RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
213位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
44位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: グループHip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Fugees「The Score」
fug-sco.jpg

Wyclef Jean、Pras、Lauryn Hillの三人で結成されたFugeesの通算二作目となる『The Score』を御紹介。当時本当に売れに売れた衝撃の一枚、600万枚ものセールスを記録したそうですよ(驚愕)。僕はまずLauryn HillでBlack Musicに触れたので、この一枚を購入したのはそれから間もなく経ってから。高校一年生の時の行きと帰り道は、自転車こぎながらMDウォークマンでこの一枚を擦り切れる程に聴いてましたよ(懐)。
そんな歴史的大作をほんのちょっぴり御紹介しますと……まずはFugeesの頭脳であり、いまだその製作能力で楽曲を提供し続けるWyclef JeanとLauryn Hillが殆どの曲を共同製作しており、まずはそんな楽曲群から御紹介したいと思います。幕開けを飾る「How Many Mics」からして、路地裏を思わせる不穏でダークなトラックでもうガッツリやられます。Lauryn Hillの男顔負けなクールでインテリなラップが冴えていて、そこに絡むWyclef Jeanのゆるっとリラックスした歌フックも良い味付け。次の「Ready Or Not」はFugeesの最大のヒット曲で代表曲、あのEnyaの「Boadicea」を無断(?)でネタ使いして訴訟問題にまで発展した問題曲でもありますね(苦)。しかしそのEnyaの歌声がバックで絶えず揺らめくこのトラックはやはり今聴き返しても痺れる素晴らしさ、もう一曲The Delfonics「Ready Or Not, Here I Come(Can't Hide From Love)」も拝借しています。このトラックの持つ蜃気楼のような魅力と硬質なドラムパターンの融合、Lauryn Hillの歌声混じったフロウ、もうどれをとっても傑作で御座います。「Zealots」ではThe Flamingos「I Only Have Eyes For You」のドゥーワップ部分をべったりとサンプリング、これがまた不思議なグルーヴ感を生み出していて凄く面白い。細かいスクラッチに“あーあぁっあーあ♪”なる奇声が面白い「The Beast」、プツプツとレコードっぽい音にこれぞHip Hopな燻し銀な殺伐トラックがあまりにストイックな「Family Business」、どこかWu-Tang Clanっぽいアプローチを感じるアジアンテイストな「Cowboys」、完璧にWyclef Jean味な南国の風吹く「No Woman, No Cry」と、どれもが素晴らしい楽曲ばかり。しかしその中でも僕が特に好きな曲がありまして、それはRoberta Flackの同名曲「Killing Me Softly With His Song」のラインをLauryn Hillがそのまま歌う「Killing Me Softly」ですね(感動)、完璧にLauryn Hillの独壇場のこの曲、もうLauryn Hillのあの表情豊かで温もりある歌声を聴くだけで失神してしまいます。曲こそ有名なれどシンプルなドラムパターンのみなので、Lauryn Hillの歌声がより鮮明に胸に響き渡ります(涙)。あとは外部Producerによる楽曲を二曲紹介、しかしこれも絶対に聴き逃してはなりません(命令)。まずはシングルとしてもヒットした「Fu-Gee-La」、製作はNas作品で御馴染みのSalaam Remiが担当しています。Ramsey Lewis「If Loving You Is Wrong, I Don't Want To Be Right」をサンプリングしたトラックに、Lauryn HillがTeena Marie「Ooh La La La」ラインをそのまま拝借した歌フックがズルイ(反則)。でもこれが凄く良い味出してて、思わずLauryn Hillと一緒に“ふーらーらーらー♪”と口ずさんでしまいます、Salaam Remiはやはり一流ですね(拍手)。あとはあのDiggin InDa CratesのDiamond Dが製作を担当した「The Score」、硬派で緊迫感溢れる黒いトラックは流石で、最後の方ではDiamond Dもラップをかましています。

当時はその奥深さについていけてない部分もありましたが、今こうやって聴き返すと更にカッコイイですねぇ、惚れ直しました。Wyclef JeanもPrasも勿論カッコイイんですが、やはりLauryn Hillが圧倒的に輝いていて、その存在感は凄まじいですね(圧巻)。歌っても良し、ラップしても良し、そのうえ頭も良しなんですから最強です(無敵)。もう一度この三人で一枚作って欲しいですよねぇ、それが無理ならせめてLauryn Hillの作品を届けてほしい(切実)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment