひるまずバンバン撃ち放つJoe Buddenの連射スタイルがかなり好きです。早く2ndをリリースして欲しい、Just Blazeとまたガッチリ手を組んで最強のパーティーチューンをドロップして欲しいです。
Joe Budden「Pump It Up」PVを視聴

mc-papoose.jpg

第五位 Papoose
N.Y.出身で数多くの傑作ミックステープを発表しているPapoose、いつになったら公式アルバムを出すんだとずっと昔からヤキモキさせられているMCがPapooseです(焦涙)。その身軽で素早いライトなフロウと、早撃ちの名人の様に繰り出される言葉という銃弾の雨を降らせるカッコイイMCです(絶賛)。こんなに素晴らしいMCがまだ作品を出せていないなんて……世の中どうかしてます(敢えて出さないのかな)。彼ほどの絶大な人気を誇るMCならきっと凄い製作陣&ゲスト陣が揃う筈、客演でもいいからもっと表舞台で活躍して欲しいです(切望)。
Papoose「Alphabetical Slaughter」PVを視聴

mc-rickr.jpg

第六位 Rick Ross
サウスの髭ボスことRick Ross、彼のあの重戦車級のへヴィーなフロウに結構やられています。スクリュー全開のサウストラックは勿論の事、歌モノっぽいライトでシャイニーなトラックにもすんなりあの巨躯を乗っけられるから凄い。実は看守だったという過去がちょっとマイナスに働いていますが、MCとしてはかなり魅力のある人物だと思います。Young JeezyといいRick Rossといい、Def Jamは新人MCの扱い方が非常に巧い、そこも二人の上位ランクインに凄く影響しています。
Rick Ross「Here I Am」PVを視聴

mc-lupe.jpg

第七位 Lupe Fiasco
あのJay-Zが他レーベルながら激プッシュしたLupe Fiasco、彼を第一位に挙げる方も多いのではないでしょうか。Lupe Fiascoはとにかくクールでファッショナブル、でどこかインテリジェンスを感じるんです、なんというか“新進気鋭のクリエイター”といった具合。スケートボードをこよなく愛する辺りも、どこか異端児っぽさを感じさせます。時流に逆らい(というよりLupe Fiascoのアプローチこそオーソドックスなんですが)独自のスタイルを追求するLupe Fiascoは、本当に優等生で今後のHip Hop界に絶対に必要不可欠な存在である事は確かです。
Lupe Fiasco「Superstar」PVを視聴

mc-pt.jpg

第八位 Pusha T
The Neptunesが見出した兄弟デュオClipseの片割れがこのPusha T、僕は日本人なので詞の巧さというのはよく分かりませんが、Pusha Tはそのセンスをかなり買われている様です。The Neptunes好きの僕は勿論Clipseも好きな訳で、評論家からも評価の高い事を知ったら、Pusha Tのソロ作品を期待せずにはいられません(焦)。そういえばPusha T個人での客演なんかも結構あったりして、既にその片鱗は覗かせている訳です。顔もなかなか整っているし、The Neptunesとガッチリ組みながらも、様々なビートに挑戦して頂きたいです。
Clipse「Mr. Me Too」PVを視聴

mc-cham.jpg

第九位 Chamillionaire
Krazie Boneより少し柔らかめの渋くメロディアスなフロウを得意とするChamillionaire、途中で早口を織り交ぜたり鼻歌っぽく歌ってみたり、結構な曲者で御座います(油断)。彼ほどの巧者だと客演してても存在感は抜群だから、これからfeat.なんかでも活躍の場を広げても良さそう。顔がイマイチ好きになれませんが、Lil Wayneも最初は本当に受け付けなかったのに今は慣れたから、Chamillionaireにもいつか慣れるのかな(笑)。でもかなり個性のあるMCですし、僕はこういう歌えるMCって結構ツボだから、これからが楽しみで御座います。
Chamillionaire「Ridin'」PVを視聴

mc-rich.jpg

第十位 Rich Boy
意外と嵌ったのがこのRich Boyですね、彼をバックアップしているPolow Da Donの巧さもあるんでしょうが、結構聴き易いメロディラインを意識した様なフロウが特徴的。顔の割に結構あっさりめの声質で、どんなビートにも柔軟にフィットする得な声質かと思います。なのでR&B曲でfeat.なんかされると映えそうなMCですね。彼の場合はいつどこでPolow Da Don離れするかが鍵、Polow Da Donは素晴らしいProducerですがいつまでも甘えていられない、一皮剥ける必要があります(そこで真価が問われる気がする)。癖が無いってのは裏返せば個性が弱いっていう意味もあるので、独自のスタイルをどれだけ磨いてくれるかが楽しみです。
Rich boy「Throw Some D's」PVを視聴


とまぁこのような結果となりました、皆様の期待している若手は誰でしょうか。他にも何人か迷ったMCはいまして、Mike JonesとかSoulja BoyとかFlo Rida、Yung JocとGorilla Zoeも結構迷いました。やっぱりJoe BuddenとPapooseに頑張ってほしい、早く公式リリースしてほしい(焦)。Lupe Fiascoが第七位なんてのはあまりに低いかと思いますが、そこはもう皆が太鼓判を押しているから良しとしましょう。Juelz Santanaの格好良さは別格、早くDef Jamから特大の一枚をリリースして欲しいです。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment