RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
264位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
54位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

Tank「Savage」
tanksavagecov.jpg

R&B界きっての肉体派SSW、Tankの通算八作目となる『Savage』を御紹介。もうとにかく男性ホルモンを放出するのがこのTankで、性スキャンダルで表舞台から姿を消しそうなR. Kellyとは違ったクリーンなエロスで存在感を発揮し続けています。前作『Sex Love & Pain II』よりおよそ一年ぐらいのスパンで届いた本作、本作ではいつも魅せてくれている逞しい裸体を封印してのジャケット、という事でなぜか少し不安を覚える僕がいました(笑)。
それではそんな不安は的中したのか感想を書くと・・・・・・まずはJovan J. DawkinsにBangerz、Jevon Hill、Stanley Green, Jr.が共同制作した表題曲「Savage」でスタート。まるでガラス片のように尖って不安定な寝音色を束ねたひんやりと冷たいミッドで、低く唸るように響くTankの静かなヴォーカルがひりひりとした獣感を漂わせていてグッド。SlikkMuzikが制作を担当した「Everything」では、Trey SongzとLudacrisが客演参加。Tankに客演は基本要らないと思っているし、こういう時には必ずChris Brownが起用されていたけれど、今回はエロス継承者としてTrey Songzを起用したのが抜群に良い(興奮)。 ゆっくりと深く深くグラインドするトラックは女性的の肉感ににも似てふくよかで残酷で。熱に反応して汗ばみ濡れるTankとTrey Songzのヴォーカルも相性抜群ですし、Ludacrisの骨太ながらエロく曲線をスラップするようなラップもバッチリ。同じくSlikkMuzikとJustin Lyonsが共同で制作を担当した「Do For Me」は、真っ暗な浴室でバシャバシャと浴びるシャワーのように、ほんのり騒々しく交錯し飛沫をあげる音色がセクシーで、だからこそ太くてしなやかなTankの筋張ったヴォーカルがより美しく際立ちます。なぜだかびしょ濡れで雫を滴らせたアコースティックギターの音色が凛と響く、美しくも幻想的な濡れミッド「Only One」は、SilkkMuzikとJustin LyonsとJeremy Haristonが共同制作。このギターと雫ならば普通ボタニカルになるところ、Tankはきっちりと女性の濡れ髪のような線の細さと熱気に変換、ちょっぴりエコーのかかったTankのヴォーカルが余計に愛で濡れた浴室を彷彿とさせてたまらなく切なくエロい(悶)。Cardiakが制作を担当した「You Belong To Me」は真夏の夜風みたく熱が冷めてゆくような感覚に似たミッドで、夜明け前にも似た透き通るようなブルーを放ちます。ファルセットを翻して颯爽と吹き抜けるTankのヴォーカルは稀有で、ここまでエアリーなTankは聴いたことがないくらい。SlikkMuzikとJustin Lyonsが共同制作した「Good Things」では、Candice Boydが客演参加。まるで高級ホテルの浴室にムラムラと立ち込めるスチームと、石鹸と汗の匂いが混じったような生温かな艶やかさが素晴らしく、筋骨隆々でしとやかに愛撫するように優しいTankのヴォーカルと、それに呼応して曲線を描いて絡み付くCandice Boydの色っぽいヴォーカルも綺麗。CardiakとSwiff Dが共同制作したド直球な「Sexy」は、重ねた体がどんどん深く沈んでゆくように波打ち鼓動を打ち、そんなトラックに思わず仰け反りたくなること必至(昇天)。どこか捩れて喘ぐように高く鳴り響くTankのヴォーカルがまたなんとも官能的で、男性の僕でも高揚してしまう悶絶スロウジャムで素晴らしい(絶賛)。静寂とビートの対比がまるで、真夜中に秒針の音を聴くような、少しチクリとした感触に似た、Cardiakが制作の「When We」。汗と愛液がじんわりと熱で浮かされて溶け合うようなトラックが夜空をゆっくりと青白く燃やす、Tankでしか表現し得ないであろう濃密で官能的なスロウジャム(溜息)。低く濃厚ビターなTankの歌声がしとやかに優しく性感帯を刺激する「F It Up」、激しく甘い情事を終えて朝焼けに照らされて目覚めるような淡い色彩と、細く射し込む朝陽のように眩い煌びやかなTnakのファルセットがたまらない「Nothing On」と、この二曲のみがTank自身による制作。最後を飾るのはDa Internzが制作し、客演にJ. Valentineが参加した、度数の高いアルコールのように灼けたミッド「Stay Where You Are」。最後の最後にこのブルージーさが鼓膜にやけに沁みて、男の慕情をじわじわとくすぐるのがナイスです。

R&Bに不可欠な要素にやはり情事やエロスというものがありまして、それをバッチリ体現し芸術にしているのがTank。真夜中の濡れた浴室のようなエコーと湿度を、Tankの筋骨隆々なヴォーカルがその熱とフェロモンで蒸発させ、その時に生じる色香と音色がTankの音楽を構築しています(痺)。毎度と不思議に思うのは、聴いている僕は男性なのに、どうしてかTankのセクシーさは鼓膜に突き刺さり抜けないという点(笑)。とにかくやはりマッチョとエロスは切って離せないことを実証し続ける、Tankの通常運転の傑作でした。






スポンサーサイト



テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

最近全く
R&B聴かないので,Queenさんのブログ参考になります。
記事のPV「When we」のあからさまなエロスなリリックに赤面してしまいました。先日友人から勧められて聴いたSZA ft ケンドリックラマーの曲も卑猥でびっくりしたんですが,今のR&Bは随分フィジカルなんですね。勉強になります(汗)
とは言え,リミックスの方のPVので出しの高温でやられるし,Tank自身の歌い上げすぎない抑えたボーカルいいですね。
わーーーやはり卑猥なのですね(笑)。
僕は全く英語が分からないので、ただただ聴いた感触だけで、艶かしいしっとり感を味わっておりましたが。。。
いつか英語詞の訳をお願い致します!
いつか、SZAのアルバムの感想も書きたいし、かにこさんが書いてくれたらば、バッチリ読みます!!!

Leave a Comment