RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Mary J. Blige「Strength Of A Woman」
mjbstren.jpg

誰がなんと言おうと不動で無敵の女王様、Mary J. Bligeの通算十二作目となる『Strength Of A Woman』を御紹介。デビューからずっと第一線で活躍し続け、ずっとR&Bファンを虜にしているMary J. Blige(以降はMJBと省略表記)。毎作と挑戦をし続けるMJBですが、英国ロンドンで制作された前作『The London Sessions』もすこぶる快作で、その年の年間ランキングでも堂々第五位にランクインさせた程。その前作からおよそ三年ぶりとなる本作、相変わらず金髪ボブのMJBですがこれが最高に綺麗、ブクブクと太らずにスタイルキープしているのも嬉しい限りです。
それではもう鉄板過ぎる内容を恥ずかしげもなく紹介・・・・・・まず「Love Yourself」はDarhyl Camper Jr.(Darhyl "Hey DJ" Camper, Jr.)が制作で、もはや大ネタのThe SCLC Operation Breadbasket Orchestra and Choir「Nobody Knows」をサンプリングした強靭なアッパー。MJBのドラマチックなヴォーカルが降りしきる雨のように、激しく冷たく鼓膜を打ち濡らすのがド渋くソウルフル。そこに客演のKanye Westのパワフルで神格化されたラップが稲光りのように轟くのがまた格好良く、Kanye WestのMCとしてのカリスマをビリビリと感じてしまう一曲。「Thick Of It」はDarhyl Camper Jr.が制作を担当(ソングライトにJazmine Sullivan関与)、Bay City Rollers「Give A Little Love」をサンプリング使用。ゆっくりとなだらかに流れるメロディはまるで、ゆっくりと綻ぶ蕾のようで、MJBの陽射しのよう眩いヴォーカルで導かれ、徐々に開いて満開の花園のように鮮やかになります。MJBの濃厚に香る強烈フローラルなヴォーカルが、なんともエレガントでたまりません(眩暈)。ピアノ鍵盤やホーンがしっとりと絡み合う艶やかなシャンパンゴールドなミッド「Set Me Free」、制作はDarhyl Camper Jr.が担当(ソングライトにJazmine Sullivan関与)。シャンパンゴールドなトラックに合わせて、これまたMJBが甘く囁くようなファルセット混じりにそっと歌い上げ黄金色の蜜味なヴォーカルが上品で美味です。大きな雫が冷たい静寂の空間にポタポタと滴るようなビートがこだまする「It's Me」は、Brandon "B.A.M." Hodgeが制作を担当。Trey Songz「Bad Decisions」を引用したモイストトラックは、滴る音色をぐんぐん溜めてMJBのヴォーカルが共振して泳ぎ鮮やかに溢れさせるナイスミッド(濡)。またまたDarhyl Camper Jr.が制作(ソングライトとBack VocalにJazmine Sullivanが関与)した「Glow Up」には、客演にQuavoとMissy Elliott、そして何の意味があるのかDJ Khaledが参加。ゆらゆらと水面のように揺れ波紋のように広がるMJBの潤んだヴォーカルに、Missy Elliottの変態チックなラップとQuavoの浸透圧の高いラップが響くのもグッド。Brandon "B.A.M." Hodgeが制作した「U + Me (Love Session)」はフワフワと舞い上がるシフォンのように甘美なMJBのヴォーカルに、陽に照らされて薄紅色に染まる雲海の上を遊泳するような天上トリップを体感できます。とにかくMJBの歌声と柔らかなトラックのシンクロがたまらなく素晴らしく、浮き上がってるのに溺れてしまうんです(錯覚)。同じくBrandon "B.A.M." Hodgeが制作の「Indestructible」は霜降りる朝の澄み切った空気を震わせるように響くメロディに、MJBののヴォーカルのじんわりした温熱効果で、じわじわと心が溶けてフォンデュされるような感触が素晴らしい。じっくり寝かせて発酵させたアルコールのように鼓膜から身体を回る熟成メロウ「Thank You」、制作はDarhyl Camper Jr.が制作しており、その中で蒸留されるMJBのヴォーカルはコクと渋味があって正に芳醇な旨味でグッド。Brandon "B.A.M." Hodgeが制作した「Survivor」は硬質なビートとキリキリと鼓膜を軋ませるメロディがまるで、真夜中に深々と降り続ける真白な雪のように冷たく淡い。@THEREALLAMBOと@DAREALBIGGDが共同制作した「Find The Love」は、MJBが自身の名曲「Just Fine」直系の爽やかにして晴れやかな煌めくアッパーで、MJBのパワフルでミントグリーンなヴォーカルの疾走感もあり爽快感抜群です。Theron "Neff-U" Feemster制作の「Smile」では、客演にPrince Charlez(ソングライトにもCharles Hinshaw名義で参加)が参加した純真バラード。ピアノ鍵盤のほろほろと零れる音色がとても繊細で儚く、MJBの熱をはらんで散るようなドラマチックなヴォーカルと、Prince Charlezの少し嗄れたヴォーカルがひりひりと胸を締め付ける荘厳な一曲で泣ける(震)。KAYTRANADAが客演参加した「Telling The Truth」は、そのKAYTRANADAとBADBADNOTGOODが共同制作を担当。あちこちに硬く輝く金属的な音色がひしめき明滅するのがなんとも妖艶な金鉱ミッドで、そんな金属的なトラックをも柔らかく美しく曲線を描き造形してしまうMJBの錬金術ヴォーカルが本当に素晴らしい。表題曲となる「Strength Of A Woman」はBrandon "B.A.M." Hodgeが制作(Add制作にはなんとTeddy Rileyが関与)を担当しており、どこかアフリカンなビート行進に揺られてグングン明度を上げてゆく大地の夜明けみたいなトラックが壮大でグッド。最後を飾るのは僕の大好きなHit-Boyが制作を担当した「Hello Father」で、これがもう黄金期のMJBを蘇らせたオールドスクールな一曲で、Hip Hopアプローチなビート使いにさらさらと舞い上がる絢爛な音色、タフにグングンと疾走して輝くMJBの濃厚で濃密な極上ヴォーカルとすべてがマッチング(痺)。

本当にMary J. Bligeの攻めの姿勢は素晴らしく、それこそBeyonceやRihannaに負けないぐらいに変化を続けています(前者の二人は革新を起こしトレンドを新たに作り、Mary J. Bligeはそういったトレンドをいち早く吸収するという違いはあるけれど)。だけれどそれがただ先鋭的でソウルやR&Bの枠組みを外れるということはなく(R&Bという枠に僕はあくまで拘りたい)、あくまで新たなR&Bの一面を魅せるに昇華している辺り、いつの時代にあってもMary J. Bligeは“Queen Of Hip Hop Soul”なのだなと痛感致しました。








スポンサーサイト



テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment