RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Mario「Go」
mario-govs.jpg


Marioの通算三作目となる『Go』の御紹介。Marioの新作が出るというニュースを知ってから、一体どれほどの時間が過ぎ去ったでしょうか(疲労)。何があってこんなに発売延期が繰り返されたのか分かりませんが、無事にリリースされたからまだ良しとしましょうか。でもこれだけ待たせたんだから、もうちょっと収録曲数を増やしてくれても良かったんじゃないかなぁとも思ったりします(貪欲)。
まぁ愚痴を言うのはこのぐらいにして……まずはシンセ音が飛び交うひんやりとクールな「Go」で幕開け、製作は聴いて一発でそれと分かるThe Neptunesによる製作曲。それほどパンチがあるって訳ではないけれど、かえってそれが冒頭に相応しい雰囲気なのかなと。「Crying Out For Me」はPollow Da Donによる切ないバラード、ファルセットで柔らかく包み込む様に歌い上げるフックは昇天モノで、どこかJ.Holiday「Bed」を思い出させる空気感。「Skippin'」はTerry "MaddScientist" Thomasが製作を担当、これがまた不思議な空間を持ったトラックで、心地良いも軽めのバウンスに知らずに乗せられる“ぶぶぶん♪ぶぶぶん♪”曲。べコボコった音がじんわり響く悩ましい「Music For Love」はRalph B. Stacyによる製作曲、ここまで艶かしい歌声を聴かせてくれるMarioは本当に若手の中でも随一の実力だなと痛感。Oakなる人物が製作を担当した「Kryptonite」はRich Boyが客演参加、ピアノ旋律を主とした流麗トラックもさることながら、サビでの疾走ぶりがとても素晴らしくて一気に惹き込まれる事間違い無し。Rich Boyもまだ作品は聴いた事ないけれど、なかなか良い味出していますよねぇ。で本作からの先行シングルとしてかなり長い間一人歩きしていた「How Do I Breathe」はStaGate製作曲、これが出た当時はまだStarGate音が光ってたけれど、今となってはもうだいぶStarGate製作曲が出回っているから、価値がちょっと落ちたかも。そういう意味でももっと早くアルバムが完成していればと残念、でも“どうやって生きていけばいいんだ”という切ない失恋を歌った歌詞と甘酸っぱいトラックはやはり素晴らしい出来。「No Definition」はTimbalandによる製作曲、他のアーティストに提供してシングルカットされているトラックに比べると多少劣るものの、それでもTimbalandらしい薄氷のように脆くて涼やかな電子トラックが耳に残る。Oakが再び手掛けたミッドスロウ「Why」、Jasper & Big Reeseが共同制作したこれまたトロリとした世界観に静かに沈みゆく「Lay In My Bed」と抜かり無し。T-WayneとSteeのコンビが製作した「Right And A Wrong Way」はKeith Sweatをカバーした曲、Nellyの提案で実現したらしい(NellyとAvery Stormのクレジット記載がある)ですが、これは完璧ヒットですねぇ、この空気感はKeith Sweat楽曲でないと出なかっただろうし、それでいてMarioの味だからより美味いです(御馳走)。本作で最も(というより唯一か)Hip Hop色の濃い「Let Me Watch」はJuelz Santanaが援護射撃、製作はMr.Collipark(Co製作をSean Garrett)が担当。Mr.Colliparkらしい音の歪みと隙間で生み出される怪しさはもう病みつき、んでもってJuelz Santanaの“あいっ♪あいっ♪”なラップがめちゃカッコイイ、Juelz Santana大好きっす(惚)。最後には南米打楽器の音が敷き詰められた「Do Right」、これは製作をなんとあのAliaune "Akon" Thiamが製作を担当しているんです。これがまたAkon味を程よく抑えて程よく押し出した爽快メッセージソング、こうやって聴くとやはりAkonってのは曲作りが上手いんだなと実感、Marioの“正しい道はひとつしかない”という歌詞が、ズシンと胸に響きます。国内盤の最後にはヒット曲のリメイク(?)「Let Me Love You(Acoustic Version)」を収録、ギター一本で歌い上げるMarioの歌声は引き立って良いけれど……まぁ別に絶対に必要ではなかったかも。

Marioは本当に歌が上手い、踊りも上手いし顔もずいぶんと格好良くなりましたね。僕は個人的にこういう歌って踊れる男性シンガーに弱いんで、Marioも当然のツボで御座います。やはり収録曲数がほんのちょっと少なく感じましたが(あと二曲欲しかった)、それでも充分に聴かせて楽しませてくれる一枚で安心しました。次回作も期待しています、でも延期だけはやめねて下さいね(懇願)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment