RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
213位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
44位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Avant「Avant」
aav10.jpg

常にハイクオリティな作品を提供し続けるAvantの通算五作目となる『Avant』を御紹介。このジャケットからしてもう良い匂いプンプン香っていますよねぇ、“かなり良い作品できましたよ、へへへ”的な台詞が聞こえてきそう(笑)。五作目にして自身の名をアルバムタイトルに冠している辺りも、Avantの自信の顕れではないかと僕は考えます。
そんなこんなで早速内容を御紹介致しましょう……まずはShawn "The Black Irishman" Campbell製作の「Sensuality」で幕開け、これがまるでThe Neptunesみたいな宇宙交信曲で、この光線が交錯する様なシンセトラックが個人的には病み付きで御座います。「Perfect Gentleman」は久しぶり、Poke & ToneのTrack Mastersが製作を担当。彼ら得意のサンプリングは無しですが、やはりフックなんかは歯切れがよくその他はメロディラインが美しくて、僕の好きな感じで御座います。「Involve Yourself」は驚き、なんとMr. Colliparkが製作を担当、これがまたHip Hop風味でないんですが、Avantの力強い歌声にハッとさせられる一曲でグッド。Avantの艶やかでしっとりとした歌声であっという間に溶けてしまうラヴバラード「When It Hurts」はAntonio DixonとEric Dawkinsのコンビが製作を担当、“傷つけ合っても、二人はこれまでどおり、変わらずに、熱烈な恋人同士でいられるよね♪”と問いかける破局寸前の恋人達を描いた切ない一曲(胸打)。Avantのねっとりした吐息で幕を開けるセックス曲「Out Of Character」はMr. Colliparkが製作を担当、こういう色気たっぷりの感情昂ぶる夜曲、大好きです(失神寸前)。なんとなくだけどNe-Yoっぽさを感じてしまう甘酸っぱい系統の「Material Things」、奥行きあるトラックの中でポワワンと夢見心地に揺れる「French Pedicure」の二曲はDontae Winslow "The Metaphysician"が製作を担当。唯一のゲスト参加曲であるAntonio DixonとEric Dixon製作の「Attention」はSnoop Doggが参加。これまたちょっぴりコスモチックな電子トラックに、Avantもフックでは声加工して癖のある一曲へと昇華、Snoop Doggの毎度の脱力したズルズルラップがキレイに嵌ってます。“背骨が折れるほど、気持ちよくさせてあげる♪”という生きているうちで絶対に言わないであろう台詞がタイトルの「Break Ya Back」、製作はDontae Winslow "The Metaphysician"が担当。なぞりやすいメロディラインが愛しやすくて可愛らしい「Y.O.U.」はAntonio DixonとEric Dawkinsが製作、優しい温もりに包まれたラヴソングで幸せな気持ちで一杯になりますねぇ(慈愛)。最後にはChristopher Crossの名曲「Sailing」をカバー、多くのシンガーがかばーしているので僕も知っています。製作はAntonio DixonとEric Dawkins、スーッと清涼感&透明感のあるAvantの歌声がどこまでも伸びやかで爽快、Avantにはピッタリのカバーだ思います(納得)。なお国内盤の最後にはボーナストラックとして「Provocative」を収録、Shawn "The Black Irishmen" CampbellとMarshall J. Leathersによる製作チームThe Arkitectsによって製作された近未来的なシンセサイザー駆使のトラックも素晴らしいですが、T-Painばりにロボ声で絡むAvantの歌声も最高に痺れる一曲(最高)。

Avantの歌声がどうも僕は好きな様です、勿論この作品自体もバランス良くて(いま流行りのエッセンスを取り入れながらも、きちんとバラードも聴かせてくれる)、全12曲というコンパクトさも手伝って聴いててダレる事はないと思います。今度はまたしっとりと聴かせるバラードを一杯詰め込んで頂きたい、御馳走様でした。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment