RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
310位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
59位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Lil Uzi Vert「Luv Is Rage 2」
liluzirage20075678659249.jpg

現Hip Hopシーンの新たなファッションアイコン、Lil Uzi Vertの記念すべきメジャーデビューアルバム『Luv Is Rage 2』を御紹介。その小さな身長とカラフルなドレッドヘア、ロックスターを標榜する奇抜でクールなファッションでも注目を集める小さな巨人ことLil Uzi Vert。Philadelphia出身の94年生まれの24歳、本格的にラップを始めたのは20歳前後と言われているみたいですから、あっという間に結果を出している様です。ちなみに名前の由来なのですが、“マシンガンみたいなラップ”という意味の“Uzi”(小型マシンガンの愛称)と“頂点まで真っ直ぐ登りつめる”という意味のVert(ヴァーティカルの略)を合わせたものなのだそう(又聞)。
という訳で薄味な感想を例に漏れず書きますと・・・・・・まずはLil Uzi VertとDon Cannon、Lyle Leduffが共同制作した「Two®︎」でスタート、どことなく漏れ出るようにジワジワと光るスライム状のトラックがなんとも美しくもグロテスク寸前で、だからこそどこか悪戯っぽくウイルス的な感染をするLil Uzi Vertのラップが魅力的。「444+222」はMaaly RawとIke Beatzが共同制作した明滅アッパーで、フックなどは分かり易いリフレインを練り込んだトラップ風も、声色の高低差やマシンガンのごとく的確に撃ち放つLil Uzi Vertのラップ技術で、ザクザクとした食感で美味な中毒曲に仕上がっています。「Sauce It Up」はDon Cannonが単独で制作した鉱石のように硬く輝くゴツゴツした一曲ながら、Lil Uzi Vertのキラキラと輝く研磨された宝石のような24カラットのラップが美しく乱反射するのが見事。またまたDon Cannonが単独制作した「No Sleep Leak」も闇夜のように漆黒のトラックの中を、音波を発しながら器用に怪しく滑空する蝙蝠のようなLil Uzi Vertのラップがダークでカッコイイ(痺)。Ike BeatzとDon Cannonが共同制作した「The Way Life Goes」は、夏の夕暮れに染まる波間のように揺らめくトラックがスウィートなメロウで、ここでもヴォーカルレンジが広くしっかり歌えるLil Uzi Vertの光を水に溶かしたようなフロウが最高に心地良い(賛辞)。ビヨビヨとして弾力のあるグミみたいなシンセが転がる「For Real」はDJ PluggとBobby Kriticalが共同制作、このポップでカラフルで無邪気なトラックの中でじゃれて戯れるウイルスみたいなLil Uzi Vertのラップが気付くと体中を毒し蔓延。「Feeling Mutual」はシンデレラガールことWondagurlが制作を担当しており、グニャグニャと融解する金属のような音色がマーブル模様に広がるトラックは素晴らしく、だからこそウイルスチックに感染に蝕むLil Uzi Vertの無邪気なラップが映えます。Pharrell Williamsが制作&客演した「Neon Guts」なんかもネオンというよりは夜光虫のようなジワジワ妖しい輝きで、Lil Uzi Vertの滑空して散るようなバイ菌ラップもグッド。Maaly Rawが制作した「Early 20 Rager」は淡々と超音波のようなラップを飛ばして反響させる、読経チックな催眠効果抜群な反芻チューン。Jason "DaHeala" QuennevilleとAbel "The Weeknd" Tesfaye、Don Cannon、Maaly Rawが共同制作した「Unfazed」では、濃い夜霧で冷たく夜空を濡らすようにThe Weekndのヴォーカルが響く一曲で、そんなミステリアスでダークな空間でLil Uzi Vertのラップが歪んだ月光のように射すのがクール。「Pretty Mami」はDon Cannonと!llmindが共同制作しており、蝕まれてうなされるようにグルグルと回る微熱トラックに、Lil Uzi Vertのラップが崩壊錠のように溶けてゆくのが鋭利。再びWondagurlが制作を担当した「How To Talk」では、色鮮やかな閃光のような音色が放射線状に散らばり、その閃光に乗っかり花火のように弾けるラップが面白い。Metro BoominとPierre Bourneが共同制作した「X」はどこかトロピカルなスウィートで眩いトラックで、Lil Uzi Vertのラップもドロドロのフルーツジュースのような喉越し(鼓膜越し)でナイス。「Malfunction」は三度目登場のWondagurlが制作でやはりどこか宝石チックな色めきを魅せる電子トラックはラグジュアリーで、変異型のウイルスとなってジワジワと侵食してゆくラップも高揚感を煽ります(病的)。Maaly RawとRex Kudoが共同制作の「Dark Queen」の雨降りのようなウェット感も、TM88とJ.W. Lucasが共同制作の「XO Tour Life3」の天体観測のような光の瞬きも、ピッチを自在に変化させ聴き手の細胞を愉快に破壊するLil Uzi Vertの新種ウイルスラップが最高に痛快。D. Rich制作の「Skir Skirr」はトラックからしてもう酩酊状態にさせられる平衡感覚麻痺の一曲で、ビートを少し外しながらも気持ちよくフロウで蝕むLil Uzi Vertがやはり巧者。TM88が制作(Co制作をS1)の「Loaded」は鉱石ビートに共鳴して輝くラップが幻想的で、Bobby Kriticalが制作の「Diamonds All On My Wrist」はボトボトと重たく鳴る重油系のビートがタフでカッコイイ。Honorable C.N.O.T.E.が制作した「20 Min」はR&Bマナーなねっとりと甘い音色が寝られたミルキーミッドで、光をも培養するヴォーカルがなかなかイケるLil Uzi Vertにただ身と鼓膜を任せるばかりです(遊泳)。

本当に全く期待しておらず、最近流行りの有象無象の中の一人だと舐めていたLil Uzi Vert。しかし、どうやら最近になって流行のトラップスタイルのラップに移行したらしい彼の、それだけに止まらない変幻自在なフロウの虜になってしまいました(謝罪)。結局は昨年度の年間Top10でも、第七位にランクインさせた程のお気に入りとなったアルバムで御座います。異論はあるだろうけれど僕的には、全盛期ちょっと前のLil Wayneを聴いた時の感覚に近い刺激がありました(厳密に言うとLil Wayne『Tha Carter』から『Tha Carter II』頃)。








スポンサーサイト



テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment