RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
310位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
59位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: グループHip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Mobb Deep「The Infamous」
mobb-inf.jpg

N.Y.はQueens出身のラップデュオ、Mobb Deepの通算二作目となる『The Infamous』を御紹介。HavocとProdigyで結成されたMobb Deep、当時の東海岸を代表するデュオで、中でも本作は彼らの最高傑作で御座います。最近でもEminem主演の映画『8Mile』でそのトラックが大々的に使用されていたりして、いまだ衰えぬMobb Deepの魅力を感じます。
そんな歴史的大作であるといえる本作の中身は……まずはMobb Deep製作曲から御紹介、Mobb Deepというよりきっと(いや確実に)Havocが製作だと思いますが。ピアノ旋律のループに硬質なスネアが絡む幕開け曲「The Start of Your Ending(41st Side)」からもう不穏、危険な香りがプンプンします、これぞMobb Deepの世界観です。「Survival Of The Fittest」なんかはまるで葬送曲、暗黒を身に纏った二人が淡々と、しかし力強くラップを叩きつける身の毛よだつ格好良さの一曲。「Eye for an Eye(Your Beef Is Mines)」ではNasとRaekwonがゲスト参加、これもシンプルなループが耳にこびり付くダークなトラックで、そこにNasとRaekwonのシリアスなラップが絡みより迫力を増しています。「Up North Trip」ではThe Spinners「I'm Tired Of Giving」をサンプリング、相変わらず硬質なキック&スネア構成にちょっぴりメロディが乗っかる程度のシンプルなトラックで、だからこそMobb Deepの二人の尖ったラップを堪能する事が出来ます。Norman Connors「You Are My Starship」を下敷きにした「Trife Life」、Quincy Jones「Kitty With The Bent Frame」を下敷きにした「Q.U.–Hectic」と、何かメロディを下敷きにしながらも、それは敢えて薄めにして、頑として殺伐としたビートを紡ぎ出す職人Havocには拍手を贈りたいです(流石)。「Right Back At You」ではIsaac Hayes「Bumpy's Lament」をサンプリング、援護射撃に再びRaekwonとGhostface KillerのWu-Tang Clanメンバーが参加しています。「Cradle To The Grave」もめちゃカッコイイ、Teddy Pendergrass「And If I Had」をサンプリングしたこれまたドカドカ音のみ流れるシンプルトラックで、N.Y.の路地裏がぶぁ~っと脳裏に浮かぶナイスな一曲。とこういった秀逸なHavoc製作曲の他にも、The Abstractなる人物の製作曲が三曲収録されていまして。このThe AbstractとはあのQ-Tipの事なんです、僕もかなり後で知りましたが(無知)。でも聴いたら確かにQ-Tipの肌触りで、Esther Phillips 「That's All Right With Me」をサンプリングしたちょっぴり浮遊感のあるスペーシーな「Give Up The Goods(Just Step」なんかはそれが顕著にあらわれています。女性シンガーCrystal Johnsonをゲストに迎えた「Temperature's Rising」もQ-Tip製作曲、これもどこか懐かしいメロディがふわふわと乗っかるATCQ仕込みのトラックで、そこにMobb Deepの殺伐ラップが乗っかる事でまたちょっと違った味わいに。Crystal Johnsonの歌声がまた瑞々しくて素敵、良い味出しています。「Drink Away the Pain(Situations)」ではQ-Tipが製作だけでなくゲストでも参加(狂喜)、いかにもQ-Tipらしいホーンの音が効いたちょっぴりJazzyなトラックは秀逸、Q-Tipのあの鼻声ハイなラップも聴けて“やっぱりQ-Tipってカッコイイなぁ”と痛感できる一曲。しかしそんな中でも群を抜いて格好良いのはやはり、Havoc製作でMobb Deepの代表曲でもある「Shook Ones Pt. II」でしょう(決定)、警報のように鳴る冒頭の音、一触即発な印象を受ける危険が漂う殺伐トラック、冷静にしかし着実に攻めてくるMobb Deepの鬼気迫るラップ、そのどれをとっても最高級のカッコ良さです(鳥肌)。

とにかく「Shook Ones Pt. II」目当てで購入しても全然惜しくはない古典な一枚、勿論どの楽曲も格好良くて一枚として評価すべきですが。当時の東海岸は本当に輝いていましたよねぇ、ここ最近のサウス優勢は嘘のよう。王権復古を目指して、Mobb Deepにも是非とも頑張って頂きたいです。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment