RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
347位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
66位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Tamar Braxton「Bluebird Of Happiness」
tamarblue.jpg

もはや姉超えを果たしそうな勢いの、Tamar Braxtonの通算四作目となる『Bluebird Of Happiness』を御紹介。これほどデビューから長い期間を経てから、バシバシと作品をドロップ出来るシンガーも稀なのではないでしょうか。あのToni Braxtonと姉妹な訳ですから歌声は抜群な訳で、その姉が不在の期間を埋めるようにしてTamar Braxtonがガンガン活躍してくれています。銀と青が混じったようにして輝く青い鳥Tamar Braxtonのジャケットも素晴らしいですね、もっと顔が見えても良かった気がしますが。
それではちょっくら感想を書いてみたいなと思いますね・・・・・・まずはJavon HillとStanly Blackが制作した「My Forever」で幕開け、もうこれでもかというぐらいに光の粒を撒き散らしたトラックがラグジュアリーで高貴で、そこになんとも優雅でフローラルなTamar Braxtonの歌声が芳しく響くのにもうウットリ(酔)。Yonni制作の「Wanna Love You Boy」ではRobin Thicke「Wanna Love You Girl」をネタ使い、光を幾重にもスライスして舞わせたように展開するトラックはシャンパンゴールドで御洒落ソウルフル、Tamar Braxtonの艶やかに照り輝くヴォーカルにマッチング。レゲエネタとしてはもう鉄板になりつつあるSister Nancy「Bam Bam」をサンプリングした「Run Run」はTroy TaylorとBridgetownが共同制作、灼熱感をだいぶ和らげた木陰ほどの温度感も心地良いし、そんな柔らかなバウンスに乗せて揺れて弾むフックも面白い。Donald "HAZEL" Salesが制作した「Hol' Up」ではYo Gottiが客演参加、まるで角切りフルーツを盛ったようなトロピカルなサウンドが甘酸っぱく美味ですし、そこになんともジューシーなTamar Braxtonの歌声が滴るのも、皮ごとぎゅっと絞ったように少し苦味も混じったYo Gottiのラップもナイスアクセント(最近のこういう明度の高いトラックでのYo Gottiの乗り方はツボ)。「The Makings Of You」はなんとRodney "Darkchild" JerkinsとReezyTunezが共同制作し、サンプリングにはCurtis Mayfield「The Makings of You」を美しく使用。原曲の持つあの芳醇で気品溢れる醸造酒のような色合いがまろやかに輝くし、Tamar Braxtonのじっくりこっくりと深みのある艶美なヴォーカルが溶けてきめ細やかに泡立つのもたまりません(酩酊)。同じくRodney "Darkchild" Jerkinsが制作を担当したピアノバラード「Heart In My Hands」は、真夜中の空に舞い降る綿雪を見上げた時のあの、黒に混じって純白が体を包んでゆくような、そんな疾走にも似た切なさがこみ上げる美曲。「Blind」もRodney Jerkinsが制作を担当しており、これは最近の彼の十八番であるゴルペル趣味を眩く鋭く閃光させた一曲。「My Man」はBob Robinsonが制作を担当、またこの陽が静かに落ちて夜が更けてゆく様な、ゆっくりと進行してゆくトラックは最高の一言で、そんな夜のしとやかさにシンクロして上品に濡れるTamar Braxtonのヴォーカルが最高に官能的です(痺)。Evelyn "Champagne" King「Love Come Down」をサンプリングした「Pick Me Up」はTroy Taylorと$Kが共同制作、このトラックも原曲の持つフルーティでジューシーな味わいを抜群に際立たせてフレッシュ、こうなるとTamar Braxtonのディープな歌声も甘酸っぱくなって鼓膜もゴクゴク飲み干せてしまう(潤)。「How I Feel」はこれまた鉄人のDamon Thomasが制作を担当した純白のピアノバラード、Tamar Braxtonの歌声もまるでガラス工芸品のように青白く繊細に輝きます。最後を飾るのもピアノ演奏のみでじっくり聴かせるVincent Berry II制作の「Empty Boxes」、ただただ深々と降る鍵盤音は雨上がりのよう、ここで遂にTamar Braxtonは美しき青い鳥となって羽ばたいて青空へ飛び立ちます(幻想的)。

さすがの安定感で悪く言えば可も無く不可も無く、ですがそれこそが美徳でもある気がします(矛盾)。僕みたいな三十路のリスナーからするとRodney Jerkins制作曲が数曲あるだけでも聴く価値アリかもしれません、全盛期には劣るのかもしれませんが。とは言えやはりTamar Braxtonの、パツパツに張って肉厚で、高低差が姉以上にありそうなその歌声もやはりナイス。という訳でこれも結局は必携盤、Toni Braxtonの新作と共に次回作も期待しています。




スポンサーサイト



テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment