RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: グループHip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

OutKast「Stankonia」
outkast-stankonia_l.jpg

一見するとデコボコなタッグでたまに不思議にさえ感じるOutKastの通算四作目となる『Stankonia』を御紹介。冒頭でデコボコだと言いましたが、それでもAndre 3000とBig Boiの関係は良好の様ですし、いつも二人で素晴らしい化学反応を起こしてくれています。いつ聴いても“完全に独特のOutKastの世界観”を打ち出し、他のMCとは(いやアーティストとは)一線を画している彼ら、本作も聴き逃す事が許されません。
それでは内容について触れたいと思います……もう皆様御存知かと思いますが、OutKastの楽曲はいつもOrganized NoizeかOutKast(というよりAndre Benjamin)が製作しています。本作ではOutKastの変名であるEarthtone IIIが多くの楽曲を手掛けていますので、まずはそのEarthtone III製作曲から紹介したいと思います。まずは幕開けを飾る「Gasoline Dreams」、僕はこの曲が物凄い好きなんですよねぇ(興奮)。Andre 3000のぶっ飛んだあのフックがもう激しくヤバイ、一気に脳天直撃されてぶっ壊れてしまいます、客演にはGoodie MobよりKhujo Goodieが参加しています。ロックしながらもドカンとファンキーなHip Hopトラック、完璧なスタートダッシュです。OutKast得意のコスモチックなトリップ感に一気に覚醒させられる「Ms. Jackson」も素晴らしくクール、彼女の両親に認めてもらえなかった男を謳った内容も、ストーリー展開が素晴らしく読み耽ってしまう面白さでグッド。「Snappin' & Trappin'」ではKiller MikeとJ-Sweatが援護射撃、グチャグチャな音の混ざり具合がなんとも南部臭くてたまらない。Gangsta BooとEcoが客演参加した「I'll Call Before I Come」なんかは、電子鍵盤を指で鳴らす感じの陽気なファンク感がどことな~くPrinceっぽさも感じる一曲で、Andre 3000ももうフック歌ってしまってますもんね。本作中で最もOutKastの感性が爆発している真骨頂曲が「B.O.B.」でしょうね、ドカンドカンと爆破しながら最速で疾走するこのビート(これだけ暴走する中でも、様々な音楽要素が細部まで組み込まれているのも凄い)がもうたまらない(失神寸前)、そしてこういう全速力ビートに負けじとぶっ飛ばすOutKastのラップがたまらない(木端微塵)。あと余談ではありますが、Background VocalsにMorris Brown大学のGospel Choirが参加しています。ジャングルチックながらOutKastらしいシンセサイザー駆使でシャープな印象を受ける「Humble Mumble」では、なんとAndre 3000の元彼女であるErykah Baduが参加(驚)。ギュイギュイとスクラッチ鳴らしていると思いきや、途中で急激に変調するドラムパターンなんかがもう兎にも角にもファンキー(天才)。そこにErykah Baduの凛とした歌声が柔らかく乗っかり、良い塩梅にクールダウンしてくれます(妙技)。本作で最も美しいメロディラインが売りの「Red Velvet」、どこか深遠な世界へと沈みゆく感覚に陥るトリップ曲。摩訶不思議なトラックに少し困惑さえする「Toilet Tisha」は、10代で妊娠した少女が子供をトイレで産み落とすといった事実に、警鐘を鳴らしている社会的な一曲。「Slum Beautiful」ではCee-LOが参加、硬質なドラムビートに絡む変てこな電子音が完全にイッちゃってる不思議な世界。またCee-Loのラップは今となっては貴重だから、凄く味があって良いですよねぇ。「Stankonia(Stanklove)」ではちょっぴりトーキングモジュレーター使いっぽい歌フック(?)にドロリと濃厚なトラックが印象的、Sleepy BrownとBig Rudeが参加していますが影薄いです。その他の楽曲は御馴染みOrganized Noizeが製作、泥臭い歌フックがいかにもって感じでかなり聴き易い「So Fresh, So Clean」、ブイブイいわせるファンキーなトラックにOutKast両人のクールなラップが突き刺さる「Spaghetti Junction」、BackboneとBig Gippが参加したJazze Phaっぽいノリの「We Luv Deez Hoez」と、どれもがやはりOutKast製作曲とは違った趣向で、その聴き易さで本作の奇抜要素の過剰を軽減しています。OutKast製作のぶっ飛んだ楽曲群も良いけれど、Organized Noizeの作るサウスマナーに則った味のある泥臭いビートも良いですね。

やはりOutKastにしか創造し得ない世界観は突出していて、彼らについていけるかどうかが鍵です。でもやはりOutKastを聴いていると、自分の中の奥底に潜んでいるちょっとした感性をくすぐられるんで、そこがまた快感だったりします(快楽)。これがHip Hopなんでしょうねぇ、しかも最高の逸品級の。僕個人としてはやはり冒頭の「Gasoline Dreams」が超お気に入り、出勤前に聴くとテンションが徐々に上がって“やるぞ”って気持ちになれます(応援歌)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment