RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
310位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
59位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 音楽DVD  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Beyonce「Live At Wenbley」
bdvd-law.jpg

LondonはWenbleyで行われたBeyonceのライヴの模様を完全収録したDVD+CD『Live At Wenbley』を御紹介。その圧倒的な歌唱力と美貌(そしてナイスボディ)、売れるビートをすぐに取り込むその慧眼さ、これらがBeyonceの武器なのは皆様も御承知の事。しかしBeyonceといえば外せないのがその迫力抜群な派手で豪華なステージング、Beyonceのステージングはいつも完璧で、曲の魅力も聴いているだけより三倍にはなります(断言)。という事でとっても楽しみなDVDで御座います、動くBeyonceが僕は大好きです(溺愛)。
それでは気になる内容を御紹介したいと思います……まずはBeyonceが逆さ宙吊りの状態でステージ天井から降りてくる「Baby Boy」、あの腰&おしりを振りながらグルグル回るダンスがセクシー過ぎて一瞬で悩殺されてしまいます(下心)。Beyonceの“いけない娘はいる?”という問いから始まるこれまたエロ熱上昇する「Naughty Girl」、赤いアジアンテイストの衣装がこのアラビアンなメロディにバッチリ合っててグッド、妖艶とはまさにこの事ですねぇ(溜息)。真っ白なハット&ジャケットスーツでクールに決める「Fever」、まるで映画のワンシーンを観ているかのようなシックさ。OutKastのBig BoiとSleepy Brownが参加したのも話題となった「Hip Hop Star」、ドカドカと派手なビートに合わせて騒がしく光るライト、Bボーイな格好の男性ダンサーと激しく踊るBeyonceがカッコイイです。ステージ上に手摺りみたいなバーが設けられ、そこにBeyonceと女性ダンサーが悩ましく絡みながらしっとりと歌い上げる「Yes」は美しい、吐息混じりのBeyonceの歌声で心はもうトロトロに溶かされてしまいます(骨抜)。スパンコールを散りばめた衣装も素敵で、夢見心地で聴き入ってしまいますよ。The Neptunesが手掛けたレトロファンキーなナンバー「Work It Out」ではBeyonceがステージを縦横無尽に駆け回って暴れる暴れる、この吠える様な歌声がたまらなくファンキーでタフで僕は大好きです。黄色いシーツで織られて作られたハンモックみたいな布ブランコに乗って登場する「Gift from Virgo」、この黄色い衣装がモカスキンのBeyonceに超似合っててグッと来ます(興奮)。そんな華やかで美しい衣装のまま流れ込むRich Harrison製作のしっとりスローバラード「Be With You」、ドリーミーで艶やかな極上バラード、Beyonceがだんだんと熱っぽく歌い上げる様も官能的でたまらない。エレキギターの音色がたまらないじっとり濡れてしまう囁き曲「Speechless」も、Beyonceがムッチリした太股を組んだまま歌う姿がたまらないです(鼻血)。そしてここからはDestiny's Child曲をメドレーで披露、早口でリズミカルに突き進む切れ味抜群の「Bug A Boo」をHip HopビートでDJがスクラッチ、Wyclef Jeanと30分で録音したという逸話も飛び出すRaggaeチックな「No, No, No Part 2」、Beyonceがお尻を振り振りして観客を煽りまくって踊る「Bootylicious」、Beyonceも観客も皆で跳ねてジャンプして盛り上がる「Jumpin' Jumpin'」、観客に“質問よ、私の名前は?”と尋ねて煽る演出が憎い「Say My Name」、会場にシーッと静まらせてから“クエスチョン?”と始める大ヒット曲「Independent Women Part I」、恋人Jay-Zとの共演曲「'03 Bonnie & Clyde」では男性陣と女性陣で交互に掛け合い、人生の苦難を題材に力強く拳を突き上げて歌う代表曲「Survivor」でDC Medleyは堂々の幕切れ。自分自身を見つめて歌うしっとりしながらも力強い「Me, Myself and I」、僕はこの曲もPVも大好きです。映画サントラ曲でP.Diddy製作の「Summertime」では、シカゴ発祥のダンス“ステッパーズ”で楽しく踊って舞う姿がとってもキュート。ドラマチックで繊細でそして激しい「Dangerously In Love」はもうどっぷりと聴き浸るしかない名曲、ソロアルバムのタイトルに冠した事からもBeyonceのお気に入りの一曲である事がうかがえます。そして最後を飾るのは勿論この曲、Beyonceがソロのアーティストとして快進撃を開始する狼煙となった「Crazy In Love」、その奇抜な振り付けもそのまま威風堂々と腰振りシェイクするBeyonceが最高にクールでカッコイイ(惚)。この曲聴いて盛り上がらない人は絶対にいない、歴史的な名曲と言ってもけして過言ではないですね(断言)。惜しむらくはJay-Zが登場しなかった事、これでJay-Zが登場したら物凄いパワーだったろうに(惜)。
DVD本編はここまで、あとは“VIP Admittance”が用意されていてそこもファンならば必見。ステージ裏の様子やライヴが出来上がるまでのプロセス、Beyonceのアーティストとしての意識の高さが分かるインタヴュー映像など特典満載で見応えバッチリです。中でも絶対に観なくちゃならないのがやっぱりパワフルなステージが素晴らしい「"Crazy in Love" Live from the 2004 BRIT Awards」、あとここ日本では絶対に観れないCM映像「L'Oréal Commercial」なんかも僕のお気に入り。
あとはボーナスCDが付属しておりまして、こちらも聞き逃すにはちょっと惜しい楽曲が収録されています。まずは往年の名曲、Rose Royceのカバー「Wishing On A Star」が冒頭から流れるんだから痺れますよ(失神寸前)。しっとり濡れたドラマチックな夜会系のスローチューンに、Beyonceの囁くような滑らかな歌声が体中を撫でてくるナイスなバラード。「My First Time」はThe Neptunesが製作したマッタリ煌めくスムージーなシンセチューン、The Neptunesらしいフワフワと遊泳するようなライトなタッチのメロウ曲で素敵。そして新たに“Queen Of Bitch”ことLil' Kimを新たに客演に招いたリメイク曲「Naughty Girl」が痺れるほどの格好良さ、これはもうLil' Kimの歯切れの良いストリップラップが一撃悩殺してくれてクール。あとは妹のSolangeとのデュエットでDa Bratも参加した「Naive」も収録されていて、抜群の相性を示してくれています。

ヒット曲満載で飽きさせない、圧巻のステージを存分に堪能できます。Beyonceはやはり歌って踊っている姿を拝むのが一番、セクシーでパワフルで可愛くて、もう本当に素敵で御座います。これだけのボリュームなのに税込みで2940円だと言うんだからかなりお買い得、是非とも皆様購入してみて下さい。

スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment