RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
347位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
66位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Freeway「Free At Last」
freeway-falcovs.jpg


Freeway待望の通算二作目『Free At Last』を御紹介。僕はJay-ZファンなんでRoc-A-Fella支持派、なのでMemphis BleekもBeanie SigelもYoung Gunzもまぁ好きは好きなんですがRoc-A-Fella有りきな感じは否めないんです。がしかしこのFreewayは違います、彼は一人のMCとしてかなり好きなんです、惚れてます、彼のラップ(声)はめちゃキャラが立ってて、他のMCにも引けを取らないです(屈強)。そんなFreewayだからこそExective RroducerにあのJay-Zに加え、50 Centが加わった(でも結局クレジットには無いからなくなったみたいだけど)のでしょうねぇ。Freewayファンとしては本当に待望の二作目、気合入ってます。
それでは内容をガツンと気合入れて触れると……まずはFloetryの片割れであるMarsha Ambrosiusが歌声を披露する「This Can't Be Real」で幕開け、これがまた埃っぽくも美しい大人の男なトラックで最高、製作はIvan "Orthodox" BariasとCarvin "Ransum" Hagginsだから納得です。Marsha Ambrosiusも良い味出してます、今までで一番良い客演だったと思います(個人的見解)。「It's Over」ではJake Oneなる人物がDavid Porter「I'm Afraid The Masquerade Is Over」を下敷きにホーンの効いたトラックを提供、途中でのJay-Zの声スクラッチが絶妙なスパイスに。「Still Got Love」は僕が敬愛するB!nkによる製作曲、ここではサンプリング使われていないんですがこれまたどこかソウルフルな感傷的トラックが心揺さぶります(痺)。そして本作からの先行シングルとなった「Roc-A-Fella Billionaires」の登場、Roc-A-FellaのボスであるJay-Zが援護射撃の爆弾チューン。Dame Grease製作の映画『Sweet Charity』から声を抜き出したバキバキと突き進むトラックも硬くて好きだし、なんといってもJay-ZとFreewayの掛け合いが素晴らしい、Jiggaの“じじじじじじじぃ~♪”は絶対に一緒に歌ってますからね(合体)。またまたB!nkが製作したソウルフル過ぎる(Freewayの詩もカッコイイ)「When They Remember」は流石の仕上がり(超一級)、Gladys Knight & The Pips「The Way We Were」を下敷き(早回し)にしたトラックは完全に僕好みで最高です(壺)。”J.R." Rotemが製作を担当した(Vocal製作はIvan "Orthodox" BariasとCarvin "Ransum" Hagginsのコンビ)「Take It To The Top」、ここでやっと噂の50 Centがゲストとして登場。これがキラった電子音の交錯するフェロモントラックで本作では絶妙な隠し味、50 Centのぼけた歌フックも素敵で痺れます、僕はやっぱり50 Centのボーカル好きですよ(絶賛)。「Reppin' The Streets」はChad "Wes" Hamiltonが製作を担当した木漏れ日曲、中身はストリートに捧げた荒れた内容ながらもThe Soul Children「I'll Be The Other Woman」を下敷きにしたメロウ曲があたたかい。Double O.が製作した「Free At Last」も泣きのメロウ曲、サンプリングにDavid Oliver「I Wanna Write You A Love Song」を使用。そして続いても、冒頭から古く埃っぽいソウル曲で胸を熱くさせてくれる「Baby Don't Do It」、Chad "Wes" HamiltonがWillie Hutch「Overture Of Foxy Brown」をサンプリングしたこのトラックは素晴らしいですね(感嘆)。しかもこの曲に華を添えるのがMr.ソウルフルことScarfaceですからね(失神寸前)、間違いないですよね。鳴り響く電子ピアノ音がシリアスな印象を与える「Nuttin' On Me」はNeedlz製作、これにも50 Centが参加したら面白かったかも。Don Cannon製作の漆黒の「Walk Wit Me」ではBusta RhymesとJadakissと通にはたまらない人選でFreewayに感謝(涙)、特に僕はどちらも大好きなMCなんで鳥肌立ちました、Busta RhymesもJadakissもバッチリがつんとキメてくれています(破壊)。Rick Rossが参加した「Lights Get Low」はかなり久々に名前を見るCool & Dreが製作を担当、僕は彼らの創る音好きなんで個人的にはかなりテンション上がりました。軽く浮つく電子音がFreewayなら、低く歪んだ電子音はRick Ross、二人のラップの絡みはなかなか、途中で挟まるDreの歌声もなかなか乙ですな。最後を締め括る「I Cry」はDJ Noodles製作曲、Millie Jackson「I Cry」を下敷きにしたトラックは今一歩に感じますが、今までの罪を懺悔するFreewayの詩には胸打たれます。

これは素晴らしい仕上がりだったと思います、僕はRoc-A-Fella勢のこういうソウルネタサンプリング楽曲が耳障りが良いんです(好物)。しかもFreewayのボーカルがかなり好き、あの高くしゃがれた声はそう出せないでしょう。このアルバムは多分、2008年度のランキングに入ると思いますよ(予想)、これを聴かない手は無いです、まだ聴いてない方は騙されたと思って是非聴いてみて頂きたいです(激薦)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment