RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
213位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
44位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Keyshia Cole「A Different Me」
Keyshia_Cole_-_A_Different_Me.jpg

黒髪にショートカットと大きくイメージチェンジしたKeyshia Coleの通算三作目となる『A Different Me』を御紹介。その歌声とリアルな人生観にファンの多い彼女、そのダイナマイトボディも圧巻で御座います。“第二のMary J. Blige”と評されるだけあって、順調に作品を発表出来ていますね。
それでは本作の内容に触れてみますと……“今までの私と違う私を見せてあげる♪”と囁いて始まる「A Different Me "Intro"」はReo製作、もう一気にテンション上がります。そのまま流れ込む軽快ファンキー曲「Make Me Over」はPolow Da DonとRon Fairが製作を担当、Tina Turner「Tina's Wish」を下敷きにしたこのファンクチューンでのKeyshia Coleの振る舞いは、『Back To Basics 』の時のChristina Aguileraの如し。煌めきながら軽やかに疾走する「Please Don't Stop」はThe RunnersとRon Fairの共同制作、“あなたの愛を止めないで♪”と歌う詩と、誰にも止められない程の加速度とフックでの鼓動の強さがぴったりマッチしたナイスな一曲(好)。どことな~くほんのりとアジアンテイストなユラユラ感が悩ましい「Erotic」と、その美しさと儚さに思わず胸を締め付けられる「You Complete Me」は、"The-Ron" Feemsterが製作を担当。Amina Harrisなる女性MCをゲストに熱烈な愛を告白する「No Other」はKwame製作(James Poyserも関与)、もっとHip Hop色を濃くしたら面白かったかも。The Outsyders製作の「Oh-Oh, Yeah-Yea」ではあのNasが参加、Nasが登場した途端に空気が変わるから凄い、二人の相性もすこぶる良くてマッタリしながら聴けます(安心)。「Playa Cardz Right」は既出である2Pac「Playa Cardz Right」をKeyshia Cole版に変えたもの、製作は Ivan "Orthodox" BariasとCarvin "Ransum" Haggins、そしてRon Fairの三人。2Pacの声って時に武骨で男臭いんですが、こういう流麗メロウなトラックには泣き節で聴こえてくる、とても不思議な魅力を持っていますよねぇ(感嘆)。吐息混じりの歌声に思わずウットリしてしまう恍惚の「Brand New」、製作はどうやらKeyshia Cole自身の様です。「Thought You Should Know」ではあのTankとRon Fairによる共同制作、Tankの歌声がちょっぴり絡んだら嬉しかったケド(我侭)。柔らかな木漏れ日が差すような心地良さのアコースティック曲「This Is Us」は、Ron FairとJason T. Miller共同制作のラヴソング(惚)。「Where This Love Could End Up」「Beautiful Music」はPoke & ToneのTrack Mastersが製作を担当、ちなみに前者ではThe Are、後者ではSupanadorが共に製作に携わっています。最近またTrack Mastersの名前を見るのは嬉しい限り、きちんと良い曲作っていますしね(玄人)。でもやはり本作の注目曲はToxic Donald AlfordとRon Fair共同制作の「Trust」、あのMonicaとのデュエット曲なのです(感動)。ストリングスとピアノ旋律があまりに美しい繊細メロディの上を、Keyshia ColeとMonicaの歌声が感情高まりながら、どんどん昇天していくんです……その熱にすぐに失神しそうになります、本当にどちらも歌が上手で(当然ですが)その掛け合いは極上で御座います(逸品)。

Keyshia Coleの歌ヂカラを存分に感じられる、本作もそんな歌アルバムとなっています(拍手)。Monicaとのデュエットが特に良かった、Nasや2Pacとの共演も良かったけれど、あえてシンガーとのコラボ曲をやったら良かったかもしれませんね。ほぼ全曲にRon Fairが絡む事で、いつものKeyshia Cole色は健在でした。そういう意味では“いつもの私と違う私”を、僕は見つけられなかった気がします、まぁいつものKeyshia Coleで充分と素敵だから良いのですが。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment