RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Janet Jackson「The Velvet Rope」
janet-velvet.jpg

世界を魅了するポップアイコンであるJanet Jacksonの通算六作目となる『The Velvet Rope』を御紹介。つい最近ではJermaine Dupriとの破局説なんかも噂されているJanet Jackson、兄Michael Jacksonほどではないですが、やはりメディアを騒がせています。しかしその音楽センスはやはりずば抜けていて流石の一言に尽きる、彼女もまた後々の女性シンガー達に大きな影響を与えている事は確かです。
それでは本作の内容について触れるとしましょう……まず最初に書いておくべきなのが、全曲の製作は当然ですがJimmy Jam & Terry Lewisの黄金タッグが手掛けています。Michael Jackson×Quincy Jonesならば、Janet Jackson×Jam & Lewisで御座いますね(鉄板)。まず幕開けを飾るのは「Velvet Rope」、Malcolm McLaren「Hobo(Scratch)」を下敷きにした透き通る様なトラックにノイジーな音が見え隠れする、不思議な魅力の一曲。そういうトラックだからこそJanet Jacksonのあのスーっと広がる囁くような歌声が際立つ、Vanessa MaeのViolinの音色もまた鋭くて、どことなくひんやりとクールな感触。ジャキジャキと細かく鋭いビートに低い声で喋るような歌声で始まる「You」はWar「The Cisco Kid」をサンプリング、ここでのJanet Jacksonの激しく打ちつける様なフックはまるでMichael Jacksonのような歌声でかなり驚き(酷似)。「Got 'Til It's Gone」は僕が本作を購入しようと思ったキッカケ曲、ゲストにあのQ-TipとJoni Mitchellが参加した豪華な一曲(拍手)。といってもJoni Mitchellに関しては、彼女の「Big Yellow Taxi」のフックを引用し効果的にリフレインさせているんですが。しかしこのまったりとしたユルユルなグルーヴに、Q-Tipのあの鼻声ラップが凄く似合う、この二人のリラックスした掛け合いもロマンチックですごく素敵。Janet Jacksonのキュートでクリアな歌声に思わずドキッとする「My Need」は、 Diana Ross「Love Hangover」と Marvin Gaye & Tammi Terrell「You're All I Need to Get By」の二曲をサンプリング。“雨なくして花は咲かないように、私には貴方が必要なの♪”と歌う健気な愛の告白曲、往年のソウル曲を駆使しながらもどこかHip Hop的なアプローチでアッパーにさえ感じる一曲でカッコイイ。「Go Deep」では80年代のディスコチューンを感じさせるファンキーなトラックに乗っかり、Janet Jacksonが聴き手をハイにさせます(酔)。「Free Xone」もLyn Collins「Think(About It)」と「Archie Bell & The Drells「Tighten Up」をサンプリング、スクラッチも織り交ぜながらの真っ黒壮絶ファンクを披露、こういうガッチャガチャな流麗曲も容易く作ってしまうJimmy JamとTerry Lewisが憎い(絶賛)。Janet Jacksonの伸びやかな歌声で始まる「Together Again」なんかは、とってもシンプルで軽快で陽気なダンスチューンでなんか安心します(笑)。どこかオリエンタルな雰囲気の漂う不思議なトラック「Empty」なんかもとても面白い、神速ドラムプログラミングがこの曲の味噌で、流麗なトラックもこのおかげでちょっぴりサイボーグチックでより興奮させられる一曲になっています。スパニッシュなギター弦音が奏でられる部分と、激しく衝突かるようなハードなフックにより、静と動が見事に融合している失恋曲「What About」なんか、Janet Jacksonの表現力の豊かさをまざまざと魅せつけられます。ピアノ鍵盤の綺麗なメロディに思わず胸を締めつけられる「Every Time」、女性なんかが聴いたら涙して聴き入ってしまうこと間違い無し、こういう透き通った真っ白な純曲にJanet Jacksonの歌声がよく似合う。ここからはそんな綺麗なバラードが続きまして、Rod Stewartの同名曲のカバーである「Tonight's The Night」、本作中でも最も純粋に真っ直ぐな王道R&B曲といえるソウルフルなスロー「I Get Lonely」なんかも切なさ込み上げる、Janet Jacksonエロい吐息で一気に濡れてしまう官能的な「Rope Burn」、どっぷりと幻想的な気分に浸ってしまう夢見心地な「Anything」も良いし、最後を締め括るピュアさが眩しいスタンダードなポップ曲「Special」の美しさといったら、もう心洗われます。中盤からの皆での合唱なんかも良いですね、本当に晴れ晴れした優しい気持ちになれます。国内盤にはこれらに加えてボーナストラックとして「God's Stepchild」を収録、神々しさを纏ったゴスペルライクなトラックで蚊が来は充分。しかもこの曲には隠しトラック「Can't Be Stopped」がありまして、これもまたディープで黒く輝いていてカッコイイの一言に尽きるんですよ(歓喜)。

本作をJanet Jacksonの最高傑作に挙げる方も多いのではないでしょうか、僕なんかもこの『The Velvet Rope』か『Janet.』なんかが一番好きかもしれません(暫定)。最近のJanet Jacksonも精力的に活動していて、いつもハイクオリティな楽曲を提供してはいます。しかしやはりJimmy Jam & Terry Lewisと組んでいたこの頃の方が、よりカッコイイ化学反応を起こしていたと断言できます。やはりJam & Lewisともう一度固く手を取り合って、丸々一枚を作り上げて欲しいというのが、Janet Jackson愛好家の本音ではないでしょうか。本作も素晴らしい仕上がり、女性にはかなりお薦めの一枚です。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment