RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: グループR&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Mis-Teeq「Eye Candy」
Mis-TeeqEyeCandy.jpg

UK版のDestiny's ChildことMis-Teeqの通算二作目となる『Eye Candy』を御紹介。Alesha Dixon、Su-Elise Nash、Sabrina Washingtonの三人で構成されるMis-Teeq、ビジュアル面でいえばDestiny's Childよりも勝っているかもしれませんね、三人とも綺麗です。
それでは肝心の中身はどうなっているかと言いますと……これがなかなか良い塩梅に仕上がってて、かなりUS物に近いんじゃないかなと思います。そのイントロがまるでTLC『Fanmail』みたいな滑り出しの宇宙曲「My Song」、製作はMushtaqなる人物が担当。鋭い電子音がバチバチと跳ねるシンセトラックで、このうえなくカッコイイ。「Scandalous」はStarGateが製作を担当した、これまたエッジ鋭い斬新サウンドの一曲。警報っぽい音が鳴り響く、危険な香りのするセクシーな一曲で、これで誰かMCを一人入れたらもっと面白かったかも。「Can't Get It Back」はあのSalaam "Da Chameleon" Remiが製作を担当、呪文を唱えるかのようなフックもキャッチーで耳にこびりつくし、キラキラとトリップした流麗なトラックも疾走感抜群で素晴らしい。Ed Casなる人物が手掛けた「Dance Your Cares Away」の、次第にリズムが早く転調する感じも凄く先進的で、こういうガチャガチャと猛進するトラックも好きな僕にはたまらない。「All In One Day」は再びSalaam Remiが製作を担当したメロウ物、オルゴールみたいな煌めくメロディにドカドカとリズムが衝突かるこの曲も、色々な側面を次々と魅せる面白すぎる万華鏡のような一曲(曲者)。「Strawberrez」も引き続きSalaam Remi製作、ここでは爪弾くギターに溜息漏れる美しいメロディ、フワフワと浮かぶ優しいボーカルが乗っかる甘いスロー。「Nitro」はSo Solid CrewのJDが製作を担当、破壊力抜群のデジタルノイジーなアッパー曲で思い切りのいい格好良さが光ります。Dave Kelly製作の「That's Just Not Me」ではRaggae界よりBaby Chamが参加、Raggae苦手な僕的には敬遠曲(笑)。Mushtuq製作の「How Does It Feel」なんかももう分かり易いぐらいにドッカドカと弾むトラックが気持ち良い、Rodney Jerkins辺りが作りそうなジャキジャキエッヂの効いた一曲。Jolyn Skinner製作の空間漂うな浮遊感が心地良い可愛いスロー「It's Beginning To Feel Like Love」も良いですね、ずっと跳ねてたからこういう楽曲も挟まないとね。暴れ回るシンセサイザービートにTLCもDestiny's Childも顔負けの度胸で乗っかる「Eye Candy」、蛙っぽい鳴き声に身の毛がよだつ「Just For You」、国内盤のみのボーナストラックであるアジアンテイストな「Hey Yo」の三曲は、Rishi Richが製作を担当。しかし本作の一番の注目曲は、あのJoeが参加した「Home Tonight」でしょう(断言)。Joeが製作したキュートで優しいスウィートなトラックがやはり巧い、Joeはほんのちょっとしか出ないのが残念ですが、それでもMis-Teeqの囁くような歌声も活きたこのトラックメイクが素晴らしい。

途中でAlesha Dixonがラップを披露する辺り、Destiny's ChildというよりはTLCっぽいサウンド構築だったかなぁという印象。楽曲はどれも素晴らしいアッパーでグッド、しかし欲をいえばもう少しバラードなんかも織り交ぜると良かったかも。あまりに弾けたアッパーが多くて、少し勿体無い気がしました。でも聴いて損はない一枚、ガールズグループ好きなら要チェックです。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment