RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
310位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
59位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Mali Music「The Transition Of Mali」
THE-TRANSITION-OF-MAIL-album-artwork-2017-billboard-embed.jpg

デビューして瞬く間にR&B界に旋風を巻き起こした、Mali Musicの通算二作目となる『The Transition Of Mali』を御紹介。Mali Musicと言えばMiguelも所属するBystorm Entertainmentに所属している点と、やはりグラミー賞にノミネートされた1st『Mali Is...』が大絶賛されたのが記憶に新しいですね。しかしよくよく調べていると、あのAkon率いるKonvick Musicとも契約していた過去もあるそうで、本当に引く手数多な逸材だったのですね。前作もそうでしたがMali Musicはジャケットセンスが秀逸で、本作もジャケットだけで言えば年間順位で三指に入る出来映えかなと。
それでは誠に僭越ながら感想を書かせてもらいましょう・・・・・・まずは、昇る朝陽の眩さに眠った大地がゆっくりと目醒めるような、壮大オーガニックなミッド「Bow Out」。制作はHarmony "H-Money" SamuelsとMali Musicが共同で、Mali Musicのちょっぴり熱で灼けたようなヴォーカルが、このトラックにピッタリでじんわりとハートを温めて焦がしてくれます。冒頭のTake 6「Spread Love」のサンプリングの妙技がとてつもない切れ味を生み出している「Gonna Be Alright」、制作はSalaam Remiという事で納得の技術。あとはIke & Tina Turner「Cussin' And Carryin' On」も同時サンプリングし、はらはらと舞い散るような鍵盤音と乾いたシックなビートでキメて、Mali Musicの焦がしキャラメルみたいなほろ苦いヴォーカルが優しく鼓膜に溶ける美曲でグッド。Kortney "Mali Music" PollardとDernst "D'Mile" Emileが共同製作の「Loved By You」では、客演のJazmine Sullivanとの切なくも艶やかな共演が実現。男女がじれったい距離で重ねる吐息のように奏でられる柔らかなストリングスに、どちらもほんのりとビターなヴォーカルで共振しながらひらひら堕ちてゆくのが切なく素晴らしい。それこそポロポロと涙を零すようにアコースティックギターの弦音が溢れる「Cryin'」、制作はButta-N-Bizkitが担当。トラックは中盤で転調してHip Hop調ビートに砕けるのも面白いし、Mali Musicのどこかレゲエ風味にレイドバックした日暮れのようなヴォーカルが響きます。美しく旋回しながら熱を奔放に放出する「Dolla」はDernst "D'Mile" Emileが制作した、ピリリとスパイシーなトラックがWyclef Jean的なミッドで、これも焙煎されて黒光りするMali Musicのヴォーカルがばっちり似合っていて鼓膜が気持ち良くヒリつきます。満天の星空を眺めるような壮麗さがたまらないクラシカルなバラード「Still」、制作はMali MusicとDernst "D'Mile" Emileが共同で担当。ファルセット混じりにキラキラと歌い上げるMali Musicの、夜空を焦がすように昇る夜明けヴォーカルがまた静かに鮮やかでグッド。キーボードを打つようなカチカチ音に、強いアルコールで意識がトロトロと淡く揺れて歪曲するようなメロディが刺激的で艶っぽいスロウジャム「Contradiction」。レゲエテイストなこの曲は制作をSunnyが担当し、客演にはこれまでにない感じでJhene Aikoを起用しており、いつもより輪郭のキリッとした色香たちこめるパルファム声で妖しく支配。再びDernst "D'Mile" Emileが制作の「My Life」は野太く硬いビートが荒涼としたトラックを弾けさせ、嗄れた声でシャウトするMali Musicの焦がしキャラメルヴォーカルがビターで美味。粉雪が深々と舞う白銀のバラード「Sit Down For This」はPeter "Baxsta" Martinが制作、Seal風味なのが僕的には完璧に好み。雪景色を窓に見ながら暖炉に火を焼べたように、メラメラ煌々と響き鼓膜を温めるMali Musicのヴォーカルがなんとも優しく心地良い(溜息)。冷たい水の中を揺蕩うようなウォータリーなミッド「Worth It」はDJ Khalilが制作を担当、熱っぽいMali Musicのヴォーカルが水を浴びて熱を失い青く染まってゆくのがとても鮮烈で鼓膜を潤します。Mali Musicの出自を思わせる最もゴスペルチックな「I Will」はHarmony "H-Money" Samuelsが制作、H-Moneyらしい光に満ち溢れた透明感のある眩い美曲で、Mali Musicのそっと羽ばたく様に奔放なヴォーカルがまた素敵。最後はMali MusicとDernst "D'Mile" Emileが共同制作した「What You Done」、ゆったりと木漏れ日の下で転寝するようなトロミがなんだかドリーミーで気持ち良過ぎます。

本当にMali Music独特のR&Bに仕上がっていて唯一無二、前作よりも洗練されてサッパリとして聴き易かった印象も受けました。製作陣も僕の好きなProducerばかりなのでやはりツボ、とにかくMali Musicの焦がしキャラメルみたいな絶妙なほろ苦さの歌声に痺れるばかり。本作もグラミー賞にノミネートされ念願の獲得までしてしまうか、とっても楽しみですね。






スポンサーサイト



テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment