RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

10 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
264位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
53位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Anderson .Paak「Malibu」
Anderson-Park-Malibu-Cover-Billboard-650x650.jpg

あのDr. Dreが惚れ込み突如として出現した新星、Anderson .Paakの記念すべきデビューアルバム『Malibu』を御紹介。CaliforniaはOxnard出身のAnderson .Paakは、黒人と韓国人の間に生まれたのだそう。その昔はSa-RaのメンバーであるShafiq Husaynのアシスタントとして働きながら、ドラムやラップ、歌の活動を始めたのだとか。Knxwledgeと共にやっているグループNxWorriesの「Suede」を聴いて気に入ったDJ Dahiから、進行中のDr. Dreとのプロジェクトに誘われ、そのままあのDr. Dre『Compton』に6曲参加する事になったのだとか。
それではちょこっとだけこの感想を書きたいと思います・・・・・・まずはAnderson .Paakが制作した「The Bird」で幕開け、このメロディとAnderson .Paakの描く柔らかな放物線は、じんわりと沈んでゆくオレンジ色の落陽のような美しさと眩さで素晴らしい。それこそ全編を通して感じるのはAnderson .Paakの海鳥の啼き声のような、潮気を含んだ軽やかなヴォーカルの持つ、彼独特なファンクの心地良さ。「Heart Don't Stand A Chance」はDJ Khalilが制作を担当しており、半ばラップ仕込みで滑走するAnderson .Paakの酸味のあるヴォーカルが最高で、べったりと打ち込むビートに潮風のようなトラックがなびいて鼓膜に絡まるのが気持ち良い。なんとあのMadlibが制作を担当した「The Waters」では、若手の中でもド渋い味わいで突出しているBJ The Chicago Kidが客演参加。ここでも小気味良く乾いて弾けるラップ歌唱を聴かせるAndeson .Paakが最高で、そこにBJ The Chicago Kidがカラメルのような甘美なハーモ二ーを重ねるので極上のビタースウィーツに(美味)。「The Season/Carry Me」は9th WonderとMatthew "Callum Connor" Merisolaが制作を担当、前半はトラックを繊維質に分解してキメ細かに紡いだような感触が面白く、後半はほんのりとレゲエな風味を利かせた濡れた汗も乾く焙煎チューンで、Anderson .Paakの気化熱にも似たヴォーカルが余計にジリジリと鼓膜を灼いてくれる一曲。奏でるギターに跳ねた鍵盤音がなんともスモーキーな「Put Me Thru」はAndesron .Paakが制作、これは途中で多重エフェクトで進行しフローラルな輝きも放つゴスペルっぽい一曲。Pomoが制作した「Am I Wrong」ではSchoolboy Qが客演参加していて、銀色の絢爛な光をキラキラと展開させるディスコブギーなトラックはベタだからこそ最高で、ネオンライトのように妖艶でいてノスタルジックなAnderson .Paakの歌声に、時として奇怪でもあるSchoolboy Qのもはや流星群と化して降り注ぐラップが最高に痺れるアッパー。再び9th Wonderが制作の「Without You」ではRapsodyが客演参加しており、これが9th Wonderらしいソウルネタを粉砕して欠片で装飾品にしたような煌びやかさで、そこにRapsodyのキュートな啖呵ラップが合致した燻し銀なメロウチューン。「Parking Lot」は制作をAnderson .PaakとJose Riosが担当しており、星空を見上げたときに星がちらちらと瞬くようなトラックの華やぎとヴォーカルのシンクロが気持ち良い一曲。「Lite Weight」はこれまた気鋭のKaytranadaが制作を担当しており、浜辺に吹く夜風のように温度が混じったような混濁した感触がサイケさを増幅させた疾風チューン。LIKE制作の「Room In Here」ではThe GameとSonya Eliseが客演参加しており、室内で聴く雨音のようにくぐもって湿ったAnderson .Paakのヴォーカルエフェクトも素晴らしいし、そんな湿り気に絡まるThe Gameのスモーキーなラップがこれまた最高に渋くてグッド。DJ Khalilが再び制作した「Your Prime」は陽光に照らされて青に金色を溶かしたように揺れる海面のようなトラック上を、海鳥のように軽やかに悠々と羽ばたくAndeson .Paakのヴォーカルに乗っかり心地良くなるのみ。聴いた途端にThe Neptunesの仕業かと思ってしまった「Come Down」はまさかのHi-Tekが制作で嬉しい驚き(降臨)、いかにもHi-Tekらしいエッヂーでいて真っ黒で硬質なグルーヴが美しくも突進するトラックが最高で、塩っ辛いAnderson .Paakのヴォーカルにもバッチリとマッチ(融合)。「Silicon Valley」なんとDem Jointzが制作を担当しており、静と動を美しくスウィッチングしたトラックが異常な程に妖艶で、そんな熱の急勾配にもきっちりと対応して、切なく激しくよじれては吸い込み放出するAnderson .Paakの色っぽいヴォーカルに息も絶え絶え(悶絶)。Anderson .PaakとVicky Farewellが共同制作した「Celebrate」のほんわかとした温もりたっぷりのミッドもナイスですし、最後のTalib KweliとTiman Family Choirが客演参加したMatthew "Callum Connor" Merisola制作の「The Dreamer」は、「Get By」の焼き直し的な一曲なのでTalib Kweliと眩く輝いて太陽をも溶かすこの得策以外は有り得ない(笑)。

ハッキリ言います、僕の平成最後の大失敗はどう考えても、このAnderson .Paakの素晴らしさに気付かないまま過ごしてしまった事(恥)。Bilalをこよなく愛する僕は、Bilalを強く愛しているばかりに、Anderson .Paakをふわっと聴いて“Bilalっぽくないか”と思ってあまり聴かずじまいでした。しかし本当に素晴らしいSSWだと今更ながら脱帽しっぱなし、音楽に浸かる時間が極端に少なっていたので、一聴してあんまりだと置きっ放しの状況だったとはいえ、Anderon .Paakの3rd『Ventura』を聴くまで素通りしていたのは、愚の骨頂でした(天邪鬼)。だから『Ventura』から『Oxnard』、そしてこの『Malibu』と遡っていまして、このブログの為に聴き直して本当に心底から気持ち良くなっています。Rap隆盛の今、ソウル/R&Bの救世主になるのはAnderson .Paakでしょうね。


スポンサーサイト



テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment