RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
246位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
50位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 音楽その他  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Camila Cabello「Camila」
Camila_Artwork.jpg

キューバはHavana出身のキュートな歌姫、Camila Cabelloの記念すべきデビューアルバム『Camila』を御紹介。キューバ出身でメキシコとMiamiで育ったというCamila Cabello、彼女といえばそうあのFifth Harmonyの実質センターとして活躍しました。Fifth Harmonyとしては一作目『Fifth Harmony』、そして二作目『Reflection』まで在籍しその後脱退、ソロに転向します。Fifth Harmonyとしても人気が加速している頃でしたし、そんな中で脱退したCamila Cabello(以降はCamilaと省略)は若干悪者だった気もします。そうして強かに水面下で準備を進め、満を持して発表されたのが本作で御座います。
そんなこんなで前置きはお終いにして感想を書いてみると・・・・・・まずはFrank Dukesが制作(Co制作をJarami)した「Never Be The Same」で幕開け、夏の木漏れ日のようにじんわり蒸すようなスロウジャムは、Camiaならではなほろ苦でキュートなヴォーカルにマッチしていて、エキゾチックな気だるさがセクシーな一曲でグッド。同じくFrank Dukesが制作を担当した「All These Years」はジリジリと焦がす陽光のようなアコースティックギターの細い弦音を爪弾くミッドで、Camilaの時に翻るファルセットや熱を放つシャウトが、晴れた島の木陰を潜り光と陰の中を駆け抜けるような、そんなマーブルな色彩と温度が絶妙。Skrillexが制作(Co制作にFrank Dukes)した「She Loves Control」は灼熱の生粋スパイシーチューンながら、その絡みの中にSkrillexらしい鋭さと電撃を加えたトラックで、華やかに情熱的に舞うCamilaのヴォーカルもまた眩しいぐらいに艶。そして本作からの先行シングルで特大ヒットを記録した「Havana」のお出まし、制作はFrank DukesでYoung Thugを客演(御存知Pharrell Williamsもちょっぴりフックで歌っている)した一曲。これまたCamilaの出自を存分に活かしたエキゾチックでじっとり汗ばんだ一曲で、Camilaの悩ましくクネクネと揺れる熱っぽいヴォーカルに茹ってしまう(刺激的)。そんなCamilaのじっとり濡れたヴォーカルに、余計に絡まるYoung Thugの乾いた蜃気楼のように朧げなラップがナイスアクセントで強力。Frank DukesとT-Minusが共同制作した「Inside Out」はポップでカラフルなミッドで、スチールパンみたいな軽く跳ねる音色が可愛くて、小刻みにステップを踏む華麗な歌声に乗ってしまう。本作で最も素晴らしい「Consequences」は、あのEmile Haynieが制作したシンプルなピアノバラードで純朴で凄く沁みる(涙)。Camilaの擦れて囁くような歌声はとても切なく繊細で、日記を1ページ1ページ捲って戻るように響く鍵盤音もまた深々とハートに積もってゆきます。「Real Friends」はまたまたFrank Dukesが制作を担当しており、小気味好く掻き鳴らすスパニッシュっぽいギターが、ささくれのようにエッヂーでやはり感傷的。ひらひらと木枯らしに揺れる秋の街路樹のようなCamilaのヴォーカルが、これまた切なさを引っ張ってくれてセピアにシンクロ。The Futuristicsが制作(Co制作にFrank Dukes)した「Something's Gotta Give」はまたまた壮麗なバラードで、アルバム前半が持つ夏のような熱感とは真逆に、冬の湖のように白んで透明感のあるスロウで身に沁みる。Frank Dukes制作(Co制作をSickdrmuz)の「In The Dark」なんかは、Camilaのヴォーカルがぽっかりと空いた穴にすーっと落ちてゆくような、そういう虚空感が漂う奔放な一曲でそれがエキゾチックに感じたり。やはりFrank Dukesが制作した「Into It」はちょっぴり80年代っぽいポップさに、電子音の端々だけをほんのりジュレ化したのが鮮烈で、これでもかと甘いキュートさを振りまくCamilaにもうメロメロ。

しかし、ここまでの成功を収めるとは僕は思っておらず、その点でCamila Cabelloのあの脱退は正しかったのだなと感服しました。「Havana」での小悪魔みたく悩ましいCamila Cabelloもキュートで好きだけれど、アルバムとしては後半のバラード部の方がすごくしっくりと鼓膜に馴染んだり。主演する映画『シンデレラ』も待たれるCamila Cabello、同じくFifth Harmonyからの刺客Normaniとの生き残りを賭けた対決も楽しみなところ。






スポンサーサイト



テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment