RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

10 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
264位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
53位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Stalley「New Wave」
1501209733_f5b6e413d94bff53efcad9555bfeaef2.jpg

Ohio出身の長い髭が特徴的な若手MC、Stalleyの通算二作目となる『New Wave』を御紹介。StalleyといえばあのRick Ross率いるMMGに所属し、そのMMGからデビューアルバムとなる良作『Ohio』を出したのも記憶に新しいMC。その後もMMGに所属しながらMixTapeを出し続けていたらしいのですが、二作目となる『New Wave』はなんと通なら唸るReal Talk Ent.からのリリースとなっております。前作『Ohio』は巷ではなぜかあまり話題にならなかったんですが、僕はとても好きでその年の年間Top10で第六位に選出したほどのお気に入り。という訳で本作も全く話題になっていませんでしたが、サクッと購入はしていた次第です。
という訳でなかなか好きなこのアルバムについて徒然なるままに・・・・・・まず本作に関してはブックレットに全くクレジット記載が無いために、Producerやネタ元などが全く不明、なので僕の稚拙な感想のみで突っ走ります(暗中模索)。まずは澄んだ水の中を泳いで揺蕩うような波紋トラックが心地良い「Absence」、Stalleyのラップはとても滑らかで自由度も高く、こういう遊泳感のある曲線的なトラックもそつなく泳ぎ切る技術。表題曲である「New Wave」は彼らしいソウルフルなフレーズを延々と煙たくループしたトラックで、その中でもリフレインさせて共振させるイマドキも感じるStalleyのラップは、絶妙な湿度を保っていて鼓膜にしんなりと馴染む。ドス黒いホーン音をどっぷりと水底に沈めたようなくぐもったサウンドがドープな「Madden 96」も、Stalleyがなかなか水を切るような鋭いラップで進水する様が滑らかで美しい。キャラメルの様にどろりと空気を甘く溶かす「Kevin Hart」もソウルフルで燻し銀でナイスで、そんな黄金色のトラックをStalleyの静かな高温ラップがほろ苦く焦がすのがこれまた美味でたまらない(痺)。ざらざらとした砂利ビートに海風のように湿り気あるサウンドが吹き抜ける「Let's Talk About It」にも、軽やかエアリーで澄んだブルーのようなStalleyのラップはお似合いで、壮麗でいてハードさも兼ね備えた抜け感抜群な好ミッド。と思えばドブドブと濁流に飲まれるような重たいシンセが蠢くトラックに鼓膜も沈んでゆく「Soul Searching」では、どこか錆にも似た鈍色の輝きをザラザラとして放つStalleyのラップがイル。J. Cole辺りを思わせる薄暗くもシャレオツな「Sativa Break」なんかも、夜の帳のようにシンプルな色彩のビートとメロディだけにStalleyの鮮やかなラップスキルが映える一曲。星が瞬く様にメロディがちらちらと輝くのが美しい「Stock Up」も、Stalleyのシルクの様に滑らかなラップはまるで流星群のように滑っていて綺麗の一言に尽きる。最後は夜霧のようなしとやかさとミステリアスなひんやり感が楽しめる「What I Like」で幕切れ、闇夜の遠く彼方で散りゆく打ち上げ花火のようなぼんやりした光度を保つStalleyのラップも神秘的。

いや、確かに地味かもしれませんが、単純にStalleyって格好良いMCの一人だと思うんです。流行スタイルとかとは無縁な王道タイプな分、多分だけれど息の長いMCになるんじゃないかな(予測)。MMGから離脱したのはとても残念ですが、このままソウルフルなトラックを得意としながら悠々と活動して欲しいです。誰か腕のある(そして名の通っている)Producerとガッツリ一枚丸ごと組んで作ったりしたら、話題になるかと思うんだけどな。



スポンサーサイト



テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment