RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
246位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
50位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Wyclef Jean「Carnival III : The Fall And Rise Of A Refugee」
100.jpg

伝説的なグループThe Fugeesのリーダーであり優れたProducer、Wyclef Jeanの通算七作目となる『Carnival III : The Fall And Rise Of A Refugee』を御紹介。Wyclef Jeanの本作は実は昨年リリースされているのですが、昨年はEPでこそありますが『J'ouvert』もリリースしていたので、本当にパワフルな一年だったかと思います。そもそもから『J'ouvert』は前哨戦的な作品だと公言していた訳ですが、すっごく出来も良かったのでそんな添え物だとはつゆとも思わず。そんな訳でなんだかんだで買ってしまうのがWyclef Jean、本当にがっつりとアルバム一枚を届けてくれてました。
それではザクザクとした粗忽な感想で申し訳ないのですが・・・・・・まずはBranden "Wavie Boi" Washingtonが制作(Wyclef JeanがCo制作)した「Slums」で幕開け、客演にはJazzy ArmaにH1DaHook、Marx Solvilaが参加。Wyclef Jeanのなんとも煙たくてブルージーなヴォーカルが充満し、鼓膜をヒリヒリと燻してくるのがド渋くて重厚でグッド。Chris "Flict" Aparriが制作を担当したカリビアン嗜好なトロピカルミッド「Turn Me God」、音少なくもギターを爪弾き木工ビートを鳴らすトラックがどこか長閑で心和みます。Wyclef Jean制作(Co制作をAlberto Vaccarino)の「Borrowed Time」は淀みなく晴れた雨上がりのように、純粋に煌めきすべてを温める陽光のような眩さがとても綺麗で、晴れ間に虹が架かるように鮮やかで優美なWyclef Jeanの歌声にホッコリ癒されます。「Fela Kuti」はSupah Marioなる人物が制作を担当しており、バリバリと裂けて弾けて鳴る塩気たっぷりなホーンがアクセントのソカっぽい曲で、そんな情熱的なトラック上で茹だるように熱気ムンムンなヴォーカルを炸裂させるWyclef Jeanが憎い(笑)。Sidney Swift制作(Co制作をMotiv)の「Warrior」ではT-Babyが客演参加、溜めてステップを蹴り出すようなカルメン調のトラックに、鮮烈なWyclef Jeanのシャウトが弾けて悶絶させられるスパイシーな一曲。Wyclef Jean制作の「Shotta Boys」ではStixが客演参加しており、現行のトラップチューンをWyclef Jeanらしくキッチリ焙煎して苦味を足した作りで最高に面白いし、こうなると他のトラップ曲とは全く違ってドクドクと鼓膜にドリップされてギンギン冴えます(興奮)。Wyclef Jean制作の「Double Dutch」なんかもやはりWyclef Jean節炸裂な妖しげなネオンアッパーで、電極繋ぎまくりで通電し明滅するトラックがギザギザで、その閃光の中でマッタリと歌って微睡むWiclef Jeanの佇まいに痺れる。Lunch Money LewisとThe Knocksが揃って客演参加した「What Happend To Love」はThe Knocksが制作を担当、これがまた風に乗せて潮の香りを楽しむようなクリアブルーに輝く爽快な一曲。聴いているだけで踊り出したくなること必至ですし、水飛沫を上げてクラッシュするようなWyclef Jeanの泳ぐヴォーカルも最高に心地良いんです。Wyclef Jean制作でなんとあのEmeli Sandeが客演参加した「Carry On」はもう天国へと召された気持ちになる壮麗スロウジャムで、Emeli Sandeの神々しい歌声とWyclef Jeanの芳醇で優しい歌声とが、キラキラと乱反射してははらりと涙を誘う美曲(溜息)。Wyclef JeanとBranden "Wavie Boi" Washingtonが共同制作した「Concrete Rose」では、IzolanとHannah Eggenが客演参加し、バフーンと噴き出すホーンの音色と砂利ビートを敷き詰めたトラックは土着的でありつつフューチャリスティックで、その中でエスニックな味わいのマイクリレーが熱波のように押し寄せるのがカッコイイ。同じくWyclef JeanとBranden "Wavie Boi" Washingtonが共同制作した、Celia Cruz「Por Si Acaso No Regreso」をサンプリングしたラテン調の「Trapcabana」も面白くて、Wyclef Jeanが優れたラッパーである事を痛感できる地中海ソルトなフロウでバッチリと美味。最後はWyclef Jean制作の眩くキュートなゴスペルライクなピアノバラード「Thank God For The Culture」、最後まで指揮者としての才能を遺憾なく発揮するWyclef Jeanの、Kanye Westも真っ青な神様っぷりに拍手喝采。

ごくたまーに聴きたくなるあのWyclef Jeanの歌声、僕的には『J'ouvert』の方がお気に入りではあるのですが、それでも粒揃いで色々と発見のある一枚なのは流石の一言。Producerとしてももっと評価されていい気がするし、これだけの人物なのにThe Fugeesを再結成できないのが本当に残念。絶対に買わなきゃ、とまでは言えなくても聴かないのは損な気もする不思議な一枚で御座います。




スポンサーサイト



テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment