RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
246位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
50位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Snoop Dogg「Neva Left」
snoop-dogg-neva-left.jpg

音楽だけでなく様々な話題を振りまく西海岸のレジェンド、Snoop Doggの通算十五作目となる『Neva Left』を御紹介。デビューからもう15作も出しているSnoop Dogg、昨年リリースされた前作『Coolaid』も本当にすこぶる快作で、年間Top10入りもギリギリまで迷ったほどでした。そんなSnoop Doggが一年ほどの短いスパンでまたまた新作をリリース、ジャケットの若かりし頃の殺気立って尖ったSnoop Doggが懐かしいですね(涙)。このジャケットから見ても分かる通り、本作の内容もなかなかデビュー当時のSnoop Doggを彷彿とさせるものになっているのです(予告)。
それではなんとも質素にはなりますが感想を書き書き・・・・・・まずは、煙を吐くようにモワンモワンと柔らかなトラックが充満して聴き手を包み込む「Neva Left」、製作はMike & Keysでサンプリングにはもはや大ネタのThe Charmels「As Long As I Got You」をネットリ使用。飾り気のないソウルフルで滑らかなトラックは地味ですが、だからこそ年季の入ったSnoop Doggの紫煙ラップがより美しく品良く際立ちます。客演にRick Rockを迎えた「Moment I Feared」は勿論Rick Rockが製作、これはもうシンプルに西海岸産のビヨンビヨン跳ねるトラックで水を得た魚状態のSnoop Doggがジャブジャブと泳ぐ快感。流れるように切れ目の無いなだらかなラップ運びで、不穏な空気を鼓膜まですんなり注いでくれます(痺)。サンプリングにA Tribe Called Quest「Check The Rhyemから、のQ-Tipの声ネタループを繰り出すだけで反則スレスレで興奮してしまう「Bacc In Da Day」は、J-Massiveが制作を担当。これも若い世代が単純にQ-Tipの声を挿したら薄っぺらいだろうけれど、同じ黄金期を歩んだSnoop Doggだからこそ(しかもどちらもラップが柔らかくも鋭い)の相乗効果。アメーバのように四方八方に変形するトラックも、西海岸ならではの変形エッジでかなりグッド。Dupriなる人物が制作した「Promise You This」は、沼地の様なグチョグチョしたサウンドの泥濘の中で、毒蛇のように冷徹に牙を剥くSnoop Doggがヒリヒリしてカッコイイ。Musik Majorxが制作した「Trash Bags」では客演にK Campが参加しており、K Camp世代が得意とする音色の沈殿気味なトラップ風トラックでのK Campのクリーミーなフックもナイスですし、Snoop Doggのそれを優しく撹拌してマーブル模様を描くようなラップも催眠効果抜群。無数の結晶が集まり固まったような鉱物系のトラックが硬く尖って輝く「Swivel」はRick Rock制作、客演にStresmaticを起用しブリザードのようにラップを突き立てます。Brody Brownが制作を担当した「Go On」が個人的にはナイスで、こういう星空を思わせるしとやかなトラッでは、夜風のようにウェットで流麗なSnoop Doggのラップがお似合いだし、客演のOctover Londonがなんとも滑らかな流星のようなファルセットな歌フックを光らせるのもナイス。刺々しいドラムスがあちこちに弾け飛び散る破片トラックがゾクゾクする「Big Mouth」は、西の大御所であるDJ Battlecatが制作を担当。かなりシンプルにザクザクとした音色を詰め込んだトラックの中で、若かりし頃のSnoop Doggの静かなる殺気が蘇っている一曲でハード。Dnyc3が制作を担当した「Toss It」では、Too $hortとNef The Pharohが客演参加。ゆっくりトロトロと弱火で煮込まれたGファンク仕込みのトラックも三十路にはたまらない感触ですし、そこにSnoop DoggとToo $hortのユルユル軟体なラップがトラックと鼓膜を這うのが超クール。水面に映る波紋のように広がってゆくトークボックス混じりの音色がなんともいえない哀愁を漂わせる「420 (Blaze Up)」、制作はDJ BattlecatとMars(1500 Or Nothin)が共同で担当。しなやかウェットな水煙チューンも滑らかで素晴らしいし、そこに客演でDevin The DudeとWiz Khalifaの朧三人衆で揃い踏み、うっすら透けるスモーキーで儚いラップを充満させる燻製メロウ。BADBADNOTGOODとKaytranadaが制作&客演した「Lavender (Nightfall Remix)」も、彼ららしい真夜中の空気感を纏ったサウンドがSnoop Doggの夜の静寂に似たラップにシンクロ。DJ Battlecatが制作した「Let Us Begin」では客演にKRS-One御大が登場、もう一語一音全てが弾丸のように鋭く破壊力抜群、相変わらず教鞭のごとくスパルタなラップをふるいます(殴打)。ビカビカに火花散らして研磨するような金属チックなトラックも秀逸で、燻し銀な両者のラップが骨の髄に響きます。Dr. Evo制作の「Mount Kushmore」では、RedmanにMethod Manの名コンビに加えて、B-Realまで引っ張り込むという念入りに火薬を搭載した大暴発チューン。シームレスに煙たく紡ぐSnoop Dogg、火を吐くRedman、鋭く八つ裂きにするB-Real、黒煙で支配し飲み込むMethod Manと、もう誰も止められない団体芸で息を呑むばかり。2nd『Tha Doggfather』収録曲をDJ Battlecatが焼き直しした「Vapors (DJ Battlecat Remix)」もやっぱり色褪せぬ格好良さが滲んでいて、じっくりと充満して絞め殺すような煙たいSnoop Doggのラップがイル。冒頭にKedrick LamarがSnoop Doggを讃える「Still Here」はトロピカル要素を足した爽やかなメロウで、こういう甘いトラックで聴くSnoop Doggのふわふわと柔らかなラップもグッド。客演参加のBig Bubの重厚なバリトン声でしっとり濃厚に仕上がっているシルキーソウルフルな「Love Around The World」はBig Bub制作、サンプリングにBrenda Lee Eager「When I'm With You」を使用し、大人なビターテイストでばっちりキメます。最後はJhalil BeatsとDon Cannonが共同制作した「Transition」で、殺人ウイルスのように細胞に侵入し破壊するようなメロディがビリビリとカッコイイ一曲(冒頭の語りはBiggieか?)。

あの頃のサウンドを引っ張り出しながらも、衰えは全く無いまま格好良さを顕示してみせるSnoop Doggの圧倒的現役感に頭が下がるばかり。やはり三十路過ぎた僕にはこういうGファンクサウンドの中でギラつくSnoop Doggは無条件に堪りませんね、全17曲のこれだけのボリュームなのに全く途中で飽きを来させないのも流石の腕前です。






スポンサーサイト



テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment