RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
264位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
54位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Wale「Shine」
waleshine.jpg

ワシントンDC出身でナイジェリア南西部のヨルバ人系である、Waleの通算五作目となる『Shine』を御紹介。Rick Ross率いるMMGの実質二番手であると言えるWale、毎作きちんとカッコイイアルバムをドロップしてくれて流石です。本作のタイトルである『Shine』は、“Still Here Ignoring Negative Energy(ネガティヴなエネルギーは無視して今ここに立っている)”の略なんだそう。1st『Attention Deficit』2nd『Ambition』3rd『The Gifted』4th『The Album About Nothing』と、Waleは毎度と結構ジャケットが格好良くて好きなんですが、そういう意味では本作のジャケットはそこまで好きじゃない僕がいます(無駄口)。
さあ感想をちょこまかと書きたいなと思います・・・・・・まずは僕の大好きなCool & Dreが制作を担当した「Thank God」は、Donald Byrd「Wind Parade」をサンプリングした一曲でもうスタートでグッと来ます。花吹雪のように鮮やかに吹くトラックはとても華麗でソウルフル、音程も剛柔の質感も変幻自在に変えるWaleの汎用型フロウは万華鏡の様でこれまた秀麗(途中で聴こえるRotimiのヴォーカルも素敵)。Spinz Beatsが制作した風船のような音色がプカプカ浮かぶ「Running Back」では、なんだか久しぶりに感じるLil Wayneが客演参加。春の陽気のように誘われて花園に彷徨うようなトラックがなんだかドリーミーで、Waleのモゴモゴとした欠伸みたいなラップと、Lil Wayneのトロトロとした“春眠暁を覚えず”なラップが微睡んで響く一曲。Go GrizzlyとDreamlifeが共同制作した「Scarface Rozay Gotti」(これはあの三人のことなのか?)は、シャンパンゴールドでラグジュアリな宝飾ミッドで煌びやか、Waleのラップもスルスルと滑らかシルキーで歌うようなフックもお洒落。Major LazerにWizkid、Dua Lipaと豪華な客演陣が鮮やかに華を添える甘酸っぱいトロピカルなナンバー「My Love」(Back VocalにはEric Bellingerも参加)もやはり巧い、制作はDiploとThe Picard Brothersという事でここも鉄壁ですね。火照るように踊るWaleやWizkidの陽光ヴォーカルで鼓膜は疼き焦がれて、そこにDua Lipaの波しぶきのような涼しいヴォーカルが跳ねて火照りを鎮めてくれるのがまた気持ち良い、これはもう客演の妙でもあるけれどそれを乗りこなすWaleも器用。乾いたビートがパキパキとへし折れる様に鳴り土煙舞う土着アフロなトラックがなんともファンキーで格好良い「Fashion Week」、制作はChristian RichでサンプリングにKenna「Kharma Is Coming」を使用。竹細工のようにしなって打つビートと踊るWaleのラップに、伊達男G-Eazyを客演に迎えて彼もまた鋭く尖ったラップで鼓膜をくすぐってくるのが痛快クール。Don Cannonが制作を担当した「Colombia Heights (Te Llamo)」ではJ Balvinが客演参加、透き通った水の中にゆっくりと静かに沈んでゆくようなトラックはなかなか深遠で、その中で自由に泳ぐ金魚のようなWaleのライムがなんだか幻想的で美しいアクアリウムチューンでクール。Maxwell「Till The Cops Come Knockin」をネタ使いしているだけでも興奮モノの「CC White」はCedとDreamlifeが共同制作、優しくてなだらかなトラックの中でWaleのラップが空を切っては溶けるバターみたく鼓膜に甘さを残すのが美味。「Mathematics」はKane Beatzが制作を担当したシリアスな一曲で、石の礫のように硬く尖ったWaleのラップが静かに降ります。Nez & Rioが制作した「Fish N Grits」ではTravis Scottが客演で参加、WaleもカッコイイんですがこれはやはりTravis Scottが自由に滑空できるように闇を生み出し、言葉の黒い翼を闇にバサバサと羽ばたかせるのを聴くのみ(不気味)。Marce Reazonが制作し、客演にDavidoとOlamideが揃って参加した「Fine Girl」は、沈む太陽のオレンジと微熱をキラキラと散りばめた様なサンセット美曲。Super Miles制作でYuna「Lullabies (Adventure Club Remix)」をサンプリングした「Heaven On Earth」では、客演にChris Brownが参加。やはりどこかトロピカル風味なトラックにWaleのラップと、相変わらずキラキラとして甘酸っぱいChris Brownのヴォーカルが混じって喉越し抜群のカクテルチューンに仕上がっています。Michael Jackson「P.Y.T. (Pretty Young Thing)」とMarvin Gaye「Sexual Healing」をダブルサンプリングした反則スレスレの「My PYT」はThe Dope Boyz制作、フルーツをぎゅっと絞ったような果肉食感の残るトラックがフルーティで甘美。Lee Majorが制作の「DNA」は途中で入るドラムブレイクなんかにオールドスクールを感じるし、空を眺めるように弧を描くWaleの歌う様なフロウがなんだか心地良い。それよりももっとオールドスクールにビートを撒き散らす、Pro Reeseが制作の「Smile」で、客演にはPhil Adeと愛娘Zyla Moonが参加。Marvin Gaye「I Wanna Be Where You Are」をネタ使いしたトラックはクラシカルな美しさがキラリ光っていて、まるで花束を握りしめ踊るように微笑ましく温かなWaleのラップも優しく沁みます。

結構、歌ネタモノな楽曲が多いのでR&B好きも素直に楽しめそうな一枚。考えるとMMGに加入する前の1stに近いポップな感覚の一枚で、Waleの振り幅の大きさを再確認することが出来ます。ハードなのもソフトなのも難なく(違和感無く)やれてしまう汎用型のWaleなので、良い意味で全方位守備な手堅いアルバムに仕上がっていると思います。








スポンサーサイト



テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment