RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
310位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
59位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: グループHip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

A Tribe Called Quest「The Low End Theory」
ATCQ-TheLowEndTheory.jpg

今なおその輝かしい栄光が衰えることのないA Tribe Called Questの通算二作目となる『The Low End Theory』を御紹介。通算五作のアルバムを発表しているA Tribe Called Quest(以降はATCQと省略)、その中でも本作『The Low End Theory』を最高傑作と位置づける方も多いのではないでしょうか。それほどATCQにとっても重要な一枚ですし、Hip Hopの歴史の中でも重要な一枚です。
それでは早速内容を簡単に御紹介致しましょう……本作を語る上で欠かせないのが、そのJazzっぽいサウンド。これまでにも無かったし、その後にもここまで巧く綺麗にこういう世界を創出できているアーティストはいないのではないでしょうか。ベースにドラムス、時たま鳴るホーン、そういった生楽器を演奏しえいるような生温かさ、荒々しくなく優しく撫でるようなグルーヴ、全てがATCQ流のHip Hopを表現しています。まずは骨太なベース音に思わず背筋がゾクゾクするほど興奮してしまう「Excursions」、The Last Poets「Time」「Tribute to Obabi」を下敷きにしたJazz風味たっぷりの素晴らしい滑り出し。またまたベース音主軸のJazzっぽいタッチの「Buggin' Out」、こういうJazzっぽい空気感こそが本作の最大の魅力のひとつ。硬質なドラムパターンにハイハッとが鳴り、あまりにシンプルなビートが凛としている「Rap Promoter」なんか、本当に無駄がない。「Butter」では前作で感じた空気感が少しだけ蘇り、ちょっぴりメロウなメロディが綺麗で良い。「Verses From The Abstract」はまたまた音を削ぎ落としたシンプル過ぎるほどに飾りのないビートで勝負。ほんの少しピッチを上げて切り込んでゆく「Show Business」では、Lord JamarにSadat XにDiamond DとHip Hop黄金期を創り支えた鉄人MCが集結しています(興奮)。「The Infamous Date Rape」ではQ-Tipのあの鼻にかかった甘い声で“くらぁ~しっく♪くらぁ~しっく”が炸裂、誰かこのフレーズをそのまま声ネタにして一曲作ったら面白いだろうに(惜)。久々の声ネタ使いにちょっぴり嬉しくなる「Everything is Fair」、タイトル通りのJazzテイストにポワワンとメルヘンな音が遠くで鳴る「Jazz」、Paul Humphrey「Uncle Willie's Dream」をサンプリングしたファニーな音使いの「What?」と、どれもがATCQならでは音楽となっています。しかし僕の本作のお気に入り曲はやはり最後を飾る「Scenario」、理由は若かりし頃のBusta Rhymesが参加しているから(単純)。ドカドカと突き進むトラックなもんだから、Busta Rhymesの威力が充分に破棄されていて、Busta Rhymesが登場した途端にもう耳を完全奪取されてしまいます(虜)。

A Tribe Called Quest作品群の中でも、最もJazzのテイストが濃い作品で、そこがATCQの史上最高傑作と名高い所以でしょう。凄くカッコイイし確かに当時の彼らでないと創出しえない質感、でもこれがATCQ作品の中で一番好きかと言われたら僕はちょっと違うかも。それでも好きですけどね、ただ後期の作品の方が好きかもしれません。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment