RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
213位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
44位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 音楽その他  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Santogold「Santogold」
santogold-cover.jpg

Brooklynに拠点を置く女性シンガーSantogoldのデビューアルバム『Santogold』を御紹介。僕が彼女を知ったのは、映画『Notorious』の為に作られた、Jay-Z「Blooklyn(We Go Hard)」に彼女がfeat.されていたから。しかし彼女はデビュー前からかなり注目されていたらしく、あのRolling Stone誌でも本作は、五点満点で四点を獲得、その他でもかなり高評価を受けている様です。このジャケットからしてかなりアーティスティックと言いますか、かなり独特な感性をお持ちなんだろうなぁと。
そんな印象をビシビシ感じながら聴いた本作なんですが……まさにその印象のまま、これはどういうジャンルになるんでしょうか、まったく分かりません。まずはJonnie "Most" DavisにJ. Hill、S. Whiteの三人が製作した「L.E.S. Artistes」で幕開け、う~んなんといえばいいのか、とにかく自由な音作りで、一色ではなく次々と色を変えてゆくカメレオン曲。続いてもJonnie "Most" DavisにJ. Hill、S. Whiteの三人が製作の英国ロックっぽいノリの「You'll Find A Way」、かといってロックの一言では片付けられない深遠さがあるというか、でもその壊れっぷりは大音量で聴くと爽快そのもの。Jay-Z「Brooklyn」でサンプリングされていた“Brooklyn, We Go Hard♪”が飛び出す「Shove It」は、J. HillとDisco DとS. WhiteとSwitchが製作を担当。ハンドクラップにホーンの鳴る音にドカっとなるバスと、本作では最もHip Hopテイストかなと思わせる一曲。援護射撃をかますSpankrockなる男性MC(?)もイイ味出しています、しっかしSantogoldって不思議な歌い方します(民族風)。これまたロック風味のトラックに“あ~~~あ~~♪”なるフレーズがどこかブラジル音楽っぽい「Say Aha」、製作はJ. HillにS. WhiteにSwitch。Santogoldの金切り声に近い“あっあっああーあ♪”で一気にぶっ壊れるSwitchとFreq Nasty共同制作「Creator」、ギュイギュイと捻った音にゲームっぽい電子音の組み合わせはもう中毒性が高いビート(薬物)、それに合わせてSantogoldの殆どラップに近い歌声がビュンビュンと駆け抜ける破壊電子曲。ドロ~っとしたビートにドロ~っとした歌い方で酩酊状態になる「My Superman」はJ. HillとDiploによる共同制作、うんコレはかなり苦手で御座います(笑)。絶えず鳴るベースの弦音にちょっと可愛い系のメロディが絡む「Lights Out」、製作はJ. HillとS. Whiteの二人が担当。「Starstruck」なる曲名からも分かる通り、どこか宇宙との交信をしているかのように近未来的なシンセサイザーが気になる一曲、製作はJ. HillとSwitchとDiploの三人。そのDiploとJ. Hillが製作なんだけど、どこかTimbalandっぽいジャングルビートが癖になる「Unstoppable」なんかは面白い。このトラックはかなり緻密に作られていて聴いていて興味そそられる、このまま誰か一人MCを混ぜ込んでも面白かったのではないでしょうか(我侭)。そんなTimbalandっぽい怪奇趣味(?)が渦巻く「Anne」も面白い、製作はJ. HillとS. WhiteとSwitchなんですがね、こういう癖のあるペコポコ音のするシンセ曲聴くとどうしてもTimbalandが出てきます(先駆者)。と思っていたら次はほんのちょっとThe Neptunesを思わせるアプローチがこれまた変てこな「You'll Find a Way(Switch & Sinden Remix)」が最後に登場、これももう完全に変態的な電子音の連続で、その一撃力はオリジナルを軽く超えています。国内盤にはこれらに加え、風呂場で歌っているようなこもった歌声にメルヘンを感じる「Your Voice」と、これはもう完全Remixなクラブ向けのトランス曲「L.E.S. Artistes(Switch Remix)」なんかが収録されています。

これこそが“ポップミュージック”だとSantogoldは豪語している訳ですが、普通すぎる僕にはそこまで取っ付き易い一枚ではありませんでした(笑)。よほどテンション高い時に、騒いでいるような時に、爆音で掛かればかなり虜になるのかもしれませんね。しかし普段好んで聴くという事はちょっと無いかもしれません、かなり異色な一枚だと僕は思います。好きな人はとことん好きで嵌るかもしれませんね、芸術家肌な方にはお薦めです。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment