RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
213位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
44位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Ludacris「Theater Of The Mind」
Theater_of_the_Mind10.jpg

最近俳優としても活躍している、轟音鳴らして聴き手を蹴散らすLudacrisの通算六作目『Theater Of The Mind』を御紹介。Ludacris出演の映画『Max Payne』も大ヒットしている中、きちんと作品もドロップするLudacrisに感謝&敬意。そんな俳優の一面が手伝ってか、本作も映画仕立てをモチーフにした作品となっています(随所)。あとやっぱりLudacrisは以前のアフロよりも、この刈った坊主頭の方が断然カッコイイ(男前)。とまぁここまで書いていれば分かると思いますが、僕はLudacrisかなり好きです、ツボです、だから本作も普通の方以上に待ち遠しくて仕方なかったです(感激)。
そんな僕の大きな期待を背負っている本作ですが……まず豪華過ぎるぐらいの客演陣が目を引きますね、これまでLudacris作品の中でも群を抜いて豪華です。そんな客演陣に喰われずに立ち回れるのか、真価が問われるところ。まずはThe Runners製作の「Intro」で幕を開く訳ですが、ここからもうLudacrisはフルスロットル、旋風起こす早口フロウで聴き手を捲し立てます。ゴングと共にリングインするDon Cannon製作でEdwin Starr「Well Find Away」サンプリングの「Undisputed」では、全てを蹴散らす木っ端ドカンな轟音ラップで最強をアピール(興奮)。トラックこそそこまで派手さはないんですが、Ludacrisの豪腕でかなり跳ねてぶっとく感じます。「Wish You Would」では同郷AtlantaのT.I.と競演、製作はT.I.作品から名を上げたDJ Toompと8Trixが共同で担当。重低音響かすドカドカなトラックに、LudacrisとT.I.がラップを衝突ける涎モノな一曲。「One More Drink」はPoke & ToneのTrack Mastersが担当したキラキラ輝くメロウチューン、客演にT-Painが参加し例のオートチューン使いでよりメロディアスで甘美な世界観を演出する事に成功、良いですねぇ(惚)。The GameとWilly Northpoleが援護射撃するClinton Sparks & Kamau Georges製作の「Call Up The Homies」は、二人には悪いけれどやはりLudacrisに耳を奪われてしまいます(謝罪)。Streetrunner製作のおどろおどろしい「Southern Gangsta」ではRick Ross、Playaz Circle、Ving Rhamesと南部の猛者が駆けつけた男臭い一曲、ここは別にRick Rossのみでも事足りた気もしますが。再びDon Cannonが製作を担当したGladys Knight & The Pips「It Takes A Whole Lotta Man For A Woman Like Me」使いのちょっぴり可愛いトラックが面白くもある「Everybody Hates Chris」、Chris Rockの喋りで挟まれているこの曲も、自信に漲ったLudacrisの独壇場な木っ端ドカンで地面が揺れそう。Rodney "Darkchild" Jerkinsが製作(ソングライティングでSean Garrettが参加)を担当した「What Them Girls Like」は、Chirs BrownとSean Garrettの二人のシンガーが参加。ハンドクラップに東南アジアっぽいメロディだけでも耳にこびり付く感じなのに、そのうえChris Brownのカックカクな機械的な歌声&Sean Garrettの呪文を唱える様な歌声が癖になる一曲。女の子ウケしそうな甘酸っぱくキュートなキャンディー曲「Nasty Girl」は意外やSwizz Beatzが製作、客演にはこういうメロディ物を得意とするPliesが参加。トラックも文句無しだしLudacrisはこういうのも上手い、Pliesも嫌いではないです、がしかしここはPliesでなくSwizz Beatzに参加して欲しかったかも(我侭)。でもこの曲は好きですよ、こういうシュガーチックなトラックも収録されていないと物足らない。Scott Storch製作でJamie Foxxの甘くも味わい深い歌声で一気に昇天してしまう「Contagious」は本作でも独特の存在感、Scott Storchが時折魅せる土臭いソウル曲は良いですねぇ、Ludacrisの撫でるようなラップもさることながら、やはりここではあまりに甘美なJamie Foxxの濃~~い歌声で溶けてしまいます(骨抜)。Wyldfyerなる人物が製作したド派手でスケールのある(途中でEric B. & Rakimが擦られたりしている)トラックがLudacrisに激似合いの「Last Of A Dying Breed」はLil Wayneが援護射撃、ここでのLil Wayneはあのヘロヘロ声を封印してLudacrisばりに唾吐き声張り上げています(珍)。この掛け合いもかなり見もの、LudacrisもLil Wayneもどちらも一歩も引かない個性的なMCの激突で盛り上がる事必至。“Ludacrisはシリアスでもっと評価されるべきMCなのに……”といつも思っている僕の不満を一気に解消してくれたのが「MVP」、なんとあの生ける伝説DJ Premierが製作を担当しているんです(感動)。いかにもPrimoらしい漆黒鋼鉄ビートの上でLudacrisの骨太なラップがドカドカと合体、途中でScratchされているのはNas「Virgo」客演でのLudacrisの声かな。そして僕的に本作のハイライトなのがNasとJay-Zの二大巨頭を同時に召還した「I Do It For Hip Hop」です(鳥肌)、Wyldfyer製作の観衆の声援&ドラムパターン&チュクチュク擦られるScratch&キラキラと輝く音使いのトラックがまず素晴らしい、そのうえLudacrisとNasとJay-Zの三人が“全てはHip Hopの為に”と高らかに叫ぶこの一曲は最高で目頭が熱くなります(感涙)。しっかしこのNasとJay-Zに挟まれても全く互角のLudacrisに、彼のかなりのレヴェル到達を感じました(痛感)。CommonにSpike Lee(!?)を招いた「Do The Right Thang」は9th Wonderが製作、Arthur Verocai「Na Boca Do Sol」を下敷きにしたホーン鳴り回すドラマチックなトラックは流石は9th Wonderの賜物、LudacrisとCommonの掛け合いも意外とすんなり自然でイイ。国内盤にはこれらに加えてボーナストラックを二曲収録、これも絶対に聴き逃せませんから。Billy Paul「Everybody's Breakin' Up」を早回ししたメルヘンチックな「Let's Stay Together」はD.J. PaulとJuicy "J"が製作を担当、Andre HarrisとVidal Davisのコンビが手掛けたいかにもLudacrisなガチャガチャぶっ壊れたビートが病み付きの「Press The Start Button」もカッコイイ、特に後者はLudacrisの木っ端ドカンを心置きなく愉しめます(満足)。

記事中でも触れましたが、Ludacrisはもっと高い評価を受けるべきMCだと僕は思います(激押)。その大声張って叩き潰す様なラップと、独特で愉快なキャラクターから(これはLudacris自身が打ち出した当初のセールスポイント)、ほんの少しイロモノ扱いされている気がします(個人的見解)。でもどんなビートでも乗りこなす(DJ Premierとの相性も抜群でしたし)、実力者(曲者)だと思います。う~~~ん、2008年度Hip Hop部門の第四位としていましたが、こうやって聴き返していると第三位……いや第二位にしても良かった……かも(本作は2008年末発売でした)。まぁでもこれだけ多くの客演陣に囲まれながらも、主演はやはりLudacrisでした(天晴)。次回作は完全に一人で、硬派で真面目なな鉄壁ビートの上で暴れて欲しいです(木端微塵)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment