RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Musiq Soulchild「Onmyradio」
On_My_Radiomuiq.jpg

Philadelphia出身の本格派シンガーMusiq Soulchildの通算五作目となる『Onmyradio』を御紹介。いつも聴き手の期待通りに良作をドロップしてくれるMusiq Soulchild、本作も余裕たっぷりの佇まいなジャケットがなんとも頼もしい限りで御座います。ジャケットのパッと見でちょっと痩せたかなぁと思ったんですが、中のジャケットワーク見たらいつもの丸顔で安心しました(笑)。
それでは本作にはどんな楽曲が収録されているかというと……まずはThe Fat Boys「Human Beat Box」をサンプリングした軽快なノリが心地良い「Backagain」、製作は御馴染みWarryn "Baby Dubb" Campbellが担当(MixにLarry Goldが関与)。続いてもWarryn "Baby Dubb" Campbellが製作したThe Gap Band「You Can Count On Me」をサンプリングした「Until」、これもジャカジャカ鳴りながらもどこかオールディーズなソウルの匂いがたまらなく良い一曲。Ivan "Orthodox" BariasとCalvin "Ransum" Hagginsの屈強タッグが製作の「Deserveumore」は、幾重にも重ねられ追いかけられるMusiq Soulchildの歌声が、ゆっくりと夢の世界へと誘う優美な一曲で、これぞ正にMusiq Soulchildのサウンドといった感じ。Ivan "Orthodox" BariasとCalvin "Ransum" Hagginsは続いて「Special」も製作、The Neptunesの作るトラックの様なパーカッションの鳴りがアクセント、どことなくシャープながらもThe Neptunesのトラックをもっとまろやかにした感じでそこがイイ。ピアノ鍵盤の旋律が胸奥の切なさを揺さぶる静寂系バラード「Dearjohn」、Warryn "Baby Dubb" Campbell製作という事でどことなく神曲っぽい作り、彼女に別れのメッセージを残す悲しい失恋ソングです(涙)。60~70年代のソウル曲を感じさせる「Loveofmylife」はMusiq SoulchildとWarryn "Baby Dubb" Campbellの共同制作(ソングライティングにAntonio Dixonが参加)、こういう王道なソウル曲が無いと物足らないですよね、レコードを聴いているかのような感覚に陥ります(浸)。バシっと弾くハンドクラップがカチっとした印象を与える疾走曲「Moneyright」はMusiq Soulchild流のエレクトロ嗜好、製作はWarryn "Baby Dubb" Campbellです。Ivan "Orthodox" BariasとCalvin "Ransum" Haggins製作(Co製作にはJames Poyserが参加)の「Someone」なんかはその美しさに溜息が零れる、聴いていて“こんな女性がいれば素敵”と思わず唸ってしまう、そしてそんな女性が現れたら、是非こんな甘~くとろける歌声で感謝を述べたいですね(妄想)。Warryn "Baby Dubb" Campbell製作の「Iwannabe」ではDamian Marleyが参加、ほんのりRaggaeチックなトラックでMusiq Soulchild味がしっかり残っているので思ったより聴き易くて良かった(安心)。Musiq Soulchildと"J.R." Hutsonが共同制作した、繊細でミステリアスなトラックにMusiq Soulchildのファルセット使った歌声が絡みつく「Sobeautiful」では、Musiq Soulchildがフックではデジタル歌声加工しちゃってます。でも鼻に付かない程度で充分に楽しめる、トラックも途中でホーンが鳴ったりと一捻りあって(Musiq Soulchildの裏声と相俟って、どことなくEarth, Wind & Fireっぽい)、僕は結構好きな一曲。最後を飾るのが本作からの先行シングルとなっていた「Radio」、最初この曲を聴いた時に“Musiq Soulchild、どうしたん?”と不安になった方は多数だと思います。今こうやって聴いてもDru Castro製作のサウスっぽいドロッとしたトラックに、Musiq Soulchildの歌声を乗せる必要があったのか……疑問です(笑)。まぁでもなんといっても本作のハイライトは、女王Mary J. Bligeとの濃厚デュエット「Ifuleave」ですね(断言)。Ivan "Orthodox" BariasとCalvin "Ransum" Haggins製作の渋く味わい深い美曲にMary J. Bligeがとてもよく似合う、二人の相性も抜群ですね。

「Radio」以外はいつものMusiq Soulchild節で安心しました(一息)、全12曲というのもコンパクトで聴き易いと思います。革新的な一曲はなかったし突出したバラードも無かったですが、一枚通してゆったり部屋でくつろぎながら聴いたら最適ですね。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment