RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
246位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
50位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Seal「Soul」
seal_soul_cover-thumb-473x473.jpg

英国を代表する男性シンガーSealの通算六作目となる『Soul』を御紹介。昔こそあまり英国物R&Bなんかは聴かなかったんですが、最近ではちょっとずつ慣れ親しんできている僕。そのキッカケを作ってくれたのはやはりSealとCraig Davidの二人です(感謝)。そんなSealの待望の新作はなんと珠玉のカバーアルバム、いやはや……一言で表すならば“嬉しい”で御座います。以前からずっと“Sealにガッツリ濃厚なソウル曲を歌って欲しい”と切実に願っていた僕、願いが叶った訳です(感涙)。
それでは早速と内容に触れてゆきますが……まずは本作の制作とアレンジなんですが、その全てをあのDavid Fosterが担当しているのも大きな特徴ですよねぇ(感動)。壮大な美曲を書かせたら一流のDavid FosterとSealが手を組む、完璧で御座います。まずはSam Cookeのカバー「A Chance Is Gonna Come」で幕開け、ゆるやかなリズムと沸々と希望が溢れてくる光輝く一曲で、Sealの歌声も力強く伸びやか。続く「I Can't Stand The Rain」はAnn Peeblesのカバー、影のある哀愁たっぷりの湿っぽいナンバーもSealはそつなくスマートに歌いこなします(紳士)。James Brownのカバーの「It's A Man's Man's World」では、David Fosterが演奏するピアノ鍵盤の悲しげな旋律に乗せて、JBばりに拳の効いたSealの歌声が印象的な女性賛歌。「Here I Am(Come And Take Me)」は今なお活躍し続ける生ける伝説、Al Greenのカバーを披露。真っ黒ファンキーなトラックに思わずステップ踏みたくなります、Al Green程に濃厚ではないですが、それでもSeal味のファンク魂が唸りを上げるナイスな一曲。優しく語りかけるようなSealの歌声があまりに透明で美しい、Otis Reddingのカバー「I've Been Loving You Too Long」も素晴らしい(涙)。長く愛し合った男女間の温度差を歌った詞も、ちょっぴり切なくて共感できたりして、なんか涙腺が緩んでしまいます。反対にもう眩いぐらいの輝きに満ちたハッピーな一曲、「It's Alright」はImpressionsのカバー。Harold Melvin & Blue Notesのカバー「If You Don't Know Me By Now」は本作中で最も美しい最高級のバラード、流麗でドラマチックなピアノ伴奏に、柔らかくちょっぴり泣き節なSealの熱く真っ直ぐな歌声が、心揺さぶる感動の一曲(涙零)。そこから一気に転じてまたファンキーに踊ってしまうEddie Floydのカバー「Knock On Wood」、ゴリゴリのファンクチューンで一撃喰らわされます。時にファルセット混じりのSealの歌声に、あの頃のソウルらしいメロディラインが絡まりうっとりしてしまう失恋曲「I'm Still In Love With You」は再びAl Greenのカバー。Deniece Williamsのカバー「Free」は、爽快な風が吹き抜ける清涼感たっぷりの一曲。そしてもう誰もが絶対に知っているのがこの曲、Ben E. Kingの不朽の名曲「Stand By Me」でしょうね(鉄板)。あの出だしを聴いた途端に鳥肌が立つほどに興奮した自分がいました(笑)。映画の主題歌としての印象があまりに強く、詞の内容をあまり気にしていなかったから、こうやってSealというフィルターを通してこの曲を聴き直して、その情熱的で一途な詞にも感動しました。最後を締め括る「People Get Ready」は再びImpressionsをカバー、聴き手を奮い立たせるような希望を歌ったメッセージ性の強い一曲。国内盤にはこれらに加えて、さらにもう二曲のカバー曲が収録されてます。ホーンが鳴るWilson Pickettのカバー「In The Midnight Hour」と、あのThe Temptationsの可愛い名曲「My Girl」を収録しています(豪華)。

“誰が歌っているか分からなくても、一度は聴いた事のある”往年のクラシックソウルナンバーばかり、この一枚を聴けばSealが生粋のソウルシンガーである事を再認識できます。これはもう完全にSealとDavid Fosterの企画勝ち、完敗で御座います。アルバムのジャケットワークも相当カッコイイ、外見も中身も大人の渋みの効いた素敵な一枚です。この年代のソウルミュージックへの完璧なオマージュだた、Raphael Saadiq『The Way I See It』と併せて楽しむのも良いかもしれません。Sealのハスキーでコク深い歌声によって蘇った、あの頃の黄金ソウルにどっぷりと浸って下さい(溺愛)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment