RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
213位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
44位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

50 Cent「The Massacre」
50msc.jpg


Curtis Jacksonこと50 Centの通算二作目『The Massacre』を御紹介。“じじじじじ・じ~ゆぅ~にっ!”の掛け声で御馴染み、G-Unitを率いる50 CentはEminemにその才能を見出され鳴り物入りで登場、瞬く間にチャートを席巻しトップMCにまで上り詰めた実力者。敵も多くてJadakissにFat Joe、昔はJay-Zまでも彼を敵対視していたという事で、Eminemに負けじと問題児で御座います。最初は嫌いだったんですが、でも今は50 Cent(以下50と省略)のあのぼけた感じのラップが好みだと気付いてます。
それでは曲目をさらりと触っていきますと……まず言っておきたいのは、僕の好きな曲と嫌いな曲が綺麗に分かれてます、受け付けない曲はなんだか受け付けない(辛口)。まずはその受け付けない曲群からで、早速幕開けの「In My Hood」はあまり好きじゃない、製作はC. StylesとBang Outなるコンビの共同制作です。続くBlack JuelzとSha Money XLが製作した「This Is 50」もあまり好みでない、どうせならBiggieのあの曲を大胆に使って大袈裟に作って欲しかったというのが本音(個人的意見)。師匠であるEminemが製作した「I'm Supposed To Die Tonight」も今一歩、50とEminemトラックは相性抜群の筈、この曲は完全にEminemトラックに問題があると思う。スリリングじゃないし、50のあのフックはいけ好かない(苦言)。期待を裏切られたという意味ではDr.DreとMike Elizondoが共同製作した「Guns Come Out」も面白みに欠ける、敢えてシンプルに太いビートで肉付けしなかったんでしょうが、あまりにシンプルで手抜きに感じてしまいます。と受け付けない曲群はここまで、これら以外は楽しんで聴けますので安心を。シングル曲「Piggy Bank」はNeedlz製作曲、50の凶悪部分が上手く引き出されたGangstaなトラックは流石、JadakissとFat JoeをコケにしたPVも話題になりました。先程は貶しましたが今回はEminemの悪ふざけ部分が上手く溶け出た「Gatman And Robbin」は好き、Eminem得意のジャキジャキなビートもバッチリ疾走しているし、何よりEminemのラップ援護射撃が命中し捲くりです。かなり長い間特大ヒットして聴かない日は無かった「Candy Shop」はScott Storch製作曲、Scott Storch製作の重く響くダークなトラックもセンスが光っているし、G-Unit紅一点のOliviaの歌フックもカッチリ嵌っててグッド。「Get In My Car」はあのHi-Tekが製作を担当、一聴するととてもHi-Tek曲には聴こえないギター爪弾き曲が驚き。僕のツボ一撃必殺なのはDisco D製作の「Ski Mask Way」、サンプリングにThe O'Jays「What Am I Waiting For」使いの埃かぶった音がたまらなくカッコイイ。それは続くCue Beats製作の「A Baltimore Love Thing」も同じで燻し銀な格好良さ、The Dells「I'll Be Waiting There For You」を下敷きにしたこのトラック、途中の50の歌うようなフックも素敵っす。Hi-Tekが再び製作した「Ryder Music」は彼らしい涼しくもソウルを感じる秀逸曲、こういう都会の夜みたいな感じのトラックを50はそつなくこなすんで好きなんです。最初はパッとしないと評判が芳しくなかった「Disco Inferno」(製作はC. StylesとBang Out)も、この一枚に入るとカチッと音が聞こえる程に嵌っててしっくりきます。僕的には最初ピンとこなかったシングル曲「Just A Lil Bit」はScott Storch製作、彼らしいアジアン中近東な音使いで一気に中毒性を増すのが凄い。50のあのぼけた“じゃすたありるびぃ~~♪”フックも思わず口ずさみます(阿呆)。「Position Of Power」はJonathan "J.R." Rottem製作曲、これもどちらかというとメロディ物で僕好み。Scott Storchが製作を担当した「Build You Up」ではJamie Foxxが客演賛歌、バス音とハンドクラップを散りばめたトラックに清涼感と色気を混ぜたJamie Foxxの歌声が昇天の一曲。Eddie Kendricks「Each Day I Cry A Little」を下敷きにしたNeedlz製作の「God Gave Me Style」もメロディ重視でR&B風味、こういう流麗に涼しげな(ちょっと鼻歌っぽい)50のフロウが僕は好きだ。Oliviaの清涼な歌声を存分に活かした「So Amazing」はJonathan "J.R." Rottem製作、納得の仕上がりです。最後を飾る「I Don't Need 'Em」はBuckWildが製作を担当、MixはDr.Dre担当で重く〆ます。

う~ん、最高に良かったかと言われると、そうでもなかったかなと(不完全燃焼)。やはり1stの方が綺麗にまとまっていたし、本作はどれもバラバラで一枚のアルバムとしてはちょっと魅力に欠けていたかなと(厳)。まぁ現代は一曲単位でのヒットが顕著だから仕方のない事なんでしょうが、やはりせっかくのアルバムは全編を通して楽しめたらというのが本音です。50は好きなMCだから、是非とも頑張って頂きたいです。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment