RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
310位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
59位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 音楽全般  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

好きな男性MC(玄人編)Top10
好きなシンガーTop10はもう既に発表していましたので、今回は“好きな男性MC(玄人編)Top10”題して記事を書きます。
しっかしMCがあまりに多過ぎてかなり順位付けが難しく、今回は“玄人編”とさせて頂きました。この玄人の定義ですが“公式オリジナルアルバムを通算四枚以上リリースしているMC”としました。この定義自体も結構際どいですよねぇ、かなりのベテランでもなかなか作品をドロップ出来てない(ストリートアルバムを多く発表している)というMCもかなり多くて。まぁでも今回は、こういう感じでまとめてみました、かなり難航しました。

“好きな男性MC(玄人編)Top10”

mc-j-z.jpg

第一位 Jay-Z
これはもう独壇場での王様、“King Of New York”ことJay-Zで御座います。あの独特の間の外し方、独特な声質と“しっぼーーいっ♪”なる掛け声、頭の中で全てのリリックを記憶しているという類稀なる才能、ヒット曲を嗅ぎ分けるその才能、どんなトラックをもモノにする柔軟性、全てがトップクラス。顔がちょっとイマイチですが、そこも僕的にJay-Zが好きなポイントの一つだったり(笑)。どんなトップProducerと絡んでも素晴らしい化学反応を起こし、独自の世界観に飲み込ませるその器量、カッコイイですね。Jigga、Hova、Izzo、Young Hovといった様々な愛称も持った、魅せるのが巧いHip Hop界のCEOで御座います。
Jay-Z「Roc Boys(And The Winner Is)」PVを視聴

mc-nas.jpg

第二位 Nas
Jay-Zと共にNew YorkからHip Hopを牽引してきた鉄人がNas、“人気のJay-Z、実力のNas”といったのが世間の評価ではないでしょうか。その完璧なまでのシリアスな詞の世界観、真面目過ぎる(暗い)程のそのキャラクターが無性に愛しくなってしまいます(笑)。Def Jam契約をキッカケに最近は色んな人気Producerと絡んだり、ちょっと新境地を開拓しつつあるNas。でもやっぱり僕はDJ PremierやSalaam Remiなんかとガッツリ絡んで、硬派なHip Hopを生み出し続けて欲しいです。
Nas「Hero」PVを視聴

mc-50.jpg

第三位 50 Cent
Nasと同じくNew YorkはQueens出身の50 Cent、天邪鬼の僕としてはデビューから大スターだった50 Centはそんな好きではなかったんですが、気付けばあのちょっとボケた声質がたまらなく好きになってしまいました(溺愛)。本当にあのフィルターがかった、くゆらすようなボイスは病み付き度が高く、その声を活かした軽く歌うようなフロウもたまらなく格好良い。最近はちょっと勢いが落ちてきているようにも感じますが、あくまで攻撃的な姿勢を崩さない完璧なまでの悪役っぷりは見事で、現在のHip Hop界に必要不可欠な存在。ゴリゴリなギャングスタトラックに乗るのも良いけれど、個人的にはR&Bライクなトラックに乗っかる50 Centの方が好みです。
※50 Centは合計三枚しかリリースが無いので、定義“公式オリジナルアルバムを通算四枚以上リリースしているMC”をクリアしていませんが、G-Unit名義作品も含んだ上での考慮となっています。
50 Cent「Ayo Technology」PVを視聴

mc-luda.jpg

第四位 Ludacris
Def Jam Southが誇るLudacrisも僕の大好きなMCの一人、あの強烈なキャラクターと派手で南部臭いトラックでの振舞い、そして何より木っ端ドカンなあの爆弾フロウが最大の魅力。ちょっとふざけた様なトラックを多用していた初期に比べ、最近は少しシリアスで硬派なトラックに乗せたりもして、新たな魅力を提供してくれています(俳優業もその魅力のひとつ)。Ludacrisはもっと評価されるべきMCです(断言)、オールドスクールな王道Hip Hopを作れば必ず最高品質のものとなると思います(確信)。その多芸ぶりは多くの客演仕事でも証明済み、これからも縦横無尽に木っ端ドカンと破壊して頂きたいです。
Ludacris「What Them Girls Like」PVを視聴

mc-ti.jpg

第五位 T.I.
Hip Hop界が誇る二枚目MCがT.I.でしょうね、そのちょっと低めの声もかなりカッコ良くて、男の僕でも惚れてしまいそう。しかしその端正な顔がT.I.の売りではなく、その卓越したフロウはやはりKingを名乗っても恥ずかしくないほどの実力者。彼の同胞といっても過言ではないDJ Toompもいまや一流Producerの仲間入りを果たしている訳ですから、T.I.のヒットポテンシャルの高い物を嗅ぎ分ける能力も高いという事ですよねぇ。ギャングな一面を覗かせつつもなんだか紳士、やはり二枚目の成せる業でしょうねぇ(妬)。
T.I.「Bring Em Out」PVを視聴

mc-br.jpg

第六位 Busta Rhymes
Leaders of the New School時代から考えてもかなりの大ベテランであるBusta Rhymes、僕は彼のあの癖のある奇天烈な爆破フロウも大好きです。破壊系統のMCは数多くいますが、Busta Rhymesはその中でもかなり独特な立ち回りを魅せる技巧派だと思います。それにあの元気一杯加減は素晴らしい、でもけして派手でファニーな面だけでなくシリアスで真面目なトラックにもしっくりとくる彼の才能にベタ惚れ。ドレッドヘアも素敵でしたが、僕は今の坊主頭の方がカッコイイと思います(Ludacrisに関してもそう)。
Busta Rhymes「Touch It」PVを視聴

