RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
310位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
59位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

The Game「LAX[Deluxe Edition]」
Lax_deluxe_edition10.jpg

いま現在の西海岸を代表する悪童ことThe Gameの通算三作目となる『LAX[Deluxe Edition]』を御紹介。本作を以って引退を宣言しているThe Game、まぁ本当に引退すると思っている方はいないのではないでしょうか(疑問)。The Gameは出てきた途端に大物扱いで、しかも僕が個人的に好きな50 CentとのBeefもあって、どちらかというと敬遠気味なMCなんです。しかし作品はいつもハイクオリティ、その点は僕も認めます。
という訳で本作の出来はいかがなものか……まずはそのボリュームが凄い、全19曲を収録するという力の入れ様、しかし多ければ良いというものではないからですね(静観)。まず驚いたのが「Intro」「Outro」、ここではあのDMXが神への感謝のみを述べる内容、なんて贅沢な起用でしょう。毎度の事ながらゲスト陣が豪華極まりない、そこでゲスト参加曲から触れておきます。まずは西海岸の大先輩Ice Cubとタッグを組んだ「State Of Emergency」、Jonathan "J.R." Rotemが製作した途中で懐かしいウェッサイな音の鳴るトラックは、Ice Cubeに激似合い。Jelly Roll製作の「Bulletproof Diaries」ではRaekwonが参加、一聴するとまるでMobb Deep調の不穏トラックで、Mobb Deepが参加しているのかと思いました。2008年王者(個人的感想)であるLil Wayneが参加した「My Life」はCool & Dreが製作を担当、Birdman「So Tired」をサンプリングした哀愁たっぷりのこの曲で、The Gameは自身の人生を振り返り物思いに耽ります。Lil Wayneのオートチューン使いのフックも印象的、かなり暗いですが。独特な個性を放つシンガーBilalを客演に招いた「Cali Sunshine」はNottz製作、The Dramatics「California Sunshine」をサンプリングした乾いたトラックに、The Gameの殺伐としたラップとBilalの潤いたっぷりなファルセットが交わる一曲。続いてもNottz製作でNewcleus「Jam On It」を下敷きにした「Ya Heard」は破壊王Ludacrisが参加、ちょっぴり奇天烈な電子音の鳴りの中での勝者はLudacris(個人的感想)。こういう静かなトラックでもLudacrisの豪なフロウは活きている、勿論The Gameもカッコイイんですが。「Gentleman's Affair」ではGentlemanを自称するNe-Yoが歌声を披露、Jonathan "J.R." Rotem製作のトラックがあまりにThe Game仕様で暗く、せっかくのNe-Yoの持ち味を消してしまっていると思う。それとは正反対にRaheem DeVaughnの歌声を最大限にまで惹き出した「Touchdown」は素晴らしい(鳥肌)、1500 or Nothin'なる人物がCurtis Mayfield「Right On To The Darkness」を下敷きにした、この囁くような妖しい魅力の漂うトラックはRaheem DeVaughnの歌声にガッチリフィット。しかもこの曲でもThe Gameのラップは格好良く双方ともに輝いているんです、じっとり悩ましくエロい詞の内容も合ってて素敵。久々にScott Storchが製作を担当した「Let Us Live」ではChrisette Micheleが参加、吐息交じりのChrisette MicheleのJazzyな歌声が華を添えています。The Gameが敬意を表しているCommonが渋いラップで登場する「Angel」はKanye Westが製作、Gil Scott Heron & Brian Jackson「Angel Dust」をサンプリングと久々にKanye Westがネタ使い、やはりこれが素晴らしくCommonに負けずThe GameもHip Hopを“Angel”と呼んでコンシャスなラップをかまします(最高)。ベテランLaToya Williamsを招いたErvin "EP" Pope製作の「Never Can Say Goodbye」、下敷きにはThe Isley Brothers「Between the Sheets」とNotorious B.I.G.「Big Poppa」の二曲のクラシック同時使用。Blink 182のTravis BarkerがDrumsで参加した1500 or Nothin'製作(DJ Quikも製作で関与)の「Dope Boys」なんかはトピックなんでしょうが、Rockに疎い僕にはさして衝撃は無かったのが実情。KnobodyとDahoundが共同制作したハンドクラップ散りばめた流麗曲「Game's Pain」は最高にオシャレでカッコイイ、美しくて煌びやかなトラックもさることながら、Keyshia Coleのキラキラ輝くソウルフルな歌声が聴き手を魅了しています(惚)。最後を締め括る「Letter To The King」は鉄人Hi-Tekが製作したThe Juggerz「Memories Of The Traveler」使いのソウル曲、この真っ黒でド渋いトラックではNasが圧倒的な存在感を発揮しています(軍配)。The Game単独曲はCool & Dre製作の「Money」と、DJ Toomp製作の煙たくも危険なギャングチック曲「House Of Pain」の二曲のみ。
とここまでが本編、これとは別に“Deluxe Edition”にはもう一枚ボーナスCDが付いています、これがなかなか強力で聴き逃せない(侮無)。僕の大好きなCool & Dreが製作した「Big Dreams」からして、その鋭くつんざめくシンセサイザーの集中砲火で完璧にヤラれましたから(派手)。続く「Camera Phone」もCool & Dreが製作を担当、客演に再びNe-Yoが参加。先程の不完全燃焼を払拭するNe-Yo流儀のトラックに拍手喝采、Ne-Yoの甘酸っぱくて爽やかな歌声を存分に活かした疾走フックがなんとも素晴らしい。あと「Nice」ではあのIrv Gottiが製作を担当(意外)、せっかくならJa Ruleを召還して頂きたかった(欲張)。でも心なしかThe Gameの唾吐き言葉を叩きつけるラップは、Ja Ruleを彷彿とさせる所がある気が。

これだけの大容量ながらも、一枚通して一定水準を維持した力作に仕上がっており、やはりそこはThe Gameの実力を感じさせられます。しかし敢えて苦言を呈すなら、“コレは!”みたいな一曲(キラーボム)が無かった気がします、ちょっと平坦に感じてしまったのも事実。まぁアルバムは一枚全ての楽曲の流れを通じて評価されるべきなので、そんなのは戯言なのかもしれませんが、突出していて耳を奪われる楽曲というのが無かったかなぁと。あと本作にはJust Blazeが不参加だったので、復帰した際には(絶対に復帰するだろうから)また是非組んで頂きたいです(願望)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment