RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
246位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
50位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

Krayzie Bone「Eternal Legend」
Eternal-Legend-Krayzie-Bone.jpg

90年代を席巻したBone Thugs-N-Harmonyの長身痩躯、Krazyzie Boneのソロ通算五作目となる『Eternal Legend』を御紹介。メロディアスに早口でラップを紡ぐ集団Bone Thugs-N-Harmony、いまだかつてこの様なグループは無いですし、だからこそ今でも彼らは愛され続けている訳で。そのメンバーの中でも群を抜いて客演依頼が多いのは、このKrayzie Boneで御座います(他のメンバーが収監されたりするのも要因かも)。ここ最近でもBone Thugs-N-Harmonyの動きも活発になりつつあるし、昨年はBizzy Boneとのユニット作もリリースするなど精力的なKrayzie Boneでございます。そんなユニット活動と並行してリリースされたのが(他にもYoung Nobleとのユニット作も出した!)、このアルバムで御座います。
さてさて、それではどんなアルバムになっているか僕の言葉で・・・・・・まず制作に関して先に述べると、全曲の制作にはReal Talk Ent.とレーベル名のみ記載されていて詳細は不明、ネタ元なんかも全く分かりません。まずはそれこそ熟成した甘味ソウル曲をサンプリングしていそうな「Make You Wanna Get High」で幕開け、紫煙のようにまったりと空間内を漂い充満するような白んだトラックに、Krayzie Boneのきめ細かにメロディを紡ぐラップも良いし、尻上がりに上がってゆくフックもまるで虚空に消えゆく紫煙のようで美しい。90年代のラップミュージックみたいなスッキリと酸味のある燻し銀なソウルアッパー「On My Kray Shit」は、三十路のリスナーにはもうたまらない仕上がりで、ダダダダダダダダと散弾しながらも鼓膜の痛点を完璧に撃ち抜く、Krayzie Boneの速射式のラップが乾いて響くのも効果的。冷たい金属のようにキーンと鋭く響くトラックがなんとも鋭利な「Stuck In My Ways」では、やんわりと抜けたKrayzie Boneのラップがまるで氷雨のようにぽつぽつと降りしきるのが良いし、客演参加のYoung Nobleのゴリッと剛力なラップは雷鳴のようでまた渋い。約30秒のアカペラ「Thug Mode」でも、もうKrayzie Boneのラップが秒速でいてメロディを奏でているのが痛感できてイイ。ここ最近のトラックに噛み合う暗澹ダウナーでいて、ビートを無機質にボトボトとドリップした「This Is Real Life」も超イルで、Krayzie Boneの緩急自在にして撃ち込む意識の奥底へと言葉の弾丸を埋没させるラップに浸食必至。どちらかというとNellyが得意にしそうな爽やかなメロディポップ「Let Me Learn」も最高にツボで、まるで朝焼けみたいにキラキラと眩くて澄んだメロディに、白い息を吐いて朝陽に溶かすようなKrayzie Boneの滲んで鮮やかなラップが心に沁みます(感涙)。ゆっくりと沈んでゆくように漆黒ドープでスリリングな「Apparently」も、Krayzie Boneのさらりと翻し羽ばたくラップが軽やかさを足して聴き易く調合しています。Krayzie Boneのビターなフロウが弧を描いて地平線に消えゆく「Those Kind Of Words」もドラマチックで、まるで漆黒の夜空にギラギラと銀色の星を瞬かせるように、Krayzie Boneのラップが煌めき転回するのが幻想的。再びYoung Nobleが客演参加した「Eternal Fight」はヒリヒリと痛ましいコーラスが響くコロッセオチューンで、刺々しくも逞しいKrayzie Bone(技)とYoung Noble(力)の衝突がまたまた劇的。最後を飾るのは涙無しでは聴く事の出来ない淡いメロウチューン「If U Could See Me Now」、まるで雨上がりのような湿り気を漂わせて鼓膜を揺らすトラックもさることながら、やはりその湿度を保ちつつ温もりをじんわりと伝えるKrayzie Boneの雨上がりの空に似た鮮やかさがたまりません(胸打)。

Bone Thugs-N-Harmonyと名乗るのだから、当然とメンバーでのあの早口流麗なハーモニーラップが一番の魅力でもあり、その点では各自ソロを聴くと寂しくあるのも否めない。しかし、Krayzie Bone一人でもやはりそのメロディアスさはくっきりと顕在で、この低音で男前な鋭利フロウは誰にも真似出来ない伝家の宝刀で御座います。もっとゴリゴリに攻めたKrayzie Boneも聴きたいなとは思うけれど、このアルバムも程よくメロウも混じっていて単純に好きです。




スポンサーサイト



テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

お久しぶりです
時々こっそり伺って楽しませて頂いてます。
懐かしい!流石ベテランの安定のラップで安心して聴けますね。Queenさんのこの記事で気になって調べたら,来週ツアーで私の住むニューオリンズにBone thug n homonyで来るようです!急だから多分旦那仕事なはずですが,誘ってみます!
わあーーーかにこさん!お久しぶりです!!!
僕自身がブログとかから遠ざかってしまい、かにこさんのブログなんかもなかなか遊びに行けていない状況で、申し訳ないです。。。
こうしてかにこさんにコメント頂けたので、極稀にでもブログを更新していて、よかったなと喜んでいます。
BTNHのライブ、行けたらいいですね!
というか本当に羨ましい、生で観られる機会がありそうだなんて!
やっぱり抜群の安定感とあのメロディアスさ、Krazie Boneはルックスもなんだか恰好良さそうだから、生で観たら教えて下さいね!!

Leave a Comment