mc-an3.jpg

第七位 Andre 3000
OutKastの片割れであり頭脳であるAndre 3000、熟考した結果この位置にランクインとなりました。Andre 3000としてソロ作品を出してはいないのですが、OutKast作品の中でソロ曲が目立っているので(ソロ作品があったら順位がもっと上位だったかも)。最近はもはやシンガーと化しているAndre 3000ですが、様々な音楽要素を飲み込んで創り上げたその完璧な独創性の塊に、毎回ヤラれる訳です。いつも最初はちょっと取っ付き難く感じるんですが、気付けばその不思議な世界にどっぷりと溺れているんです(中毒)。そのファッションセンスも素晴らしくてAndre 3000ならでは、本当にオシャレさんですよねぇ(感心)。いま最も(いやもっとずっと以前から)ソロ作品を待ち望まれている最高のMCではないでしょうか、勿論Big Boiも大好きですよ、OutKastが大好きですから。
※Andre 3000は一枚もソロ作品リリースが無いので、定義“公式オリジナルアルバムを通算四枚以上リリースしているMC”をクリアしていませんが、OutKast名義作品も含んだ上での考慮となっています。
OutKast「Roses」PVを視聴

mc-nel.jpg

第七位 Nelly
今回のTop10の中では唯一、硬派ではなくポップ志向なMC。Nellyはヤワだと言う方もいるでしょうが、これもHip Hopだと僕は思います。Nellyのあの歌う様な(というよりも歌っているし、歌が上手い)訛りフロウの虜、スウィートでライトなフロウを駆使するNellyは唯一無二の存在だと思います。彼のようなMCがいてまたHip Hopも面白いんです、最新作が今一歩だったのでこの順位となりました(残念)。
Nelly「Work It」PVを視聴

mc-ll.jpg
第八位 LL Cool J

“Ladies Loves Cool James”ことLL Cool J、彼の甘めのトラックに乗っかるセクシーなフロウが好きなのでこの順位。勿論、あのガッチガチの鋼の肉体に似合った、がっつり攻撃的なトラックも凄く歯切れが良くて好きです。Def Jamの大看板をずっと背負ってきたMC、そのヒットシングルの多さも僕の中で印象を強くしています。LL Cool Jはとにく声がスマートでかなり聴き易い、Hip Hop初心者でもかなりとっつき易くまんべんなく好かれるMCだと思います、良い意味で癖が無い。数多いアルバムのどれを聴いても、きちんと一定水準を保ち、その当時のトップProducerが参加しているので、お気に入りの一曲を見つける事が出来ます。
LL Cool J「Baby」PVを視聴

mc-dx.jpg

第九位 DMX
DMXの犬の咆哮の如きがなり声フロウも、相変わらずいつ聴いてもパワフルで一気に惹き込まれます。あれだけ吼えまくっているのにうるさいとは決して感じないのが凄い、男気満開のラップに正面衝突するあの快感がたまりませんよね。ただ一枚通してずっと聴くと、たまに疲れてしまいますよねぇ。Swizz Beatzと組んだガッツリアッパーなトラックも勿論大好きだけど、もうちょっとシリアスなトラック(DJ Premierとかと組んで欲しい)にも多く挑戦してくれるとまた印象変わるのになぁ。
DMX「We In Here」PVを視聴

mc-sdo.jpg

第十位 Snoop Dogg
その客演の多さからも人気&実力のほどがうかかがえるSnoop Dogg、この順位は不服だと言う方もおられるかもしれません。僕も今こうやって書きながら、もっと上位でも良いのではという気がしています。僕はどちらかというと硬派で男っぽいMCが好きな傾向にある(このTop10を見て頂くと分かると思いますが)のですが、そういう意味ではSnoop Doggはユルユルの脱力フロウで当てはまりません。しかしSnoop Doggのシングル曲はどれも秀逸でいつもへヴィーローテーション状態、特に僕は後期のアルバム作品が好きです。何枚もの作品を発表しながら、常に新しいものに挑戦するその姿勢も大好きです。
Snoop Dogg「Drop It Like It's Hot」PVを視聴

mc-bg.jpg

※殿堂入り※ Notorious B.I.G.
Biggie SmallsことNotorious B.I.G.はあまりにも偉大なMC、人によっては2Pacを選ぶ方もおられると思いますが(というより2Pac派の方が多いかも)、僕は断然Biggie派なので迷わず彼を殿堂入りで選定しました。一目見たらけして忘れられないあの巨大な体躯、あのくぐもった声質と骨太で唾吐きかます野太いフロウ、そんなラップを色鮮やかに表現させたBad Boyのキャッチーなトラック、どの曲をとってもクラシックの最高傑作ばかりです。若くして命を落としたBiggie、たった二枚の作品しか発表していませんが、その存在感は亡くなった今も色褪せる事がありません(涙)。今でこそJay-ZとNasで争われている“King Of N.Y.”の座も、Notorious B.I.G.が生きていたならば完全に彼が独占していたでしょう(断言)。
Notorious B.I.G.「Big Poppa」PVを視聴


とまぁこの様な結果になりました、いまだにこれで本当に良かったかなと思うぐらい僅差でのTop10です(汗)。今回Top10に入らなかったMCでも最後まで迷ったのが特にCommon、他にもQ-TipやTalib Kweli、Eminem、Lil Wayne、あとJa Ruleも結構迷いました(本当)。今回設けた定義“公式オリジナルアルバムを通算四枚以上リリースしているMC”というものがまずかなり迷いましたからね、そこも選考を難航させた大きな要因かなと思います。次回のランキングとして“好きな男性MC(客演編)Top10”と“好きな男性MC(若手編)Top10”を考えています(あくまで予定)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment