RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Jennifer Lopez「J To Tha L-O! The Remixes」
jtolo-remix.jpg

ハリウッド女優にしてシンガーでも成功している超セクシーなJennifer Lopezの『J To Tha L-O! The Remixes』を御紹介。その綺麗な顔立ちと爆発的なセクシーボディで世の中の男性を虜にしたJ-LoことJennifer Lopez(以降はJ-Loと表記)、本作は『On The 6』と『J.Lo』収録の楽曲のRemixを収録した一枚で御座います。がしかし、只のRemix集だと思って侮る無かれ、結構ポテンシャルの高い楽曲が収録されているんです。
それでは内容を御紹介しますが……僕はJ-Loのラテン側面はそんな好きではないので、ここではR&B寄りの楽曲のみの御紹介とさせて頂きます。まずは幕開けを飾る「Love Don't Cost A Thing(RJ Schoolyard Mix)、製作はRichie Jonesが担当。ジャキジャキと鋭い跳ねたビートもカッコ良いんですが、ここではJ-Loと同じくラテン繋がりでFat Joeが参加していまして。Fat Joeのあの歯切れの良い太いラップがゴツっと嵌っていて凄くカッコいいんです。続いて「Ain't It Funny(Murder Remix)」は、その名の通りMurder Inc.よりJa RuleとCaddillac Tahが援護射撃で参加。Craig Mack「Flava In Ya Ear」をサンプリングした煙たいトラックは、御馴染みIrv Gottiと7 Aureliusが製作を担当。ここでは残念ながらJa Ruleは冒頭のみ登場、どちらかというとCaddillac Tahが重きを置かれています。「I'm Gonna Be Alright(Track Masters Remix)はPoke & ToneのTrack Mastersが製作を担当、ここではClub Nouveau「Why You Treat Me So Bad」をサンプリングに使用。ヒンヤリとしたスリルのあるトラックも流石はTrack Mastersといった感じで素晴らしいんですが、ここではあの50 Centが援護射撃を撃っているんだから驚き。またこの50 Centのボケたフロウが凄まじくカッコ良くて痺れるんです(惚)、50 Centはこういうシリアスで渋いトラックでラップした方が今の何百倍もカッコイイ筈、こんな風にまたTrack Mastersと組んで曲を作って頂きたい(熱望)。そして本作の要注目曲がこの「I'm Real(Murder Remix)」、オリジナルもヒットしましたがやはりこのJa Ruleを招いたRemixの方が秀逸ですね(Background VocalsにはAshantiも参加)。ゆったりとしたグルーヴが心地良いこの曲、Ja Ruleが例のあの濁声で歌ってしまっているからまら良いんです。あとはあのRodney Jerkinsが製作を担当した「If You Had My Love(Darkchild Master Mix)」なんかも、あの鉄琴みたいなメロディが上手く絡み付いていて強力、彼らしいクールで機械的なビートが素晴らしいです。「Feelin' So Good(Bad Boy Remix)」ではJ-Loの昔の恋人であるP.DiddyとMario "Yellow Man" Winansが製作を担当、P.Diddyに加えてG.Depも援護射撃で参加しています。極めてBad Boyらしいキャッチーなカラフル電子トラックは、やっぱり聴いていてスッキリする心地良さ、こういうトラックならMaseなんかが参加したら良かったかもしれませんね(惜)。

とまぁ、僕も聴くのはこの6曲のみなので、別に所持する必要は無いのかもしれません。でもやはりJennifer Lopezには結構良いProducerが付いているのも事実、一定のクオリティは保っていると思います。しっかしあのナイスバディがたまらないですよねぇ、って結局はそこかいみたいな。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment